アフターダーク

アフターダーク

著者 村上春樹

読書2


真夜中から空が白むまでのあいだ、どこかでひっそりと深淵が口を開ける。

時計の針が深夜零時を指すほんの少し前、都会にあるファミレスで熱心に本を読んでいる女性がいた。フード付きパーカにブルージーンズという姿の彼女のもとに、ひとりの男性が近づいて声をかける。そして、同じ時刻、ある視線が、もう1人の若い女性をとらえる――。新しい小説世界に向かう、村上春樹の長編。

村上春樹氏の名前を見ると読んだことない本は1度は見に通しておこうと思い本を手に取る私。

今や村上春樹と言うブランドは完全に確立されている。

彼が作る世界がどのような世界なのか興味を抱かせる。

物語は東京都新宿と言う世界感を感じる、ファミレスで読書している女と姉、偶然立ち寄った男、ラブホテルのしている女、DVの男などなど。

読み始め、さらに読んでる最中1番違和感を感じたのは、どこに視点があるのか?

誰に焦点があたってるのかわからなかった、まったく。

村上春樹氏の小説としてはかなり違和感のある小説であるというのが本音である。

読んでると、村上春樹氏の闇の部分、が書かれているように感じる。

中身が暗いとしか感じない。

村上春樹氏はどうしたのだろうかと心配になる気持ちも生まれてくる。

まぁたまにはこういう小説も良いのではないかと思うことにしている。

村上春樹氏も気分転換で書いた小説なのかもしれない。

さほど世間に広がってない小説だと思うが。


アフターダーク (講談社文庫)

新品価格
¥648から
(2016/5/14 19:23時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村





村上春樹オススメ作品

風の歌を聴け
ねむり
女のいない男たち
ノルウェイの森(下)
パン屋を襲う
ノルウェイの森(上)
図書館奇譚
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
スポンサーサイト

風の歌を聴け

風の歌を聴け

著者 村上春樹

読書2


村上春樹デビュー作
1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。僕たちの夢は、もう戻りはしない――。群像新人賞を受賞したデビュー作

1970年の夏、海辺の街帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、<僕>の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。青春の一片を乾いた軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。群像新人賞受賞。

ひと夏の思い出が中心となっている物語、その物語を村上春樹氏らしく、村上春樹氏らしい、言い回しにて表現。

村上春樹氏の物語を読んでいると、生と性と死が、絡んでくる。それが人気あるのかもしれない。

そして時に出てくる罵倒する言葉、最低な男、嘘つきなどの言葉から来る心情とはいかがなものかと思われる。

人間とは自分自身がかわいいものでもあるし、自分自身が嫌いな生き物でもある。

だからこそ好きな自分と嫌いな自分をこの本は押し出しているのかもしれないし、ただの思いすぎかもしれない。

それは読者が人それぞれ好きに受け取る自由があるのである。

友人である鼠と、指が4本しかない女の子との一夏との関係性。

そしてそれが故郷である関係性。

故郷を思い出す大切さも表しているし、所詮、故郷故郷だと言う思いも表しているのではないかと思う。

ほろ苦い夏の経験とも取れるし、刺激のある夏の経験ともとれる。

この本を通して私たちはどのような思いを抱くのでやろう?

一期一会の大切さ?誰にでも嫌いな自分がいると言うこと?

他には…。


風の歌を聴け (講談社文庫)

新品価格
¥421から
(2016/3/16 20:42時点)




風の歌を聴け [ 村上春樹 ]

価格:421円
(2016/3/16 20:44時点)
感想(48件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

村上春樹オススメ作品


ねむり
女のいない男たち
ノルウェイの森(下)
パン屋を襲う
ノルウェイの森(上)
図書館奇譚
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ねむり

ねむり

著者 村上春樹

読書2


覚醒する新世界目覚めつづける女の不定形な日常を描いた短編『眠り』が、21年ぶりの“ヴァージョンアップ”を経ていま再生する―ドイツ語版イラストレーション、日本版のためのあとがきを収録した、村上世界の新しい「かたち」。

人はなぜ眠るのであろうかと疑問に思ったことがあるか?

