FC2ブログ

万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの叫び

万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの叫び

著者 松岡圭祐

読書2


「万能鑑定士Q」シリーズ完結!
タイムリミットは120時間、ムンク「叫び」の謎を解け!

出発点となったリサイクルショップ<チープグッズ>に戻った凜田莉子。ムンクの絵画「叫び」の盗難事件を機に、過去最難関の謎へと導かれる。事件を追ううち、探偵になった小笠原悠斗との心のすれちがいにも、真意が見え始め……。人の死なないミステリ「万能鑑定士Q」シリーズ遂にここに完結。

〔シリーズ最終巻にふさわしい、堂々たる「謎と解決」だ〕
史上最高の贋作家・コピアとの因縁の対決も盛り込まれ、過去作に登場したキャラクターたちとも「再会」できる。ファンなら大歓喜の展開が目白押しだが、この一作で初めてシリーズに触れるという人も、間違いなく楽しめる。人物情報や関係性は丁寧にフォローされているし、過去作のエピソードに言及する際は「分からなくても大丈夫」というシグナルがちゃんと出ている。そのうえで、誰もが楽しめる「人の死なないミステリ」として、抜群の完成度を誇る。――吉田大助(書評家・ライター)

〔これ以上ない、最高のハッピーエンディング!〕
映画化・コミカライズされ、海外でも知名度のある作品だけに、ここで完結させてしまうのはもったいないのでは……と第一作から追いかけてきたファンとしては思っていたのだが、前作『探偵の鑑定1』&『探偵の鑑定2』を読み、今回の『万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの〈叫び〉』を読むにいたって、すっかり考えを改めた。シリーズの完結編として、これ以外の展開は考えられない!――朝宮運河(ライター)

人が死なないミステリー、クレームの多いこの時代に面白い視点で書かれたこの小説もどうやら、ラストを迎えるようだ。

そんなこんなだ、凛田莉子と小笠原悠斗のすれ違いの関係はどうなることやら。

物語を読むうちに進展していくと信じて、文字を追いかけよう。

話はムンクの叫びがキーとなってくる。

知っている人は多いだろう、いや、ムンクの叫びという言葉だけは聞いたことがあるだろう。

この絵画をめぐって事件が発生してさらにその事件を解決していく。

そして今回はラストにさわしく、今まで関わった関連者が色々と出てくる。

話の流れも面白かったし、人が死なないミステリーと言う意味でとても楽しい小説であったが、今回はラストを迎えたようだ。

著者はこれから先どちらに向かっていくのかわからないが、おそらく他の物語が頭の中に浮かんでいるのであろう。

他の作品が楽しみとなる。


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの〈叫び〉 (講談社文庫)

新品価格
¥699から
(2016/10/18 10:10時点)




ソウルで逢えたら

千里眼の教室

探偵の探偵Ⅱ 

探偵の探偵 

万能鑑定士Qの謎解き

特等添乗員αの難事件Ⅴ

万能鑑定士Qの探偵譚
スポンサーサイト

ヒトラーの試写室 著者 松岡圭祐

ヒトラーの試写室
著者 松岡圭祐


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
この物語は、私には合わない。
この小説を読んだ正直な感想である。
ちなみに、松岡圭祐氏の小説は私は好きである。
過去に彼の作品も、「ソウルで逢えたら」、「千里眼の教室」、「探偵の探偵II」、「探偵の探偵」、「万能鑑定士Qの謎解き」、「万能鑑定士Qの探偵譚」、「万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの叫び」、こんな本館を読んできた。
非常に面白い作品を書く、著者だと思う。
しかし人間は好き嫌いがあるものである、このヒトラーの試写室にはどうしても好きになれない物語であった。
この物語が悪いというわけでは無い。
逆にこの物語が好きな人も当然いることであろうと私は思う。
それこそが人と人の個性であると私は思う。
個性はたくさんあるべきだと思う。
この1つのエンターテイメントどのようにして広めるのか、どのようにして受け入れるのかは人それぞれである。
そこで当然、受け入れないと言う解釈も間違ってはないと私は思う。
ではこの作品を書いた松岡氏の物語が面白くないかと言えば、それはまた別の話である。
そして、ナチスドイツとの組み合わせがまた絶妙であることも間違いない。
ヒトラーと言う言葉だけで拒否感を示す人たちは多いのではないでしょうか?
ナチスドイツ、アドルフ・ヒトラーまさに拒否感を示す言葉かもしれません。
それはやはり、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を指導したことでも有名な独裁者であるからである。
ヒトラーは、1933年に大統領による使命を受けて、ドイツ国首相となった。
首相就任後に他政党や党の内外の政敵を弾圧し、そしてドイツ史上かつてないほどの権力を掌握した人物である。
ではこの物語がヒトラーに関係してくるかと言うとそこまで関係する物語ではないような気がする。
なぜ小説の題名がヒトラーの下質なのかが私には理解できなかった。
他の題名でも良いのではないかと私は思う。
この題名である必要性がないのではないかと疑問に思ってしまう。
インパクトが欲しかったのか、はたまたイメージを変えたかったのか、それは私には理解できない。
しかしそこに作者の色があり意図があるのかもしれない。
それはそれで受け止めるべきだと私は思う。
好き嫌いは人それぞれである、だからこそいろんな作品に出会うことができていろんな作品が生まれてくるのである。
次の作品に期待である。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

