FC2ブログ

アフターダーク

アフターダーク

著者 村上春樹

読書2


真夜中から空が白むまでのあいだ、どこかでひっそりと深淵が口を開ける。

時計の針が深夜零時を指すほんの少し前、都会にあるファミレスで熱心に本を読んでいる女性がいた。フード付きパーカにブルージーンズという姿の彼女のもとに、ひとりの男性が近づいて声をかける。そして、同じ時刻、ある視線が、もう1人の若い女性をとらえる――。新しい小説世界に向かう、村上春樹の長編。

村上春樹氏の名前を見ると読んだことない本は1度は見に通しておこうと思い本を手に取る私。

今や村上春樹と言うブランドは完全に確立されている。

彼が作る世界がどのような世界なのか興味を抱かせる。

物語は東京都新宿と言う世界感を感じる、ファミレスで読書している女と姉、偶然立ち寄った男、ラブホテルのしている女、DVの男などなど。

読み始め、さらに読んでる最中1番違和感を感じたのは、どこに視点があるのか?

誰に焦点があたってるのかわからなかった、まったく。

村上春樹氏の小説としてはかなり違和感のある小説であるというのが本音である。

読んでると、村上春樹氏の闇の部分、が書かれているように感じる。

中身が暗いとしか感じない。

村上春樹氏はどうしたのだろうかと心配になる気持ちも生まれてくる。

まぁたまにはこういう小説も良いのではないかと思うことにしている。

村上春樹氏も気分転換で書いた小説なのかもしれない。

さほど世間に広がってない小説だと思うが。


アフターダーク (講談社文庫)

新品価格
¥648から
(2016/5/14 19:23時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村





村上春樹オススメ作品

風の歌を聴け
ねむり
女のいない男たち
ノルウェイの森(下)
パン屋を襲う
ノルウェイの森(上)
図書館奇譚
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
スポンサーサイト

風の歌を聴け

風の歌を聴け

著者 村上春樹

読書2


村上春樹デビュー作
1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。僕たちの夢は、もう戻りはしない――。群像新人賞を受賞したデビュー作

1970年の夏、海辺の街帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、<僕>の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。青春の一片を乾いた軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。群像新人賞受賞。

ひと夏の思い出が中心となっている物語、その物語を村上春樹氏らしく、村上春樹氏らしい、言い回しにて表現。

村上春樹氏の物語を読んでいると、生と性と死が、絡んでくる。それが人気あるのかもしれない。

そして時に出てくる罵倒する言葉、最低な男、嘘つきなどの言葉から来る心情とはいかがなものかと思われる。

人間とは自分自身がかわいいものでもあるし、自分自身が嫌いな生き物でもある。

だからこそ好きな自分と嫌いな自分をこの本は押し出しているのかもしれないし、ただの思いすぎかもしれない。

それは読者が人それぞれ好きに受け取る自由があるのである。

友人である鼠と、指が4本しかない女の子との一夏との関係性。

そしてそれが故郷である関係性。

故郷を思い出す大切さも表しているし、所詮、故郷故郷だと言う思いも表しているのではないかと思う。

ほろ苦い夏の経験とも取れるし、刺激のある夏の経験ともとれる。

この本を通して私たちはどのような思いを抱くのでやろう?

一期一会の大切さ?誰にでも嫌いな自分がいると言うこと?

他には…。


風の歌を聴け (講談社文庫)

新品価格
¥421から
(2016/3/16 20:42時点)




風の歌を聴け [ 村上春樹 ]

価格:421円
(2016/3/16 20:44時点)
感想(48件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

村上春樹オススメ作品


ねむり
女のいない男たち
ノルウェイの森(下)
パン屋を襲う
ノルウェイの森(上)
図書館奇譚
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ねむり

ねむり

著者 村上春樹

読書2


覚醒する新世界目覚めつづける女の不定形な日常を描いた短編『眠り』が、21年ぶりの“ヴァージョンアップ”を経ていま再生する―ドイツ語版イラストレーション、日本版のためのあとがきを収録した、村上世界の新しい「かたち」。

人はなぜ眠るのであろうかと疑問に思ったことがあるか?