おそらくある人もいればない人もいる。

そしてこの睡眠というものは人間の1日24時間にとってどのくらいの割合を取っているのであるかと言われたら3分の1とってると言う回答がきかれる。

その眠りにつくことができないという話である。

なぜそのような状況に陥ったか、精神的落ち着きがなくなったってことである。

日頃家事に追われ、日頃旦那の相手に狭まれ自分自身を見失ってしまった。

そのことにより眠ることができなくなり、負のスパイラルに入ってしまった。

世の中には2種類のタイプがいる。

1つはすぐ眠れる人、もう一つはなかなか眠れない人である。

旦那はすぐ眠れるタイプであり、子供はその旦那の傾向が強い、しかし私は眠れないタイプの人種である。

私を守ってくれるはずの旦那が私を守ってくれなかった、だから私は不安に陥っている、だから眠れないのだ。

まぁそんな話であった。

今生きている私たちはいろいろな不安に襲われている。

仕事の不安であり、老後の不安であり、恋愛での不安である。

そんな不安の中人々は立ち向かい成長している。

不安というものはなくならない、不安と言う気持ちを抱いているかどうかである。

人によっては不安かもしれない強い人によってはそれを不安と感じてないのかもしれない。

それはやっぱり人それぞれである。

しかしこの本を通して人は不安に、いや不安と向き合っていると言うことを知るべきである。


ねむり

新品価格
¥1,944から
(2016/3/16 20:37時点)




ねむり [ 村上春樹 ]

価格:1,944円
(2016/3/16 20:38時点)
感想(2件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

村上春樹オススメ作品



女のいない男たち
ノルウェイの森(下)
パン屋を襲う
ノルウェイの森(上)
図書館奇譚
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

女のいない男たち

女のいない男たち

著者 村上春樹

読書2


絡み合い響き合う6編の物語。村上春樹、9年ぶりの短編小説世界。

最近村上春樹氏の本を読むことが多い。

そしてこの女のいない男たちは比較的新しい本である。

いちどは目に通しておこうと思いこの本を手に取った。

そして私はこの本を読み始める。

まず最初に出会った物語は、ドライブ・マイ・カーである。

物語を読んでいると、どうやら亡くなった妻の話がメインとなって出てくる。

亡くなった妻は他にも男がいて浮気をしていたと思われる。

そのことをつかんでいる旦那がその浮気相手の男と会話をする。

妻が亡くなった後の話だが、その旦那は何を求めて浮気相手との接触を試みたのか?

そして彼は何に満足したのか、何に?

それは、そこにあるのは人それぞれの受け止め方である。

どんな受け止め方をして、どんな感受を受け止めたのか?

そして、イエスタデイに話は突入していく。

幼馴染の二人に挟まれた彼。

彼は幼馴染の心境の変化を感じ取れる。

しかし、大事なことは幼馴染の二人が前に進む勇気を持つこと。

前に一歩、一歩を踏み出す勇気の大切さをこの小説は教えてくれる。

次は独立器官に入っていく。

壁を一枚挟んだ関係、踏み込まない関係にて、人間関係を形成していたが、ある日、一人の女性を本気で愛してしまった。

その事で、年齢を重ねた男性が悩み、苦しみを物語として描かれている。

適当に付き合ってきた罰なのか、人に相談する大切さを教えてくれているのか、それは人によって受け取り方が変わってくる。

その受け取り方が、小説の醍醐味。

たくさんの小説がある中で、たくさんの受け取り方があり、たくさんの物語が成立する。

まさに、小説の奇跡。

次はシェエラザードに突入していく。

性と生と犯罪、興奮具合は全て同じかもしれない。

いや、人によっては嫌悪感を抱くだろう。

そんな物語の話である。

そこに介護が連想されるが、そこはいかに。

読んだ人の、読者の物語となっていくのかな。

次は木野の世界。

ポイントが難しい物語。

そして、どうとも取れる話。

妻との別れは?

あの痣だらけの女性は?

そしてあのお客は?

掴みづらい話。

最後に女のいない男たち

捉え方次第で物語が変化する話になるのではないかな。

この話をどう捉えて、どう解釈するのか、それは、読んでいる人の心次第。

反対に全く響かない事もあると思う。

こんな人生もある、こんな寂しさもある、こんな想いもある、人がいるだけ、その分だけの寂しさが存在する。



女のいない男たち

新品価格
¥1,700から
(2016/3/15 20:24時点)




女のいない男たち/村上春樹【2500円以上送料無料】

価格:1,699円
(2016/3/15 20:29時点)
感想(1件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

村上春樹オススメ作品


ノルウェイの森(下)
パン屋を襲う
ノルウェイの森(上)
図書館奇譚
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ノルウェイの森(下)

ノルウェイの森(下)

著者 村上春樹

読書2


激しくて、物静かで哀しい、100パーセントの恋愛小説!

あらゆる物事を深刻に考えすぎないようにすること、あらゆる物事と自分の間にしかるべき距離を置くこと――。あたらしい僕の大学生活はこうしてはじまった。自殺した親友キズキ、その恋人の直子、同じ学部の緑。等身大の人物を登場させ、心の震えや感動、そして哀しみを淡々とせつないまでに描いた作品。

果たして今自分がいる世界はまともな世界なのであろうか?