戦下の日独映画界、衝撃と感動の物語!

1935年、20歳の柴田彰は活動写真の俳優を夢見るが、大工の父親は猛反対し勘当されてしまった。家を飛び出しオーディションを受けるが箸にも棒にもかからずあえなく挫折。だが、人手不足だった日独合作映画「新しき土」の特殊撮影助手の仕事にありつく。主任の円谷英二の情熱に触れるうち彰も仕事にのめり込み映画は見事に完成。ベルリンにも運ばれ、映画で人心の掌握と扇動を狙っていたナチス宣伝大臣ゲッベルスの心に刻み込まれる。日本は41年、ついに太平洋戦争に突入。軍部の要請から戦意高揚をねらった映画「ハワイ・マレー海戦」が製作されることになり彰も特殊撮影で参加。この作品もベルリンに運ばれ、丁度イギリスの権威を失墜させる為に映画「タイタニック」を製作したが、どうしてもクライマックスの沈没シーンが上手く撮影できないことを悩んでいたゲッベルスが目をつけ、彰がドイツに招聘されることになる。環境の違いから撮影は苦戦。日本に残した妻子を想う柴田だったが、ベルリンは戦火に……。意外すぎる歴史秘話に基づく、一気読みと感動必至の傑作エンタメ小説

書評家から熱い賛辞が続々!

「すでに八〇年近く昔の話とはいえ、ネット上に巧妙につくられたフェイクニュースが流布している現在、映像によるプロパガンダは古くて新しい問題だと言える。この物語が単なる歴史を題材にした小説に終わっていないのは、このテーマに今日性があるからだ。」
タカザワケンジ(書評家) (解説より)

「特撮の舞台裏を描くことで戦争の舞台裏を描く、その試みには明らかに「ポスト・トゥルース」に象徴される現代社会の潮流――信じたいものを信じるために、事実に目をつぶる――が反映されている。あるいは、先の大戦を語ることへの過剰な情熱、過剰なフォビア(恐怖症)が渦巻く日本の空気が、ありありと。この小説が二〇一七年の今書かれたことには、意味がある。」
吉田大助(ライター)(「本の旅人」2018年1月号より)

ヒトラーの試写室 (角川文庫)

新品価格
¥864から
(2018/5/29 23:18時点)








にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ソウルで逢えたら

ソウルで逢えたら

著者 松岡圭祐

読書2


330万部突破のミリオンセラー作家が贈る感動作。日本人であることを隠して韓国芸能界にデビューした、33歳の女性。そこで目にした“業界の裏側”…出逢ったものは!?松岡圭祐の心に残る“自分探し”小説。

近くて遠い国、韓国

旅行の料金でも国内より安価になる可能性もある。

そんな韓国でどのような物語が進んでいくのか楽しみしてページをめくっていく。

書かれているハングル文字と喋っている言葉さえ気にしなければ、ほとんど日本と変わらない。

私も韓国に行った時に同じ思いだった。

多少ファッションで韓国と日本の違いがわかるけど、見た目も含めてほとんど日本人と韓国人は変わらない。

そんな韓国で第2の人生を、取り返しにかかる主人公、明恵。

なんという運命、韓国で芸能界に芸能人になってしまう。

異国で変えた運命。

外国と言う場所でだからこそ、チャレンジする精神を持ってなのかもしれない。

海外と言う土地は自分の国の生活習慣とかけ離れている。

だからこそ思いっきりチャレンジするチャンスである。

と言うことを著者の松岡圭佑氏はこの小説を通して言いたいのかもしれない。

いやむしろ、人間チャレンジすれば道が開ける、そのためのきっかけが必要だと言う事かもしれない。

日本にでもチャレンジすれば道は開ける、しかしどうしても日本では安全牌を選んでしまう。

だからこそ海外に行った時にチャレンジ精神が芽生えてくるのかもしれない。

もっと色々と旅行して価値観を変える必要が1人の人間として成長させてくれるかもしれないと思わせてくれる小説でもある。

韓国がと言うよりは、チャレンジするきっかけというものは人を探していかなければいけない。

だって、人間は弱い生き物だから。


ソウルで逢えたら

中古価格
¥1から
(2016/5/1 23:09時点)




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

千里眼の教室

千里眼の教室

著者 松岡圭祐

読書2


酸素欠乏症を引き起こす時限式爆発物を追い、名古屋の中心街をF1で疾走する臨床心理士・岬美由紀は最悪の事実を突きつけられる。それが高校に仕掛けられたと。そして残された時間は1時間を切っていると――。いじめや自殺、社会格差など、現代日本の抱える問題に鋭く切り込みながら、美由紀の新たな側面を描き出す。シリーズの新たな地平を切り拓く第5弾。異色の社会派エンターテインメント!

