FC2ブログ

なぜ、一流になる人は「根拠なき自信」を持っているのか? 2回目

なぜ一流になる人は「根拠なき自信」を持っているのか?

著者 久世浩司

読書2


成功する人には、根拠なき自信家が多い。彼らは実績を出す前から「自分ならできそうな気がする」と一歩を踏み出し、結果を出すことで本物の自信を手に入れる。彼らに共通する資源として、1.自己効力感、2.自己肯定感、3.失敗許容力の3つがある。レジリエンスの第一人者が贈る本物の自信を手に入れる最短最速の方法。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

どうせ人生を生きるのであれば、三流よりも1流の方が良い。

では、どうやったら「一流」になれるのか、その方法論がこの本には書かれている。

大切な事は、やはり、一方踏み出すことである。

大舞台で活躍する人は、「根拠なき自信」を持っている。

プレッシャーが高い修羅場でこそ、「根拠なき自信」が力を発揮させるものである。

根拠はなくても夢は叶うと信じることが大切である。

一生かけて一生懸命やれば、できない事は無いものである。

親に褒められ、認められ、その姿を手本とすることで自信が生まれるものである。

逆境を乗り越えることで性格が強まり、自信が高まるものである。

根拠なき自信下に共通する3つの心理的資源とは?

①自己効力感

価値ある目標を達成できると自分を信じることが大切である。

②自己肯定感

失敗しても自己否定せずに自分の価値を信じることが大切である。

③失敗許容力

失敗を恐れずにチャレンジし続けることが大切である。

未知のことにチャレンジするためには、「根拠なき自信」が欠かせない。

自分ならやればできるという強い信念が自己効力感を生むのである。

そのためにはまず現在の地震でビルをチェックする必要がある。

自信を持つためには習慣つけることも大切である。

習慣1

過去体験を振り返る1人時間を持つことである。

習慣2

自分株式会社の名刺を作成する

習慣3

最高の自分を色付きでイメージする。

習慣4

自分の強みを活かす新企画を立案する

習慣5

小さな親切な行いと恩送りをする

習慣6

「エゴ」ではなく「エコ」に視点移動する

習慣7

「サポーター」に悩みを相談し、体験を共有する。

このように世の中には方法論はたくさんある、その方法論を試すか試さないかは自分次第である。

自分の能力に対して抱く信念が、自分の限界を作るものである。

だからこそ自分の限界を、自分の才能を心をしなければならない。

避けられない失敗では自分を責めすぎないことが大切である。

知的な失敗は大いに歓迎すべきである。

まだこれから口癖にすることが大切である。

落ち込む人に共通している事は、減点思考であるということである。

以下に、加点思考で頑張るかが大切である。

精神的に参ったときは、紙に書いて乱れた感情を整理することが大切である。

自信を持つことが大切である。

自信が人間を作っていくものである。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村



なぜ、一流になる人は『根拠なき自信』を持っているのか?


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

なぜ、一流になる人は『根拠なき自信』を持っているのか?

なぜ、一流になる人は『根拠なき自信』を持っているのか?

著者 久世浩司

読書2

ストレスで心が疲れ、一歩を踏み出せないあなたへ
まずは「根拠なき自信」を手に入れよう!

十分な自信を持つことは、すべての人にとって欠かせない能力です。
しかし、自分に自信が持てない人が増えています。
仕事を任されても「無理です」と断る若手社員。
キャリアの節目で、リスクを避けるミドル社員。
失敗を恐れて意思決定できないリーダーたち。
自信に欠けると、仕事もキャリアも前に進まず、停滞します。
自信がある人が成功を収める一方で、自信のない人は失敗から立ち直れません。
では、どうすれば自信を手に入れられるのでしょうか。

その答えは、最近注目を集める「レジリエンス」にありました。
本書では、レジリエンス研究をもとに、不安になりがちな人でも
「根拠なき自信」を獲得できる思考法と習慣の要旨をお伝えします。
実績を待っていては、遅すぎます。
まずは「根拠なき自信」をつけることが大切なのです。

【最短最速で自信が身につく16の習慣】
習慣1 過去体験を振り返る「ひとり時間」を持つ
習慣2「自分株式会社」の名刺を作成する
習慣3「最高の自分」を色つきでイメージする
習慣4 自分の強みを活かす「新企画」を立案する
習慣5 小さな親切な行いと恩送りをする
習慣6「エゴ」ではなく「エコ」に視点移動する
習慣7「サポーター」に悩みを相談し、体験を共有する
習慣8「まだ、これから」を口癖にする
習慣9 日光を浴び、体を動かし、交互シャワーをする
習慣10 2分間の「パワーポーズ」をとる
習慣11 ポジティブ・アルバムをつくる
習慣12 不安にはフタをせずに「先送り」する
習慣13「円グラフ」を書いてリアリティ・チェックをする
習慣14 紙に書き表して、乱れた感情を整理する
習慣15 就寝前に「コミットメント」を日記に書く
習慣16 輪ゴムで気づいて「気晴らし」をする

【目次】
はじめに
第1章 「根拠なき自信」を生み出す3つの心理的資源とは
第2章 目標は達成できると信じる「自己効力感」を育てる
第3章 自分の価値を信じられる「自己肯定感」を高める
第4章 失敗を恐れずチャレンジし続ける「失敗許容力」を身につける
第5章 自信の妨げとなるマイナスの思い込みを捨てる

根拠なき自信を持って成功した人たちには2人いる。

1人は本田圭佑選手である。

言わずと知れたサッカー界のスーパースターである。

もう1人は孫正義さんである。

ソフトバンクのボスである。

本田圭佑選手はサッカーでは当然成功しているし、ビジネスの面でも成功さめている。

最近ではどこか海外のクラブチームを買収した。

つまりクラブチームのオーナーである。

自身はイタリアセリエAの名門ACミランの10番である。

孫社長も日本を代表する企業へと育て上げた功労者である。

彼らは、揃いも揃って根拠なき自信を武器に突き進んだ。

そして、日本を代表する企業の1つリクルートがある。

この企業の素晴らしいところは、mustの仕事ではなく、tryで仕事をこなす。

なんて素晴らしい考え方なのであろうか?

結局根拠のない自信を持ってる人が一流なるのは、自分自身を信じることができる人であり、前に進めること、前に進むことである。

考えても仕方がない。

とにかく話を前に進めないことには状況は変わらない。

よって、話を前に進めることができる人が成功している。

迷わない、進めることが大事である。

進めるから成功するのである。

チャレンジした者だけが成功を収めることができる。

チャレンジした者だけが夢を見る権利を得ることができる。

あなたがリスクを負うことができるのか?

私はリスクを負うことができるのか?

リスクを負うことができる人間だけが成功を手に入れることできる。










なぜ、一流になる人は「根拠なき自信」を持っているのか?


新品価格
¥1,620から
(2015/12/6 17:53時点)












なぜ、一流になる人は「根拠なき自信」を持っているのか? [ 久世浩司 ]


価格:1,620円
(2015/12/6 17:54時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本