おそらくある人もいればない人もいる。

そしてこの睡眠というものは人間の1日24時間にとってどのくらいの割合を取っているのであるかと言われたら3分の1とってると言う回答がきかれる。

その眠りにつくことができないという話である。

なぜそのような状況に陥ったか、精神的落ち着きがなくなったってことである。

日頃家事に追われ、日頃旦那の相手に狭まれ自分自身を見失ってしまった。

そのことにより眠ることができなくなり、負のスパイラルに入ってしまった。

世の中には2種類のタイプがいる。

1つはすぐ眠れる人、もう一つはなかなか眠れない人である。

旦那はすぐ眠れるタイプであり、子供はその旦那の傾向が強い、しかし私は眠れないタイプの人種である。

私を守ってくれるはずの旦那が私を守ってくれなかった、だから私は不安に陥っている、だから眠れないのだ。

まぁそんな話であった。

今生きている私たちはいろいろな不安に襲われている。

仕事の不安であり、老後の不安であり、恋愛での不安である。

そんな不安の中人々は立ち向かい成長している。

不安というものはなくならない、不安と言う気持ちを抱いているかどうかである。

人によっては不安かもしれない強い人によってはそれを不安と感じてないのかもしれない。

それはやっぱり人それぞれである。

しかしこの本を通して人は不安に、いや不安と向き合っていると言うことを知るべきである。


ねむり

新品価格
¥1,944から
(2016/3/16 20:37時点)




ねむり [ 村上春樹 ]

価格:1,944円
(2016/3/16 20:38時点)
感想(2件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

村上春樹オススメ作品



女のいない男たち
ノルウェイの森(下)
パン屋を襲う
ノルウェイの森(上)
図書館奇譚
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

女のいない男たち

女のいない男たち

著者 村上春樹

読書2


絡み合い響き合う6編の物語。村上春樹、9年ぶりの短編小説世界。

最近村上春樹氏の本を読むことが多い。

そしてこの女のいない男たちは比較的新しい本である。

いちどは目に通しておこうと思いこの本を手に取った。

そして私はこの本を読み始める。

まず最初に出会った物語は、ドライブ・マイ・カーである。

物語を読んでいると、どうやら亡くなった妻の話がメインとなって出てくる。

亡くなった妻は他にも男がいて浮気をしていたと思われる。

そのことをつかんでいる旦那がその浮気相手の男と会話をする。

妻が亡くなった後の話だが、その旦那は何を求めて浮気相手との接触を試みたのか?

そして彼は何に満足したのか、何に?

それは、そこにあるのは人それぞれの受け止め方である。

どんな受け止め方をして、どんな感受を受け止めたのか?

そして、イエスタデイに話は突入していく。

幼馴染の二人に挟まれた彼。

彼は幼馴染の心境の変化を感じ取れる。

しかし、大事なことは幼馴染の二人が前に進む勇気を持つこと。

前に一歩、一歩を踏み出す勇気の大切さをこの小説は教えてくれる。

次は独立器官に入っていく。

壁を一枚挟んだ関係、踏み込まない関係にて、人間関係を形成していたが、ある日、一人の女性を本気で愛してしまった。

その事で、年齢を重ねた男性が悩み、苦しみを物語として描かれている。

適当に付き合ってきた罰なのか、人に相談する大切さを教えてくれているのか、それは人によって受け取り方が変わってくる。

その受け取り方が、小説の醍醐味。

たくさんの小説がある中で、たくさんの受け取り方があり、たくさんの物語が成立する。

まさに、小説の奇跡。

次はシェエラザードに突入していく。

性と生と犯罪、興奮具合は全て同じかもしれない。

いや、人によっては嫌悪感を抱くだろう。

そんな物語の話である。

そこに介護が連想されるが、そこはいかに。

読んだ人の、読者の物語となっていくのかな。

次は木野の世界。

ポイントが難しい物語。

そして、どうとも取れる話。

妻との別れは?

あの痣だらけの女性は?

そしてあのお客は?

