FC2ブログ

記憶屋III

記憶屋III

著者 織守きょうや

読書2


高校生の夏生が、4年前に巻き込まれた集団記憶喪失事件。「記憶屋」の関与を疑う新聞記者の猪瀬に頼まれ、夏生は記憶屋探しに協力していた。だが、手掛かりとして接触した料理人の男性の記憶が消えてしまい、猪瀬は夏生の親友・芽衣子への疑いを強めることに。夏生はこれ以上記憶屋に近づきたくないと訴えるが、その矢先に猪瀬と一緒にいるのを芽衣子に見られてしまい…。記憶屋をめぐる、衝撃の真実がついに明かされる。

今年の夏はとにかく暑い、その暑さの中私たちは生きていく。

そしてこの暑い中私が読んでいるがこのである。

記憶屋III、記憶を消してしまうである。

記憶を消すといえば悪い記憶嫌な記憶が多いであろう。

朝していい記憶いい思い出を消そうと思わない。

それが人間という性である。

そして今回のは子供の頃掛け違えたボタンをかけ直したいと言うである。

そのため何が必要か?

記憶を消してフレンドリーに触れ合うことであると言うことである。

それは記憶を消すと言うよりは、記憶を消したと思い込むと言うことであるが…。

人間とは嫌な思い出が募るに生き物であると同時に良い思い出も募っていく生き物である。

そして非常にボタンの掛け違いが多い1匹でもある。

そのために何が必要か?

やはりそれは会であろう。

をすることにより誤解を解いていく必要性がある。

常に誤解が生じて、辛そうになって生きている。

これが現実であり悲しい状況である。

でもそんな中私たちは何かしら笑顔で生きていきたいと願う生き物であるため、ボタンの掛け違いをなくさなければならない。

そのことをこの小説を通して学ぶと言う事はとても素晴らしいことだと私は思う。

どの小説もそうだが人それぞれの受け取り方があり、人それぞれの感受性がある。

記憶を消すかどうかは記憶屋の主観である。

記憶といかに向き合って人生を生きていくかを考えさせることができる小説

このを読んで、どんな人生を送りたいかを人々が考える?

そして自分自身がどのような人生の送り方をするのかをまた考える。

考えさせることができる小説とはいい小説である。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

記憶屋III (角川ホラー文庫)

新品価格
¥562から
(2016/7/5 07:23時点)


スポンサーサイト

記憶屋II

記憶屋II

著者 織守きょうや

読書2


高校生の夏生は、記憶を消してくれる「記憶屋」を追う新聞記者・猪瀬に声を掛けられる。夏生と友人の特定の記憶が揃って消えた事件があり、記憶屋の関与を疑っているという。夏生は猪瀬と真相に迫るが……。

人は生きてきた人生を記憶という媒体にて思い出す。

記憶が人の人生の歴史を作ってきた。

記憶にも良い記憶と悪い記憶が当然、存在する。

そんな両方の記憶をもとに人は成長していく。

今回は記憶屋が記憶を消すという物語

人には悪い記憶を持ち続けることに限界があり、耐えれなくなることがある。

そんな中、悪い記憶を背負いたく無い記憶を消すことができたら、世の中はどんなに明るくなるだろう?

そんな疑問を、生じさせる。

物語、女子学生の周りの記憶が消えた。

その記憶は消したい記憶。

その消したい記憶はパン屋の男の猥褻?

を匂わせる記憶。

この話を聞いたら誰もが消したいと思うのは当然だと思うのでは無いか、と思う半分、このような小説が人気あるということはストレス社会の中社会環境がけっして良くない連想される。

高度成長期は誰もが明日がくるのを楽しみにしてたと聞く。

でも、今は・・・。

将来の老後の不安ばかり。

これが現実。

この現実の中に本当に記憶が消せるとする。

そしてどのような記憶を消したかどうか自分自身が覚えていない。

それは当然のことである。

しかし、私が消し去った記憶とは何であろうか?

そんな思いに駆られることがあるのではないか?

そうそんな時にあなただったらどうしますか?

消し去った記憶を思い出しますか?

それとも消し去った記憶をそのままにほっときますか?

この本の物語はどのような選択をするかという焦点も当てられている。

世の中とは実際に選択の連続である。

自分がどのような選択をするかによって自分自身の人生が変わってくる。

だから人生は面白いのかもしれない。

記憶を消すことも、記憶を消さないことも思いは1つである幸せな人生を送りたいただそれだけである。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

記憶屋II (角川ホラー文庫)

中古価格
¥249から
(2016/6/25 21:49時点)


記憶屋

記憶屋

著者 織守きょうや

読書2


もしも「記憶屋」が、つらくて忘れたい記憶を消してくれるなら、あなたはどうする――?

夕暮れ時、公園の緑色のベンチに座っていると現われ、忘れたい記憶を消してくれるという怪人、「記憶屋」――。大学生の遼一は、そんなものはただの都市伝説だと思っていた。だが互いにほのかな想いを寄せ、一緒に夜道恐怖症を乗り越えようとしていた先輩・杏子が「記憶屋」を探しに行き、トラウマと共に遼一のことも忘れ去ってしまう。まさかと思う遼一だが、他にも周囲で不自然に記憶を無くした人物を知り、真相を探り始める。遼一は、“大切なものを守るために記憶を消したい"と願う人々に出逢うのだが……。

「記憶」を消せることは、果たして救いなのだろうか――?
そして、都市伝説の怪人「記憶屋」の正体とは――?

衝撃的で切ない結末に、きっと涙こぼれる。
二度読み必至の青春ノスタルジックホラー!

記憶がなくなってしまう、いや記憶を食べてしまう怪人とは?

世の中には食べてしまわれた記憶も存在する。

食べられたくない記憶も存在する。

記憶とは何か、記憶が今人間にとってどのような役割を果たすのか。

忘れたい人間には記憶がなくなると言う事はとても良いことであるが、それにより忘れられた人間にとっては非常に寂しくて悲しいことである。

なによりも難しいのは忘れたことによりその人自身が幸せになったことで、思い出してといけないことである。

つまり遠くから見守ることしかできない、これがどれだけ寂しいことであろうか?

この気持ち誰に伝えていいのかわからないというような心情が綴られている。

人間は皆記憶と言う経験を下に成り立っていく生き物である。

その経験と言う人間形成の中で幸せなこともあり笑顔になることもあるが、悲しいこともあり涙を流すようなこともある。

それが心の大きい人間を作るのではないか?

そういうことを言われたのか、この著者は?

と思ってしまう小説であった。

そしてラストに関しては甘く切ない、片思いになってしまう。

人々は何のために生きて何のために死ぬのであろう、捉え方によってはそのような捉え方もできる。

この小説と言う物語は映画化したら非常に面白い物語だと思う。

もしくはドラマ化しても良いのではないか?

ぜひいちど見てみたいもんだ。









記憶屋 (角川ホラー文庫)


新品価格
¥648から
(2015/12/19 12:57時点)












記憶屋 [ 織守きょうや ]


価格:648円
(2015/12/19 12:57時点)
感想(1件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本