FC2ブログ

幻影館へようこそ推理バトル・ロワイアルの読書と足跡 伽古屋圭市 読書感想

読書2

幻影館へようこそ推理バトル・ロワイアル

著者 伽古屋圭市

「ゲームに参加するだけで三万円」という幼馴染み・喬子の誘いを受け、
新作の体験型ゲームに参加することにした高校生の加奈。

集まった9人は、
AR(拡張現実)が用いられた館で、
謎解きやバトルなどミッションに挑んでいく。

加奈は喬子と連絡をとりながらゲームを進めるが、
次第にある違和感を抱きはじめ…。

現実世界と仮想世界が混在する奇妙な館で、
恐怖の二日間がはじまった!

伽古屋 圭市 (かこや けいいち) プロフィール

1972年、
大阪府生まれ。

公務員退職後、
全国を放浪。

第8回『このミステリーがすごい! 』大賞・優秀賞を受賞、
2010年に『パチプロ・コード』でデビュー(文庫化にあたり『パチンコと暗号の追跡ゲーム』に改題)。

他の著書に『21面相の暗号』、共著に『「このミステリーがすごい! 」大賞10周年記念 10分間ミステリー』『もっとすごい! 10分間ミステリー』『5分で読める! ひと駅ストーリー 乗車編』『5分で読める! ひと駅ストーリー 夏の記憶 西口編』(すべて宝島社文庫)がある。

独特な世界観である。

好きな方は好きなんだろう。

最後は意外な展開だったが・・・・・


人生好き嫌いは存在する。

合う合わないも存在する。

だからこそ難しい。

人間関係もあり、小説の好き嫌いもある。

その中で、生きて成長していく。

葛藤しながら、悩みながら、壁にぶち当たりながら。

それを乗り越え成長する。

それを解決して成長する。

とにかく前に進まなければならない。

進まなければ、道は切り開けない。

勇気を出して!!

一歩踏み出そう。

新たな経験を積むために。

成長に必要ない経験もあるかもしれなが。

いずれ役に立つと信じて。



幻影館へようこそ 推理バトル・ロワイアル (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

新品価格
¥741から
(2015/5/17 21:57時点)




幻影館へようこそ 推理バトル・ロワイアル 宝島社文庫 / 伽古屋圭市 【文庫】

価格:741円
(2015/5/17 21:59時点)
感想(0件)








にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本