FC2ブログ

なぜ、嫌われ者だけが出世するのか?

なぜ、嫌われ者だけが出世するのか?

著者 齋藤

読書2

手柄の奪い合い、理不尽な人事、嫉妬とプライド…。
人間は、必ず人の足を引っ張る。
対人・社会心理学を専門とする著者が、
企業社会で起こる「人間の足の引っ張り合い」や「いじめ」に
ユニークでわかりやすい視点で切り込む。

巻頭には、ベストセラー『社内政治の教科書』著者の高城幸司氏との特別対談を収録!!

【目次より(抜粋)】
◆人はなぜ、足を引っ張り合うのか?
高城幸司 VS. 齊藤
…人間が集まれば、そこに必ず“政治”が生まれる

◆第一部 人間関係学 理論編
1あなた一人だけ、みんなと違った意見を言えますか?
2「みんなが君を批判しているよ」の「みんな」って何人のこと?
3「出る杭は打たれる」というが、「出る杭」の影響力を検証する
4会議はすればするほど、人の意見を偏らせる
5「組織のため」という大義名分は人間を残酷にさせる
6地位は人をつくり、人をワンマンにもさせる
7「出世しやすい」ポジションは本当に存在するのか
8「いじめ」はどんなリーダーシップのときに起きるのか
9人はなぜ、他人を信用できずに足を引っ張るのか
10ライバルが「同じ権限」を持つとき、最悪の悲劇は起きる
11関係者が増えると、人はなぜ、火中の栗を拾わなくなるのか
12人はどのようなときに手を握り、どのようなときに争うのか
13出世すると、友人が減るタイプの人間がいる

◆第二部 人間関係学 応用編
1人事考課はなぜ、「先入観」に左右されるのか
2「理不尽な人事」を人はどう受け入れるのか
3人間は自分の都合のいいように他人を解釈する
4執着心の炎はどのようなときに燃え上がるのか
5協調的と個性的……日本社会ではどちらが有利か
6業績評価にはなぜ、上司のバイアスがかかるのか
7「御中元・御歳暮」の心理的コストと心理的利益を分析する
8権力という魔性にとりつかれると、人は「乱用の罠」にはまる
9自分が嫌うと相手も嫌う……人間関係の悪循環は断ち切れるか
10年俸制時代の「手柄の奪い合い」は防げるか
11「日本型」業績給与社会は茶坊主を増やすだけである
12「自尊心」の刃はなぜ、同僚や友人に向くのか

※本書は、1998年小社刊『人はなぜ、足を引っ張り合うのか』を大幅に改訂、再編したものです。

嫌われるという事はねたまれると言うことである。

日本では昔から飛ばされた人間が優秀なケースが多い。

それはなぜか?

それは人をねたんでるからである。

日本人と言うのは7割が同じ行動をとりたがる。

違う行動を取りたがらない。

仲間外れにされたくないからである。

1人で反抗すると反逆者。

2人で反抗すると反逆者のタッグ。

3人で反抗すると違う意見となる。

大義名分のために人は残酷になってしまう。

但し、日本と欧米は違う。

日本には、日本にあったリーダーが、必要だし、欧米には欧米にあったリーダーが必要である。

競争的集団と協力的集団では、どちらが目標達成に近いのか?

一つの集団の達成達成には、競争し集団が良いが、全ての集団が達成するには、協力的集団が良い。

部下はお金で動く存在。

どれだけの人間が認識しているのだろうか?

しかし、この言葉を聞いたらなるほどなぁと感じる。

確かに部下はお金で動く存在である。










なぜ、嫌われ者だけが出世するのか?


新品価格
¥1,620から
(2015/10/30 07:40時点)












なぜ、嫌われ者だけが出世するのか? [ 齊藤勇(心理学) ]


価格:1,620円
(2015/10/30 07:41時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本