FC2ブログ

わが社のお茶が1本30万円でも売れる理由

わが社のお茶が1本30万円でも売れる理由

著者 吉本桂子

読書2

両陛下ご臨席の植樹祭、APEC横浜、
スー・チー女史晩餐会、JALファーストクラス……
世界が認めた最高級の日本茶。そのマーケティング戦略とは?

「儲けの出ない商品を作る」
「お客はこちらが選ぶ」
「ホームページは思い切りシンプルに」
「沢山の人への試飲はムダ」……
非常識」を極めると
うまくいく。

奇跡をもたらした「たった9人の小さな会社の成功法則」を初公開!

●倒産危機から∨字回復へ。斜陽産業にこそ、ビジネスチャンスが埋まっている
○お客はこちらが選ぶ。最初のお客でイメージが決まる
○儲けの出ない商品をあえてつくる
○売り上げが極端に下がった時こそ、高額商品で勝負
○わが社のサイトがびっくりするくらいシンプルな理由
○最初から世界基準を狙う
○鋭いアイデアを出してくれるのは第三者
○社長の仕事は「人・もの・金を取捨選択」
○どこかに不幸な人がいるビジネスは、どこかがおかしい

●ペットボトル1本の2000倍! 破格の値段でも売れるのには、理由がある
わが社はすべての茶葉を水出しし、ワインボトルに詰めています。値段は1本2800円から30万円まで。
お茶がそんなに高いのは、そしてそれにもかかわらず実際に売れている事実は、すぐには信じがたいかもしれません。
しかし、本当に高品質な商品はそれに見合った価格で売っても、お客様に選んでいただけるようになります。
高級な商品を売るには、いい材料を使い、製法にこだわるのは当たり前。
プロモーションの仕方も徹底的に考えないといけませんし、売る場所も選ばないといけません。
高級な商品はただ売ればいいのではなく、緻密なマーケティング戦略が必要なのです。(第1章より)

ブランド価値のある商品を追い求めている。

それがお茶でもブランド価値はある。

そして何よりも高いのは高いなりの理由が必要である。

高いなりの理由が生じてれば高い値段で売ることができる。

1番大事なのは良い素材を使うことである。

ブランドとは自分で作るものではない。

お客が作るものである。

お客がお客をよびブランドになる。

価値のある客しか商売をしないことがブランド価値のある商品をに育てあげる。

成功するポイントは広げるのではなく絞り込むことである。

テレビのリモコンみたいにいろいろなボタンをつけても人は使わない。

洗濯機にいろいろな機能をつけても人は活用できない。

むしろ活用することは専門的なことである。

ブランド化をしたいのであればブランド価値を守ろう。

とにかく絞り込むことである。










わが社のお茶が1本30万円でも売れる理由――ロイヤルブルーティー 成功の秘密


新品価格
¥1,512から
(2015/11/15 09:33時点)












わが社のお茶が1本30万円でも売れる理由 [ 吉本桂子 ]


価格:1,512円
(2015/11/15 09:34時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本