それとも隔離されてる世界の方がまともな世界なのであろうか?

自分自身に疑問が生じる。

今私たちの感じている事は正常と言えるのであろうか、もしかしたら正常とは言えないかもしれない。

主人公ワタナベと、異世界で繋がるレイコ、直子にリアル世界で繋がる緑。

ワタナベはどちらを選ぶのか、気になって仕方がない展開である。

そして彼がどのような人生を送っていくのかのめり込んでいくのもこの小説の醍醐味である。

それはいわゆる村上春樹氏の作った世界にどっぷりつかってるという事でもある。

自分が今生きている世界、そして村上春樹氏の作った小説の世界、両方を体験できる私たちは幸せな時代に生まれたのかもしれない。

そして、現在と切り離された世界に少し興味があり、そんな世界を作ってみたいと感じながら、なんだかんだでリアルな今を生きてしまう。

不信感が募る今の世の中で、いかに笑顔になれる事を探して生きていくのかをテーマとして生きている。

不完全な世界での不完全な人間たち、この言葉にはすごく心打たれる。

今生きてる世の中で自分たちが完成された人間だと勘違いした人たちは多い、しかし現実は不完全な人間の集まりである。

だから人は努力をして生きていくし、他の人と支えあって生きていくのである。

いかに自分の世界に閉じこもらずに他人に心を開くのか、心を開く大切さをこの小説を教えてくれている。




ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

新品価格
¥605から
(2016/3/12 16:08時点)




ノルウェイの森(下) [ 村上春樹 ]

価格:604円
(2016/3/12 16:11時点)
感想(210件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

村上春樹オススメ作品


パン屋を襲う
ノルウェイの森(上)
図書館奇譚
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

パン屋を襲う

パン屋を襲う

著者 村上春樹

読書2


「殺っちまおう」と相棒は言い、「もう一度襲うのよ」と妻は言った――。空腹に耐えかねた「僕」と相棒が、包丁を忍ばせ商店街へと向かう「パン屋襲撃」。異常飢餓感に突き動かされた「僕」と妻が、午前二時半の東京を彷徨う「パン屋再襲撃」。村上春樹の初期作品として名高い二篇が、時を経て甦る! 改稿にともないタイトルを一新、ドイツ気鋭画家のイラストレーションと構成するアート・ブック。

いきなり意味のわからない題名が目についた、しかし著者を見てみると村上春樹氏であり、これは読んでみないといけないと私の中で何かが囁く。

何かわからないか何かである。

ということでこの本を手に取って見る。

そして私はまた村上春樹氏の作る世界に入っていくのである。

正しい結果をもたらす正しくない選択もあるし、正しくない結果をもたらす正しい選択もある。

何一つとして選択してはいないのだと言う立場をとる必要がある。

村上春樹氏はこの本でこのようなことを伝えている。

パン屋を襲撃する事は未遂で終わったが、大人になり結婚しても空腹に襲われる事は、未遂で終わったパン屋の襲撃のせいではなかろうかと、結婚した妻が疑問に思う。

もしかしたら、そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

村上春樹氏っぽい、言い回し。

1度道を踏み外すと、将来的にも償いきれないということを踏み外す前に教えたいのかもしれないし、違うのかもしれない。


パン屋を襲う

新品価格
¥1,836から
(2016/3/5 19:24時点)




パン屋を襲う [ 村上春樹 ]

価格:1,836円
(2016/3/5 19:27時点)
感想(2件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

ノルウェイの森(上)

ノルウェイの森(上)

著者 村上春樹

読書2


限りない喪失と再生を描く究極の恋愛小説!

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は1969年、もうすぐ20歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。

またまた村上春樹氏の世界に吸い寄せられ、手にしてしまった。

何故だろう、何故か最近、村上春樹氏の世界に吸い寄せられる。

不思議なもんだ。

これもある意味出会いであり、運命である。

そしてこのノルウェイの森は、どーやら、ビートルズからきているもようだ。

どのような展開になっていくやら。

大学時代の共同生活、人と人の関わり方がいかに、難しいか小説を通して村上春樹氏は教えてくれている。

1番信用があり、1番信用がないのは人とひとである。

男女の心境の変化が主に綴られている。

彼女を理解してあげたい、だけど彼女の考えてることがわからない。

彼女とは直子のことである。

自分のことをどう思っているのであろうか?

