FC2ブログ

ビジネス本1000冊分の成功法則

ビジネス本1000冊分の成功法則

著者 大岩俊之

読書2

目標を達成したり、成功した人生を送ったりしたいと考える人は世の中に多くいます。ではどうすれば、成功に近づけるのか。会社員から独立して成功した著者は、成功するためには、成功者に近づく、もしくは、成功者のマネをすることが一番の近道であると言います。本書ではビジネス本1000冊以上読んできた著者が、自分で内容を実践し、マネすることで結果を出してきた成功法則をご紹介します。
目標は具体的に数字で表す、空間や時間にお金を使う、常に相手の名前を呼ぶ、「ありがとう」と感謝の言葉を口にする、一万時間の法則など、日常生活で明日からすぐに実行できる成功のコツが満載です。
ビジネス本には著者が何十年もかけて積み上げてきたノウハウが詰まっています。本書は、その1000冊以上から抽出した成功のエッセンスを学び、行動を起すことができるようにしたビジネス本1000冊分が凝縮された一冊です。

これは、ビジネス本1000冊分の成功法則の感想である。

本を読むことで知識が増える事は間違いないし読んでいる人と、読んでない人では視野が違う。

色々な考え方に出逢い、色々な言葉に出逢う事で自分自身が成長出来る。

本を読めば読むほど同じ言葉に出逢うときづくのである。

(辿り着く答えは同じ?)

1日1日を大切に生きる。

今を生きるとは、過去と未来の狭間を生きている。

過去を悔やんでも、未来は変わらないし、未来を不安視しても良い未来は訪れない。

だからこそ精一杯、今を生きるのだ。

(自分は1日1日を大切に生きているのか?と疑問視したらハッキリと生きていると答えられない。悲しい現実に直面。)

そして、感謝の気持ちを持ち生きることだ。

魔法の言葉、『ありがとう』。

この言葉にて人生を豊かにする。

いや、豊かな人生を迎えるのだ。

(ありがとうって恥ずかしくて、なかなか言えなかったよ~。これはからは感謝の気持ちを込めてありがとうって意識意識。)

人生は決断の連続である。

決断に必要なことは、やりたいか!

やりたくないか!

である。

やりたい事に集中して努力をすることが成功の近道である?

(と、言ってもそのやりたい事がない事が一般的に多い。だからこそ、やりたい事に集中出来ないのである。)

笑顔で仕事をすることそして人生において成功することに置いて1番大切なことは自分がやりたいことを見つけることである。










ビジネス本1000冊分の成功法則


新品価格
¥1,404から
(2015/12/10 22:50時点)












ビジネス本1000冊分の成功法則 [ 大岩俊之 ]


価格:1,404円
(2015/12/10 22:51時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

格差を生き延びる“読書”という最強の武器著者 大岩俊之

格差を生き延びる“読書”という最強の武器
著者 大岩俊之

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
著者絶賛の『ナポレオン・ヒル』の『思考は現実化する』この本に感化され、著者独自の持論を持ち出された『ビジネス本』。
これから格差社会を迎えようとしている。
これは日本だけではなく全世界的に見ても格差社会が広がっていくと思われると私は思います。
そのために、格差社会を生き延びる本がよく出ております。
その1冊がこの本です。
そして読書好きにはたまらない、読書による格差社会を生き延びる本なのです。
こういうビジネス本を待ってた人は多いのかもしれません。
それだけ格差社会が現実化してきて、どのような人生の送り方をするのかが問われ始めてきているのです。
読書データ「知識」と「教養」は自身にとって最強の武器となりその武器が「格差社会」を生き抜く切り札となること間違いないと著者は言われている。
これからの時代、自分自身で努力をしなければ間違いなく、格差社会では勝ち抜いていけないだろう。
いかに時間を読書に当て、いかに知識と教養を学んでいくのかこれが人生の分かれ道と何回も書かれております。
成功者は読書家であることが多いと言う事実を受け止めなければなりません。
たった1,500円で他人の考え方が学べると言う事は、高いか安いかと言うと安いと言うことを自覚しなければなりません。
なぜ読書をしている人は、アウトプットやプレゼンが上手なのか、新たな疑問が生まれてきます。
読書で得た知識がその人の考え方や人生観までも作る力を持っていることを学ばなければなりません。
読書習慣のない人間は、これからどんな末路をたどるのかを知らなければなりません。
成功者は時間の使い方がうまいし、電車でゲームをしている場合ではないと言うことを知っていると言うことを知らなければなりません。
格差社会で生き残るために、読書が最強の武器になる理由を学ばなければなりません。
読書をすることにより、人として成長して、人として大きくなって、成功を掴み取りたい、そう願いながら読書に取り組みます。
より多くの知識をいただき、より多くの教養を持ち、より多くの可能性にかけたい、それが私の願望であり望むことです。
そのために私たちは、努力をして生きていかなければなりません。
それが「ビジネス本」を読むと言うことなのかもしれません。
そして古典を読むと言う事かもしれません。
あなたにとっての努力とは何でしょうか?
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

格差社会の中で自分の道を切り開くのは「知識」と「教養」に他ならない。それを可能にするのが“読書”である。人生の目的を持って読書する習慣をつける手引き。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村読書2

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本