FC2ブログ

金庫番の娘 著者 伊兼源太郎

金庫番の娘
著者 伊兼源太郎


新たな知識を求めてこの本と出逢う
誰が政治をしても同じである。
だからこそ、私が政治を変える。
そんな心意気のある政治家が実際にはどれくらい、いるのであろうか?
否定的な意見を述べたらそれまで。
肯定的に捉えた方が人生は楽しい。
だからこそ後向かず、常に前を向いて進まなければならない。
トンボが縁起の良い生き物だと言われている。
それは何故か?
トンボは前にしか進まないからである。
政治に対してもそのような考えを持たなければならないかもしれない。
だが突然興味を持てといっても興味を持つものではない。
だからこそこのような小説を通して興味を持つことが大切なのである。
そうすればする事は1つである。
政治を題材とした小説を増やすことである。
小説を読む人たちが1人でも多く政治に興味を持つことによりこのような小説が存在した意義があるのである。
政治は裏で動いていく。
どの世界にも表と裏がある。
それを学ぶことが大切であり、そしてお金で動くということを知らなければならない。
どの世界もきれいな世界だけではない、もちろん汚い世界も存在する。
そこが力なのである。
政治は決してきれいな世界ではない。
政治はやはり汚い世界である。
それでもこの国が良くなるのであれば、問題ないのである。
この国が住みやすい国になるように、この国が新しい価値観を持つ国になるように、新しい社会を求めて私たちは成長していかなければならない。
そこに新しい発見があるのである。
そしてそこに素晴らしい世界があるのである。
それをこれは小説で教えてくれている。
いきなり政治に興味を持つことが非常に難しいことである。
だからこそこのような小説の中で政治を学んでいくことが大切である。
なんでもそうであるがまずは興味を持つことがとても大切である。
興味を持つことにより人は成長していくし、人は学んでいく。
だからこそ興味を持たなければならない。
そのために人は本を読んで成長していく。
しかし残念ながら最近本を読む人が減っている。
だからこそ本を応援してほしいと思う。
本を読むことにより本の業界を応援する。
そして本の世界が発展し、より良い人間、より良い人をこの世の中に作って欲しい。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


日本の政治は終わってる! だったら私が変えてやる!

国のため、社会のため、企業のため、
個人が人知れず犠牲を強いられるのは絶対におかしい。
私物化された権力の横暴を前に、新米政治家秘書が見出した道とは――?


ベテラン衆議院議員・久富隆一の秘書を父に持つ藤木花織は、十年近く働いた一流商社を辞め、久富事務所に転職。慣れない業務に慌ただしい毎日を送る中、突然久富から呼び出され、父と一緒に財務秘書――<金庫番>になるよう打診される。
実は政治が好きでもなければ、興味もなかった花織は、誰にも明かせぬ理由を胸に、この世界に飛び込んでいたのだが……。

金庫番の娘

新品価格
¥1,836から
(2019/9/5 07:07時点)







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



見えざる網

見えざる網

著者 伊兼源太郎

読書2

「あなたはSNSについてどう思いますか?」街頭インタビューで否定的に答えた、平凡なサラリーマンの今光。その姿が朝のニュースで放送されてから、彼の身に偶然とは言いがたい危険が次々に襲いかかる。混み合う駅のホームで押され落ちかけたり、頭上に鉢植えが落とされたり。今光は、中学時代の同級生の女性刑事と真相を追うが、背後には得体の知れない巨大な黒幕が迫ってきて―。第33回横溝正史ミステリ大賞受賞作。

ある日突然命を狙われる。

しかし、心当たりがない。

なぜ自分の命を狙うのであろうか?

なぜ自分なのであろうか?

そして理由は何なのか?

全くわからない。

幼なじみでもある千春に相談する。

千春は警察官である。

自分が命を狙われることにより、周りの人たちに迷惑をかける悲しさを心に染みている。

それであれば自分と言うものをいかに犠牲にして、周りの方々に迷惑をかけないような対策を取る必要があるのか?

人間とは損得により生きている生き物である。

狙われているのは自分?

そこにあったのはSNS

メールの内容に従えばポイントが貰え、ポイントで商品に変えることが出来る。

若者はお金はないが、時間はたくさんある。

メールに従いポイントを貯めることが出来る。

そしてそのポイントを貯めると言う作業において、傷ついてる人がいると言う事実を人々は感じているのだろうか?

という内容の小説であるが、実際にネットの中で誹謗中傷が行われ傷ついている人は多いかもしれない。

しかし、そこに時代の進歩が存在しているためそれを止めることができない。

むしろもっと時代を先に進めることが大切である。

進歩と言う名の科学をわれわれは、人類はどこまで追求できるのであろうか?

SNSにて、何が正しいのかを自分なりに考えて判断もせずに、他の人がやっているからと言う理由で自分もその流れに乗っかってしまう。

そんな危険なことが現在の世の中で起きている。

もっと自分なりに頭を使って自分なりに物事を考えて自分なりの見解を出さなきゃいけない。

そのためにはもっと本を読もう。

いい本に巡り会おう。

何回も読み直す本に巡り会うことができるかどうか?

何回も読み直すことのできる方に巡り会うために本を読むのである。

何度も聞き直すことのできる音楽に巡り会うために音楽を聴くのである。

何度も見ることができる絵画に出会うために絵画を見るのである。

何度も見ることができる映画を見つけるために映画を見て続けるのである。

我々はそのような人生を送り、そして豊かになり、幸せを求めていく。

しかし人間とはエゴとエゴの塊である。

自分の意見を理解して欲しいと相手に押し付けてしまう。

これが人間という生き物の本質的なところである。

SNSをして、人とつながるという事は、人に自分の情報を与えるという事でもある。

よって管理されても不思議ではない。

ネット依存症である現代の世の中にとって、この小説は社会 派小説となる。










見えざる網 (角川文庫)


新品価格
¥734から
(2015/12/6 18:02時点)












見えざる網 [ 伊兼源太郎 ]


価格:734円
(2015/12/6 18:03時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本