そして彼女自信、彼女のことどう思っているのであろうか全くわからない。

だけど、彼女のことを理解したい、彼女の考えてることをわかってあげたいという気持ちでこの本にのめり込んでしまう。

さすがは村上春樹氏の小説であると感じる私である。

(ドキドキ)。

そういう気持ちでこの本を読んでいるけど、先を知りたくて仕方ないですし、終わって欲しくない気持ちもある。

直子の元を訪ね、直子の考えてる事にたどり着こうとするワタナベ。

何故、直子はという疑問をもたせながら、なかなか答えにはたどり着けないジレンマを与えてくれる村上春樹氏である。

結ばれる?

その過程は?

色々な過程を想像してしまう。


ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

新品価格
¥605から
(2016/3/4 22:19時点)




ノルウェイの森(上) [ 村上春樹 ]

価格:604円
(2016/3/4 22:20時点)
感想(245件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

図書館奇譚

図書館奇譚

著者 村上春樹

読書2

羊男はここから脱出できるのか? 図書館の地下に囚われる不条理を描く名作とカット・メンシックのダークなイラストが響きあう。

村上春樹氏が創る世界、不思議な世界、現実では体験することできない世界、これを小説の中では体験することができる。

今回は図書館での話である。

本に関わることを物語とするのは村上さんとして本を何か広めたいのではないであろうか、いやむしろそういう思いであって欲しいと私は思う。

難しい事に、知識を得ることができたらその知識を食べてしまう。

それを、われわれはどのように受け止めれば良いのであろうか?

そのような疑問が生じてしまう。

しかし、言い換えれば知識を得る事は大切なことである。

と、言うことである。

私たちは人間である限り知識を得て、その知識を活かしながら生きていかなければならない。

いやむしろ文明を発達させなければならない。

いやむしろ進んだ文明を見てみたい。

進んだ文明を見るためにも、一人一人の人間が知恵を出し合い、新しいイノベーションを求める。

そしてそこに投資をするのである。

投資をしなければ物事は発展しない。

だから投資をする、新しいイノベーションに対してである。

いろんな言葉に対していろいろな人がいろいろな意見を持っている、いろいろな小説に対していろいろな人がいろいろな意見を持っている。

その意見をお互い出し合って、より良い考え方に出会えることができたら、それは新しいイノベーションを生む可能性が出てくるというものである。

この図書館奇譚は、知識を得た脳みそを食べるという話。



図書館奇譚

新品価格
¥1,944から
(2016/2/28 20:30時点)




【送料無料】 図書館奇譚 / 村上春樹 ムラカミハルキ 【単行本】

価格:1,944円
(2016/2/28 20:33時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
著者 村上春樹
読書2
多崎つくる鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。
何の理由も告げられずに――。
死の淵を一時さ迷い、漂うように生きてきたつくるは、新しい年上の恋人・沙羅に促され、あの時なにが起きたのか探り始めるのだった。
全米第一位にも輝いたベストセラー!
村上春樹氏の新作が文庫本で発売。
これは、読書という体感を通じての読書感想である。
色彩を持たないとは、どんな意味なのか疑問に思っていたが、わりかし序盤にその理由が判明する。
色が入ってないということである。
(賢い方は、色が入ってないという事でなんなのかわかるであろう)。
この小説は時代を行き来する。
20歳の頃の自分、そして30代を生きる自分。
一歩踏み出すから怖い思いをする。
一歩踏み出さないからモヤモヤ感が払拭できない。
その一歩を踏み出すことをこれからできるであろう新しい彼女が背中を押してくれた。
逃げていた自分、逃げていた過去に立ち向かおう。
新しい人生を歩むために。
主人公の多崎つくると共感できるような体験をした人たちがこの世の中に何人いるのであろうか?
現実と夢の中を行き来しているこの小説のうまい描き方はさすが村上春樹氏だと思う。
今自分は現実なのか、今自分は夢の中なのか?
読んでいるこちらさえ時々わからなくなってしまう。
それはなぜか、小説にどっぷりつかっているからである。
読書をしながら私は思う。
今の私は人恋しいのであろうか?
なぜならこの本はそのような本であるからである。
でも内容わかって買ってるならまだしも、内容わからず買ってるからそういうわけではない。
この本と巡り会ったのは何かと言われると、やはり村上春樹氏の世界に興味があったからである。
誰かを守るために誰かを切り捨てなければならない。
真実が明かされたときの友情と感じる人もいれば愛情と感じる人もいれば、罪だと感じる人もいる。
村上春樹氏の小説は客観的に見る人物が多い。
よって客観的な発言をされる。
これは村上春樹氏が客観的な人間になってほしいという思いなのだろうか?
むしろ村上春樹氏自身が客観的な人間なのだろうか?
この小説を読んでいると、人生とはいろいろな物語があると言う感じを受ける。
つまり、自分の人生外の疑似体験ができるということである。
人間にはそれぞれの色がある。
いろいろな考え方がありいろいろな生き方がある。
それをこの小説通じて感じ取ることができれば、世の中もっと住みやすい国なるかもしれない。
村上春樹氏の小説は人々に寛容な心を持つことを教えることができる教科書となるかもしれない。
そして謎の部分後謎のまま残すと言うのも村上春樹氏の特有の技術であるのか?
できればスッキリして終わって欲しかったが、最後にモヤモヤ感を残して終わる、だからこそまた村上春樹氏の小説読みたくなるのかもしれない。
そして私はまためぐり逢うであろう、村上春樹氏の小説に。