掴みづらい話。

最後に女のいない男たち

捉え方次第で物語が変化する話になるのではないかな。

この話をどう捉えて、どう解釈するのか、それは、読んでいる人の心次第。

反対に全く響かない事もあると思う。

こんな人生もある、こんな寂しさもある、こんな想いもある、人がいるだけ、その分だけの寂しさが存在する。



女のいない男たち

新品価格
¥1,700から
(2016/3/15 20:24時点)




女のいない男たち/村上春樹【2500円以上送料無料】

価格:1,699円
(2016/3/15 20:29時点)
感想(1件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

村上春樹オススメ作品


ノルウェイの森(下)
パン屋を襲う
ノルウェイの森(上)
図書館奇譚
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ノルウェイの森(下)

ノルウェイの森(下)

著者 村上春樹

読書2


激しくて、物静かで哀しい、100パーセントの恋愛小説!

あらゆる物事を深刻に考えすぎないようにすること、あらゆる物事と自分の間にしかるべき距離を置くこと――。あたらしい僕の大学生活はこうしてはじまった。自殺した親友キズキ、その恋人の直子、同じ学部の緑。等身大の人物を登場させ、心の震えや感動、そして哀しみを淡々とせつないまでに描いた作品。

果たして今自分がいる世界はまともな世界なのであろうか?

それとも隔離されてる世界の方がまともな世界なのであろうか?

自分自身に疑問が生じる。

今私たちの感じている事は正常と言えるのであろうか、もしかしたら正常とは言えないかもしれない。

主人公ワタナベと、異世界で繋がるレイコ、直子にリアル世界で繋がる緑。

ワタナベはどちらを選ぶのか、気になって仕方がない展開である。

そして彼がどのような人生を送っていくのかのめり込んでいくのもこの小説の醍醐味である。

それはいわゆる村上春樹氏の作った世界にどっぷりつかってるという事でもある。

自分が今生きている世界、そして村上春樹氏の作った小説の世界、両方を体験できる私たちは幸せな時代に生まれたのかもしれない。

そして、現在と切り離された世界に少し興味があり、そんな世界を作ってみたいと感じながら、なんだかんだでリアルな今を生きてしまう。

不信感が募る今の世の中で、いかに笑顔になれる事を探して生きていくのかをテーマとして生きている。

不完全な世界での不完全な人間たち、この言葉にはすごく心打たれる。

今生きてる世の中で自分たちが完成された人間だと勘違いした人たちは多い、しかし現実は不完全な人間の集まりである。

だから人は努力をして生きていくし、他の人と支えあって生きていくのである。

いかに自分の世界に閉じこもらずに他人に心を開くのか、心を開く大切さをこの小説を教えてくれている。




ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

新品価格
¥605から
(2016/3/12 16:08時点)




ノルウェイの森(下) [ 村上春樹 ]

価格:604円
(2016/3/12 16:11時点)
感想(210件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

村上春樹オススメ作品


パン屋を襲う
ノルウェイの森(上)
図書館奇譚
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

パン屋を襲う

パン屋を襲う

著者 村上春樹

読書2


「殺っちまおう」と相棒は言い、「もう一度襲うのよ」と妻は言った――。空腹に耐えかねた「僕」と相棒が、包丁を忍ばせ商店街へと向かう「パン屋襲撃」。異常飢餓感に突き動かされた「僕」と妻が、午前二時半の東京を彷徨う「パン屋再襲撃」。村上春樹の初期作品として名高い二篇が、時を経て甦る! 改稿にともないタイトルを一新、ドイツ気鋭画家のイラストレーションと構成するアート・ブック。

いきなり意味のわからない題名が目についた、しかし著者を見てみると村上春樹氏であり、これは読んでみないといけないと私の中で何かが囁く。

何かわからないか何かである。

ということでこの本を手に取って見る。

そして私はまた村上春樹氏の作る世界に入っていくのである。

正しい結果をもたらす正しくない選択もあるし、正しくない結果をもたらす正しい選択もある。

何一つとして選択してはいないのだと言う立場をとる必要がある。

村上春樹氏はこの本でこのようなことを伝えている。

パン屋を襲撃する事は未遂で終わったが、大人になり結婚しても空腹に襲われる事は、未遂で終わったパン屋の襲撃のせいではなかろうかと、結婚した妻が疑問に思う。

もしかしたら、そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

村上春樹氏っぽい、言い回し。

1度道を踏み外すと、将来的にも償いきれないということを踏み外す前に教えたいのかもしれないし、違うのかもしれない。


パン屋を襲う

新品価格
¥1,836から
(2016/3/5 19:24時点)




