FC2ブログ

5時過ぎランチ 著者 羽田圭介

5時過ぎランチ
著者 羽田圭介


新たな知識を求めてこのと出逢う。
どんなビジネスにおいても、人間関係と言うのは非常に大切なことである。
むしろビジネスにおいて9割は人間関係といっても過言では無い。
だからこそ他人の気持ちを知るために、他人の考え方を知るために、他人のためにを読むことである。
を読むことにより自分の考えだけではなく、他人の考え方を学ぶことができる。
それはとても大切なことである。
このは短編集である、まず最初に来る物語はグリーンゾーン。
若い女性の人生の生き方かもしれない。
若い女性の誰にも媚びない生き方を学ぶことができるのかもしれない。
ビジネスの舞台はガソリンスタンドである。
ガソリンスタンドでの、正社員と、派遣社員、アルバイト社員の格差を学ぶことができるし、そこで起きる人間関係をまた学ぶことができるのである。
その学べたことをどのように受け止めるのかはその人次第である。
そしてこの物語は1人の女性と母親との確執を学ぶこともできる。
何より驚くのは、リアリティーがとてもあることである。
元彼との関係、母親との関係、職場での関係、びっくりするぐらいリアリティーがあるのである。
元彼氏を作るために彼女が行った行動、それが良いか悪いかは判断に迷うところだが、しかし彼氏を思う気持ちを学ぶことができるのではないか。
世の中にはたくさんの考え方がありたくさんの学ぶことが存在します。
特に人間関係に関しては答えは無いのです。
常に経験をしなければなりません、そしてその経験が答えなのです。
だからこそとても難しい問題でありとても難儀な問題でもあるのです。
その人間関係を自分自身で体験して学ぶこともあれば、小説を読んで学ぶこともできます、もしくは映画を見て学ぶことができるでしょう。
どのようにして学ぶか、どのようにして体験するのかは人それぞれ次第ですし、方法論はたくさんあります。
その1つが間違いなく読書である事は疑う余地もありません。
だからこそ読書を進めるのです、を読むことを勧めるのです、を手にすることを勧めるのです。
本を読むことによりあなたの人生は変わってくるでしょう、私の人生も変わってくるでしょう、そこには本と言う体験談があるからです。
本を読むことの素晴らしさは、本を読んだことがある人、そして本を読み続ける人でなければわかりません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

敵はヤクザ、刑事、そして国家権力――
この仕事、ブラック過ぎて  腹が空く。
芥川賞作家・羽田圭介だから書ける限りなく危険なお仕事&犯罪小説!

「新しい任務を伝えに来た」
「ある程度は休みがほしい。……俺でないと駄目なのか」
「手が空いている人員が他にいない」
(「内なる殺人者」より)

ガソリンスタンドのアルバイト、アレルギー持ちの殺し屋、写真週刊誌の女性記者。
日々過酷な仕事に臨む三人が遭遇した、しびれるほどの〈時間外労働〉!

【目次】
グリーンゾーン
内なる殺人者
誰がための昼食

「グリーンゾーン」
茨城のガソリンスタンドに務める萌衣は、働き始めて三年半のベテランアルバイト。
昼休憩も取れないくらいに休みなしの労働環境だが、ここでの仕事に責任感を持って臨んでいる。
ある日、客としてやってきたヤクザの車のバンパーにどす黒い血痕を見つけるが……

「内なる殺人者」
リョウジは休みもとれないほどのプロの殺し屋。
小麦アレルギー持ちで、食事には気を付けて生活をしている。
いつものように殺しの依頼を受けたが、殺害の一歩手前で逃したことから、
逆に自らも命を狙われることに……

「誰が為の昼食」
写真週刊誌の女性編集者として昼も夜もなく、ターゲットを追い続ける紀世美。
ある外国人犯罪グループと警察との癒着を探っていた同僚が襲撃を受けた。
引き継いで調査を進めていくと、意外な黒幕が……

今後10年は書けない作品です。
ある種の真面目さに満ちた仕事小説を、ぜひ。
――羽田圭介

5時過ぎランチ

新品価格
¥1,404から
(2018/6/27 06:45時点)








にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



メタモルフォシス

メタモルフォシス

著者 羽田圭介

読書2


その男には2つの顔があった。昼は高齢者金融商品を売りつける高給取りの証券マン。一転して夜はSMクラブ女王様に跪き、快楽を貪る奴隷。よりハードなプレイを求め、死ぬほどの苦しみを味わった彼が見出したものとは――芥川賞選考委員の賛否が飛び交った表題作のほか、講師と生徒、奴隷と女王様、公私で立場が逆転する男と女の奇妙な交錯を描いた「トーキョーの調教」収録。

今をときめく羽田圭介がどのような小説を書くのか興味があり、つい手を伸ばした?

読み始めてすぐに感じたことはこれは、SMに、関連する話か?

って感じである?

証券会社で働くエリートにまつわるストレスをSMクラブで発散する。

これは現代のストレスとの向き合い方を描いている小説かもしれない。

今や、ストレスはあるもので、いかに付き合っていくか?

が問われている。

これが現代社会である。

本当はstressのない社会を目指し、誰もが笑顔で生きていく世の中になってほしいもんだが。
(むしろ、アベノミクスで格差社会は広がるだろう。)

ここまで歪んだ欲求を求めるほど、心に闇を育てているのか?

と驚きがある。

私には、理解できない世界が羽田圭介の小説の中に存在している。

そして、主人公と思われるサトウさんは大腸菌にて、死にかけるがその死にかけに快楽を感じた。

何故羽田圭介はこのような話を求めて執筆したのだろうか?

羽田圭介はこの快楽に芸術を感じ、アートとして世にはなった。(私にはアートには感じないが)

羽田圭介には羽田圭介なりの芸術を感じたのであろう。

しかし、意外な話の展開であった。

この小説は何を語り、何を伝えたいのか?

難しい小説である。

おそらくストレスとの向き合い方だと思う。

いかにストレスと向き合っていかにストレスを解消していくのかこれが大切であるのではないだろうか。










メタモルフォシス (新潮文庫)


新品価格
¥562から
(2015/12/19 12:53時点)












メタモルフォシス [ 羽田圭介 ]


価格:561円
(2015/12/19 12:54時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本