色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)


新品価格
¥788から
(2015/12/28 20:19時点)












色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [ 村上春樹 ]


価格:788円
(2015/12/28 20:21時点)
感想(4件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

ページランキング

ブログパーツ

カテゴリ

フリーエリア

本

タグ

東京 スキル ローン マンション ルール TPP 融資 プロ 問題 米国 新築 フルローン デメリット 読む 失敗 学び ワンルームマンション 天才 窪美澄 メリット 家賃 中古 知恵 ドイツ 整理整頓 ファーストクラス アパート 企業 貧困 不動産投資家 内閣総理大臣 キーワード 新堂冬樹 経費 内藤誼人 領収書 テーマ 伊坂幸太郎 趣味  貧富 上杉謙信 貯蓄 方法 信用 大切 基本 生活 本田静六 金融緩和 性善説 経営 自分 感謝 性悪説 宗教 管理 福島香織 上念司 友達 減価償却 為替 木暮太一 村上尚己 キャッシュフロー センス 人を動かす 貯まる 人口 利益 情報 最強 エリート ロスチャイルド 競争 休息 リアル カフェ 恋愛物語 値段 埼玉 藤田勉 効果 習慣 リーダーシップ 暴力 原田陽平 樋口有介 不審 丸山晴美 田丸雅智 山口真由 船瀬俊介  脱税 財形貯蓄 上甲宣之 中村文則 控除  宮大元 朝井リョウ 溝端淳平 板谷夕夏 渡辺いっぺい 矢嶋智彦 勝地涼 変死体 芦田愛菜 桟見れいな 坂下仁 パート 国富 アメリカFBI科捜研 兵庫県警 期間工 浅野里沙子 血管 平賀正彦 吸収 根来秀行 過疎化 ヤフオク 楽天 信長 骨董品 加野厚志 カリスマ性 ネットオークション 有栖川有栖 某国のイージス イングランド 岡崎慎司 読者 片山恭一 亀田潤一郎 ハングリー精神 江守哲 関わらない 教えない 助けない 円高 山㟢一也 小口幸伸 朝シャワー ご飯 坪田聡 伊藤雅俊 ロバートアレン 旅行 クレジットカード ミラクル ユダヤ人 矢吹紘子 実業家 ロバートキヨサキ 髙田晋一  井上真花 堀井塚 アベノミスク 債券 松村武宏 出る杭は打たれる 柳井正 レイ・クロック マーク・ザッカーバーグ ビルゲイツ 給与明細 オタク 風水 確定 はる 大相場 平成 拠出 公的年金 結果 ファーストフード 残業 孫正義 ビル・ゲイツ ウクライナ 通帳 量的緩和 円安政策 ドル建て 投資入門 前野達志 ギリギリ 動けない  掛越直樹  背中  貪欲 唐鎌大輔 浅暮三文 角田和将 資格 小山竜央 クオリティー ネットバンキング 長期株式投資 96% 稼ぐ人 足立眞一 蓄える 法則 商品 外資系企業 ノーコスト エコ 和田芳治 貿易黒字 ユーロ 一週間 サイフ インタービジョン21 一色さゆり 現金 食費 杉浦和也 預金の金利 インデックスファンド 山崎元 外国株式 新しい未来 新しい社会 村中豊 新宿 篠原美季 祇場駿矢 折口良乃 帝王 アキバ 新しい人生 朝吹真理子 築地俊彦 家庭 、会社四季報オンライン 蓮見清一 オンライン 東大 井堀利宏 竹中 小泉 郵政民営化 失われた20年 伊達友美 松尾芭蕉 300万円 心配 価値尺度 貯蔵 東京支社 継続的 売れる 88 貨幣価値 特性 行動 セールスパーソン 元総理大臣 吉原毅 吉田英樹 1億円 山口敏太郎 豊臣秀頼 天草四郎 坂本彰 小売お宝株 小泉純一郎 細川護熙 原発ゼロ 原発反対 顰蹙 原田武夫 時代の幕開け ウォーキング 貧乏生活 国債破綻 リスクテイカーリスクを取らないリスク 堀古英司 ランニング パフォーマンスアップツール 「男の強さ」が身につく92の言葉 今泉正顕 ダンス・ウィズ・ドラゴン 重森健太 走れば脳は強くなる 石井貴士 1分間時間術 チャイナリスク 中国食品工場のブラックホール アパルトヘイト 伊東秀廣 大底からのサバイバル投資術 国民年金 いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまう ベネチア マスカレード・イブ 小屋洋一 年収1000万円でも破産します 30歳サラリーマンは 個人年金 ETF 石堂一徹 珈琲店タレーランの事件簿3 北沢秋 翔る合戦屋 HAJI KOUICHI 岡崎琢磨 ぬるい毒 これからの経営は「南」から学べ ラム・チャラン 宮田直彦 日本株スーパーサイクル投資 本谷有希子 日本経済の呪縛 負債 〜僕はきみに何度でもめぐり逢う〜 蒼井紬希 あやかし恋古書店 手取り20万円台でもガマンしないで100万円貯める! REIT はじめての人のたちの3000円投資生活 小説家 「役に立たない」と思う本こそ買え 森田正光 竹田恒泰 笑えるほどたちが悪い韓国の話 植物図鑑 アナリストからの警告 世界同時超暴落 大量生産 大量消費 稲葉充 3万人が富を築いたお金をふやす教科書 中島健一 参考サイト 付加価値 弱肉強食 コスプレ ふがいない僕は空を見た 真田幸光 その金庫番のユダヤ資本 世界の富の99%を動かす英国王室 死ぬまでお金に困らない財布を30代で手に入れる方法 社畜 アムステルダム アムステルダムの詭計 フェルメール 人生戦略会議 年収700万円のリアル 原進一 喋らぬ本と 偶然屋 洗脳 不満 ごとうしのぶ 喋りすぎる絵画の麗人 リアリティー よるのふくらみ 夜の桃 神様 悪魔 創造 ダリア 破壊 決断 すべての愛がゆるされる島 尾崎式史 グロース株 株で1億円!このエントリーチャンスを狙い撃て‼︎ エントリー 杉井光 大竹愼一 恐慌化する世界 Nのために 先生 スリル 裏切り 文学的 自殺志願 野島伸司 ベーシックインカム 2017暴走するマネー 低所得者 ロンドン EU離脱 金融市場を操られる絶望国家・日本 「踏み絵」迫る米国「逆切れ」する韓国 雨木秀介 室町 アーサー・ラッファー ニュート・ギングリッチ ポール・クルーグマン ジョージ・パパンドレウ 足利義輝 松永久秀 ヒロシマ 広島テレビ放送 広島 短編集 中田永一 勇気 畑喜美夫 中尾ゆうすけ ライフトラベラー 上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣 ポスト・アベノミクス時代の新しいお金の増やし方 鬼頭宏昌 人生の旅人 喜多川泰 ボトムアップ まんがでみるボトムアップ理論 ベクトル ミッション ビジョン バラク・フセイン・オバマ 安倍晋三 バリ島 成田空港 ウブド 姫野カオルコ 木村友祐 桜井亜美 インドネシア 本郷陽二 衆議院 参議院 中村一 株式会社 糸井俊博 プリンシプル 白洲次郎 竹森俊平 フランス イタリア 深志美由紀 ドナルドトランプ 臼井由妃 大村友貴美 中丸薫 牧山圭男 添田子萩 セルジオ越後 常識 3億円つかってわかった資産のつくり方 ニュースで伝えられない日本の真相 アサヒビーを再生させた男 高杉良 小説・樋口廣太郎 最強の経営者 本をめぐる物語 ダ・ヴィンチ編集部 トレーダーの発想術 ロイ・W・ロングストリート 世界の名言100 名言 サンフレッチェ広島 サンフレッチェ広島のサッカー育成メソッド やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方 浅井輝智郎 月10万円ラクに稼げる「ネットせどり」入門 サムスン わけありの方 渡邉哲也 売国経済 鈴置高史 歓迎します 宇佐見秋伸 センスは知識からはじまる 水野学 大塚製薬 日野征 Aランクの仕事術 ソフトバンク 不景気 節約 貯金ゼロ・安月給でも年収2000万円稼げる手法 小山田浩子  大原省吾 堀口博行 犯罪者書館アレクサンドリア 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ 植頭隆道 ヘッジファンド 資産防衛 八重野統摩 計画感染 中嶋よしふみ 世界のエリートはなぜ次々とチャンスをつかむのか? 鶴野充茂 夕凪 スタバ株は1月に買え! 2017長谷川慶太郎の大局を読む お金が貯まる人が捨てた37のこと MONSTERZ 一生お金に困らない人 死ぬまでお金に困る人 マイナス金利でも、お金はちゃんと増やせます。 