FC2ブログ

世界の投資家は、日本企業の何を見ているのか?

世界の投資家は、日本企業の何を見ているのか?

著者 アニス・ウッザマン

読書2

イノベーションが起こる仕組み、 機能を学び、日本でそれどのように応用して、各分野において新たなイノベーションが起こる環境をつくることができるか、そのヒントを共有する。

近年、日本企業からグローバルな企業が生まれていない。

昔はトヨタなど生まれていたが、ここ最近は生まれていない。

これは日本の社会の習慣であろうか?

失敗したものは悪い、1番悪い事は失敗することである、だから失敗をしてはいけないというような教育を受けていくと、チャレンジをしない人間が育ってゆく。

だから失敗することが強くないと言うことを教えるべきである。

そして挑戦をする人間チャレンジをする人間を評価すべきである。

日本の企業はもっとビックデータを活用すべきである。

ビックデータは嘘をつかない。

そして年功序列制度を止めるべきである。

完全実力主義、実力こと全てである。

そのような企業を作っていけばグローバル企業は出来上がるであろう。

常に世界へ向けて戦っていかなければならない。

それがこれからの企業である。

そのためには実力主義である。










世界の投資家は、日本企業の何を見ているのか?


新品価格
¥1,512から
(2015/11/27 07:50時点)












世界の投資家は、日本企業の何を見ているのか? [ アニス・ウッザマン ]


価格:1,512円
(2015/11/27 07:51時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本