世の中を変えるために立ち上がる?

何を持って?

爆弾?

世の中は理不尽の塊である。

我々はその中で生きている。

そんな世の中を良くしたくて、というがやり方を間違えてはいけない。

そんな中で、今日はコーヒーを飲みながら松岡圭祐氏の世界に入っていこう。

学校占拠される。

酸素欠乏症にて、何かを起こそうとしている犯人、そしてその実験台された高校生達。

高校生達が大人からの独立を企て、高校を占拠そして、自分達の国を創り上げていく。

こんな話は昔からよく創作されるストーリーである。

しかし、その中でいかに現実性をリアルをもたせた世界を創り上げていくが、小説の面白さに繋がる。

松岡圭祐氏の作り上げる世界は、何故か小説の中に吸い込めれていく。

何故このような小説が生まれてくるのか考えたとき、1番に思うのは今の日本の世の中に不満があると言うことである。

この小説が書かれた時に日本国民は当時の日本政府に対してどのように思ったことであろうか?

問題点は2つである、1つ目はいじめ問題、2つ目は格差社会である。

この子供たちが作り上げた世界では正しい格差社会を求められている。

正当な評価が下される正しい格差社会である。

そしてイジメの撲滅。

これは学校社会だけではない、企業社会にも存在する。

イジメというより、ちょっとした嫌がらせである。

昔も今も競争社会。

思いは伝わると信じて、明日から生きていこう。


千里眼の教室<「千里眼」シリーズ> (角川文庫)




千里眼の教室 [ 松岡圭祐 ]

価格:596円
(2016/2/10 23:57時点)
感想(19件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村



探偵の探偵Ⅱ 松岡圭祐

探偵の探偵Ⅱ 

著者 松岡圭祐 

読書2


妹を殺したストーカーに不法に情報を与えた探偵はどこに潜むのか?「対探偵探偵」紗崎玲奈は、レイプ犯の部屋に忍び込みその手がかりを見つける。妹の仇は絶対にとる、と誓う玲奈は、憎き探偵を「死神」と名付け、その影を追う。知力と情報力で争う現代の探偵を活写する革命的探偵小説、第2巻。

探偵は 一歩間違えれば悪魔である。

誰のために働くか?

働く人次第では 他人に迷惑をかける。

犯罪に加担するということである。

そんな探偵を潰すために探偵の探偵。

お金のために働く探偵。

探偵という職業倫理

探偵とは?

この世に必要なのだろうか?

発覚するお姉ちゃんの凶暴性という二面性。

信じていたのに!

信じていたのに!

本当に信じられることとは何か?

性暴行、暴力という犯罪の中で なににたどりつくのだろうか?

DVという社会問題を題材にして、世の中の現在のあり方をといている。

小説じたてで、家族のあり方、DV対策を考えている。

探偵の探偵2 (講談社文庫)

新品価格
¥637から
(2015/9/29 20:50時点)




探偵の探偵(2) [ 松岡圭祐 ]

価格:637円
(2015/9/29 20:51時点)
感想(5件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

探偵の探偵 著者 松岡佳祐

探偵の探偵 

著者 松岡佳祐

読書2


調査会社スマ・リサーチが併設する探偵学校スマPIスクールに、笑わぬ美少女・紗崎玲奈が入校する。探偵のすべてを知りたい、しかし探偵にはなりたくない、という玲奈、なぜ彼女は探偵学校に入校したのか? スマ・リサーチの社長・須磨康臣は、彼女の驚くべき過去をつきとめる。須磨は玲奈の希望を鑑み「対探偵課」を設けた。紗崎玲奈はひとり、悪徳探偵を追う“対探偵課探偵”となった。

ひときわ目立つ 若い女の子。

何が目的で探偵に近づいてきたのか?

父親 は不倫!

母親はうつ病!

妹に近よってくる ストーカー!

そしてストーカーは妹を殺害!

これにより 心に残る傷!

妹の場所を見つけた探偵へ嫌悪感をいだく。

そこからの始まりである。

そして新たな新入社員。

配属されたのは対探偵課!