キレイなお札から使いなさい! 渡辺雄介 板垣英憲 佐々木薫 曽根圭介 忙しい主婦でもできる!スマホで月8万円を得る方法 黒い波紋 暴落を買え!年収300万円から始める資本家入門 今すぐプライベートカンパニーを作りなさい!サラリー D・カーネギー 山口朋子 おトクな制度をやってみた その後のふたり 1分間決算書 小嶋正樹 呪い殺しの村 藤原久敏 プライベートカンパニー 前橋 プロのディーラー 朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術 ロバート・H・フランク 成功する人は偶然を味方にする運と成功の経済学 シェイクスピア  坂本慎太郎 ガーデン 川越 群馬 あなたの隣にいる孤独   木村俊治 言葉を「武器」にする技術ローマの賢者キケローが教え 副収入が毎月10万円稼げるしくみまだやってなかった? 小林雄樹 ダニエル・コーエン 経済成長という呪い 朝のコーヒー、夜のビールが良い仕事をつくる 馬渕知子 人材不足 生産性向上だけを考えれば日本経済は大復活するシンギ 佐藤智恵 ストーリ 妄想 楡周平 和僑 四角大輔 本田直之 世界が食いつくす日本経済なぜ東芝はアメリカに嵌めら 中華屋アルバイトのけいくんが年収1億円を稼ぐ1日1分 東芝 儲かりたいならパート社員を武器にしなさい 高橋健太郎 山下けい TODOリスト スマートフォン モバイルボヘミアン 金川顕教 最小の時間と労力で最大限の成果を出すための14日間 すごい効率化 吊ら男 毎月10分のチェックで、1000万増やす!庶民のためのズ 熱帯安楽椅子 山田詠美 加藤出 日銀、「出口」なし! 「オトナの恋」は罪ですか? 亀山早苗 自律神経を整える ゆっくり健康法 ポートフォリオ 世界最大の機関投資家 2025年の世界予測 起源 小林弘幸 山本恵一 睡眠満足度があなたの年収を変える 池谷敏郎 ネットで「やりたいこと」を「お金」に変える方法 「血管を鍛える」と超健康になる! 今野清志 血流 たった1分目がよくなって心も体も超スッキリ! 朝倉真弓 しっかり稼ぐ割安株入門ガイド お金の悪魔フェおばさんの経済学レクチャー H・M・エンツェンスベルガー 今井きよし 日本経済逆転のシナリオ 2014ー2015 小幡績 ベストフレンズ 1分間読むだけで、仕事の疲れが取れる本心はこまめに 体はその場でラクにする 村上世彰 生涯投資家 スノーデン日本への警告 エドワード・スノーデン 松本幸夫 一流マネジャーの仕事の哲学 藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 藤原和博 ふくだたみこ SEOに効く!Webサイトの文章作成術 西岡郁夫 監視 財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済 明日ドカンと上がる株の見つけ方 熊谷亮 中卒、借金300万でも年収1億円 福岡県出身 永嶋恵美 日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこ 本田晃一 自分を成長させる最強の学び方 伊能美和子 株で勝つ!相場格言400 田中愛子 免疫力を、上げる一生モノの「食べ物・食べ方」 古処誠二 北川賢一 マスク 風邪 大富豪 朝食 福利厚生費 無能 スキルアップ 築古マンション 星野リゾート トップクラス 2022年 東京都内 不労収入 契約 物件 小早川秀秋 明智光秀 個人事業主 事実 ワンルームマンション投資 ワンルーム投資 今川義元 武田信玄 利子規 約束 費用対効果 オーナー 公務員 取締役 国債価格 ニーズ 個性 ターゲット 田舎 アパート投資 都市 宅地建物取引士 防衛省 セミナー 事業 海外 相続税 政府 認識 便利 東京五倫 ロックフェラー リズム株式会社 投資マンション 増税 エネルギー サブリース コンビニ 効率 バブル崩壊 せどり 自衛官 富裕 建物 中東 テロ 革命 西野亮廣 小食 神林長平 子供 愛人 近野貴行 宮下奈都 寺尾恵介 吉野源三郎 別居 スタイル 誘拐 畑野知美 宿野かほる レス・ギブリン 泉正人 チェンジ 鎌田實 フェイスブック 