探偵のための探偵。

復讐という言葉を胸に刻み、これからの日々をすごしていく。

探偵が邪魔な探偵。

末恐ろしい世の中になっている。

探偵の中に隠された欲望!

その欲望を叶えるために、はずれた道 を歩き続ける。

それを直すために、探偵のための探偵。

探偵という職業を認知させるために。

探偵のための探偵 を。

妹と重なる後輩。

姉と重なる先輩。

二人のあゆむ道は。

しかし 探偵がなくなることはないだろう。

人は人を疑う生き物だからである。

悲しい現実である。

探偵の探偵 (講談社文庫)

新品価格
¥637から
(2015/9/26 19:09時点)




探偵の探偵 [ 松岡圭祐 ]

価格:637円
(2015/9/26 19:10時点)
感想(11件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

万能鑑定士Qの謎解き 感想 松岡圭祐

万能鑑定士Qの謎解き

著者 松岡圭祐

読書2


卓越した鑑定眼と論理的思考の持ち主、凛田莉子23歳。幾多の“人の死なないミステリ”に挑んできた彼女が、『週刊角川』記者の小笠原悠斗とともに、最大の謎に直面する。大陸から怒涛のごとく押し寄せる複製品の山。しかしその製造元も、工場の所在も、首謀者もあきらかではなかった。仏像、陶器、絵画にまつわる新たな不可解を、莉子は解明できるか。Qシリーズ第20巻、Q&αシリーズ第25巻記念、最高傑作登場。

中国がからんでくる。

最近の出来事とリンクしていて、リアリティがある。

骨董品知識が折り混ざっており、勉強になる。



万能鑑定士Qの謎解き (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2015/7/31 19:49時点)




万能鑑定士Qの謎解き [ 松岡圭祐 ]

価格:604円
(2015/7/31 19:50時点)
感想(7件)








にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

特等添乗員αの難事件Ⅴ 松岡佳祐 読書感想

特等添乗員αの難事件Ⅴ

著者 松岡佳祐

読書2

“閃きの小悪魔”と観光業界に名を馳せる浅倉絢奈。ラテラル・シンキングを操り、トラブルから難事件まで解決する彼女に1人のニートが恋をした。しかし、男は有力ヤクザが手を結ぶ一大シンジケート、そのトップの御曹司だった!!職場で孤立し、恋人・壱条那沖にも心を委ねきれない絢奈に、金と暴力の罠が迫る。仕事と恋、2つの危地を乗り越えられるか?人の死なないミステリ最高峰、書き下ろしαシリーズ第5弾!

松岡/圭祐
1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作『千里眼』シリーズは累計628万部を超える人気作となった

恋の進展から、同じ才能を持つライバル嫉妬

前途多難である。

その中で最後にひっくり返されるストーリーは心を踊らせる。

今回はどんな才能がみせられるの



特等添乗員αの難事件 V:5 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2015/6/21 10:53時点)




特等添乗員αの難事件 5

価格:605円
(2015/6/21 10:55時点)
感想(0件)





忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

万能鑑定士Qの探偵譚  松岡圭祐  読書感想

読書2

万能鑑定士Qの探偵譚

著者 松岡圭祐

『わたしは横領着服などしていません…』無実を主張し、波照間島から去った謎の女性。樫栗芽依と名乗った彼女は、未使用の偽札を残して姿を消した。鑑定家に徹しきれない自分を恐れ、事件に関わることを避ける凛田莉子。だが、小笠原悠斗には島からの撤退命令が出ていた…。悠斗への想いと自らの道を確かめるため、莉子は再び「万能鑑定士Q」として、羽ばたけるのか?ヒロイン・コージーミステリの原点、最高傑作!

松岡/圭祐
1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに

主人公の小さな頃の思い出話から始まり、好奇心を煽る。

沖縄の知られてない伝統の知識との出逢いもあり好奇心を煽る。

今回はどんな事件に巻き込まれるのか?

二人の関係は?

そして!!!!!


万能鑑定士とはまた珍しい職業に目を付けたものだ。

小説だから描きたかったものか?

小説とは現実からかけ離れた職業が良いのか?

現実に近い職業が良いのか?

永遠のテーマである。

大事なことは、読者が感情をいれて読書できるかである。

良い小説とは物語にプラスα知識を得ることが出来る小説である。

松岡氏の小説は良い小説に該当される。

だから人気があるのであろう。

これからも面白い物語+知識を届けて頂きたい。



万能鑑定士Qの探偵譚 (角川文庫)

新品価格
¥691から
(2015/5/17 22:20時点)




万能鑑定士Qの探偵譚

価格:691円
(2015/5/17 22:20時点)
感想(0件)








にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本