荻原浩 又吉直樹 別冊宝島編集部 伊藤元重 伊藤元重が警告する日本の未来 梶本修身 宇佐美まこと ビートたけし 自動化 業務 改革 働き方 久賀谷亮 瞑想 田路カズヤ ミッキー 空想 林秀行 楽しみ 池袋 全国 進化 ロボット 多喜祐介 池井戸潤 曽我ゆみこ ソニー 茂木俊輔 松原清植 価格 実体験 正しい 方法論 批判 渡正行 桑原晃弥 お金を引き寄せる世界一の投資家バフェットの成功習慣 101の方法 ジョン・ゴードン 奇跡を起こす ぬるま湯 超一流の謝り方 謝罪 起こす 恋愛寫眞  イニシエーション 日記 市川拓司 もうひとつの物語 佐藤泰志 うたえる 知っている 1% だけ お金運用術 すごい方法 市居愛 金利の魔法 なぜ きみの  久世浩司 根拠なき自信 一流になる人 ラブ 乾くるみ 辨野義己  レモン+アーモンド 寿命 信用残高 白鳥早奈英 スッキリ 善玉菌 スイートルーム 池田里香子 敬意 伝統 悪玉菌 堀哲也 実践投資法 ガラ 幸田真音 地球 一冊 大人 資産を考えたと時に読むべき本 能率 日経会社情報 独学 石川温 パソコン活用術 世界最強 500円玉 毎日 変える アインシュタイン 精油 アロマテラピー 雑談クラブ 報道 出光佐三 100の言葉 3分 米山公啓 今村暁 1日 長坂嘉昭 森村誠一 殺人倶楽部 休日 出世 池本克之 栗林篤 北岡秀紀 1000万円 長生き ふくらはぎ 思考法 孤独 安月給 工夫 槙孝子 頭の回転 チョコレート トランプノミクス トライ 生涯所得 ステージ 結論 夢中 松岡修造 強く生きる 荻野善之 ズボラな人 コツ 質がよくなる100 一生懸命 悪い報告 完璧 家計 マネジメント術 貯まる生活 昭和 ロマン 林あつむ 虚ろな十字架 悲しい物語 増田剛己 ニュース カッコウの卵は誰のもの ダイイング・アイ 非常識な休日 人生を決める 安生正 あとは野となれ大和撫子 Tの衝撃 ハチミツ 今日のハチミツ、あしたの私 寺地はるな 宮内悠介 赤いゾンビ、青いゾンビ東京日記5 ナポレオン・ヒル 信じる 思考は現実化する 石平 川上弘美 投資生活 株式 徳川家康 永松茂久 豊臣秀吉 創業者 本当にお金が増える投資信託は、この10本です。 篠田尚子 一流になる男 石田悟司 大岩俊之 最強の武器 戸塚隆将 福原裕一 メモ トランプ後の世界秩序激変する軍事・外交・経済 川上高司・石澤靖治 ファイアースターター捜査一課殺人班イルマ 結城充孝 アレックス・スジョン よい休息 早見和真 シリコンバレー式 叱り方の教科書 安藤俊介 カタストロフ・マニア 島田雅彦 バーチャル 深野康彦 あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない! 神さまたちのいた街で 一気にわかる!池上彰の世界情勢2017トランプ政権誕生 黒い結婚 白い結婚 木暮桂子 ビジネスという勝負の場は一瞬、しかも服で決まる スーツ 中島京子 木原音瀬 大統領 トランプ大統領 森美樹 瀧羽麻子 深沢潮 戸田智弘 99の金言と考えるベンガク論 2050年衝撃の未来予想 プロが絶対買わない金融商品 木原直哉 王者が教える勝つための確率思考 東大卒ポーカー確率 絶対 永野良佑 現地からの緊急警告、いま中国で起きている大破局の真 月3万円稼ぐ アフリエイト実践教室 元手ゼロから始める 知識ゼロ 邱海涛 伝わらない 本多孝好 副業ブログ 稼げる 検索 50の逆転の時間術 結果を出す人がやっている タクスズキ クラウドガール 貧乏人が激怒するブラック日本の真実 MEMORY その他大勢から抜け出し、超一流になるために知ってお メール 姉妹 矢野朋義 密本花桜 血縁  木村太郎 日本、アメリカ、そして世界2017 トランプ後の世界 第2幕最新情勢 匂い リクルート社 税金恐怖政治が資産家層を追い詰める 学び続ける理由  どうすれば、売れるのか?世界一かんたんな『売れるコ コンセプト 福山 今井絵美子 チョイス キャピタル 2014年日経平均9000円割れ相場が始まる! 家と庭 2014-2015世界のマネーは米国に向かう 加藤秀行 認知症 理想郷 芦田川 秘密基地 太田俊明 姥捨て山繁盛記 仕事術