パン屋を襲う [ 村上春樹 ]

価格:1,836円
(2016/3/5 19:27時点)
感想(2件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

ノルウェイの森(上)

ノルウェイの森(上)

著者 村上春樹

読書2


限りない喪失と再生を描く究極の恋愛小説!

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は1969年、もうすぐ20歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。

またまた村上春樹氏の世界に吸い寄せられ、手にしてしまった。

何故だろう、何故か最近、村上春樹氏の世界に吸い寄せられる。

不思議なもんだ。

これもある意味出会いであり、運命である。

そしてこのノルウェイの森は、どーやら、ビートルズからきているもようだ。

どのような展開になっていくやら。

大学時代の共同生活、人と人の関わり方がいかに、難しいか小説を通して村上春樹氏は教えてくれている。

1番信用があり、1番信用がないのは人とひとである。

男女の心境の変化が主に綴られている。

彼女を理解してあげたい、だけど彼女の考えてることがわからない。

彼女とは直子のことである。

自分のことをどう思っているのであろうか?

そして彼女自信、彼女のことどう思っているのであろうか全くわからない。

だけど、彼女のことを理解したい、彼女の考えてることをわかってあげたいという気持ちでこの本にのめり込んでしまう。

さすがは村上春樹氏の小説であると感じる私である。

(ドキドキ)。

そういう気持ちでこの本を読んでいるけど、先を知りたくて仕方ないですし、終わって欲しくない気持ちもある。

直子の元を訪ね、直子の考えてる事にたどり着こうとするワタナベ。

何故、直子はという疑問をもたせながら、なかなか答えにはたどり着けないジレンマを与えてくれる村上春樹氏である。

結ばれる?

その過程は?

色々な過程を想像してしまう。


ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

新品価格
¥605から
(2016/3/4 22:19時点)




ノルウェイの森(上) [ 村上春樹 ]

価格:604円
(2016/3/4 22:20時点)
感想(245件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

図書館奇譚

図書館奇譚

著者 村上春樹

読書2

羊男はここから脱出できるのか? 図書館の地下に囚われる不条理を描く名作とカット・メンシックのダークなイラストが響きあう。

村上春樹氏が創る世界、不思議な世界、現実では体験することできない世界、これを小説の中では体験することができる。

今回は図書館での話である。

本に関わることを物語とするのは村上さんとして本を何か広めたいのではないであろうか、いやむしろそういう思いであって欲しいと私は思う。

難しい事に、知識を得ることができたらその知識を食べてしまう。

それを、われわれはどのように受け止めれば良いのであろうか?

そのような疑問が生じてしまう。

しかし、言い換えれば知識を得る事は大切なことである。

と、言うことである。

私たちは人間である限り知識を得て、その知識を活かしながら生きていかなければならない。

いやむしろ文明を発達させなければならない。

いやむしろ進んだ文明を見てみたい。

進んだ文明を見るためにも、一人一人の人間が知恵を出し合い、新しいイノベーションを求める。

そしてそこに投資をするのである。

投資をしなければ物事は発展しない。

だから投資をする、新しいイノベーションに対してである。

いろんな言葉に対していろいろな人がいろいろな意見を持っている、いろいろな小説に対していろいろな人がいろいろな意見を持っている。

その意見をお互い出し合って、より良い考え方に出会えることができたら、それは新しいイノベーションを生む可能性が出てくるというものである。

この図書館奇譚は、知識を得た脳みそを食べるという話。



図書館奇譚

新品価格
¥1,944から
(2016/2/28 20:30時点)




【送料無料】 図書館奇譚 / 村上春樹 ムラカミハルキ 【単行本】

価格:1,944円
(2016/2/28 20:33時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
著者 村上春樹
読書2
多崎つくる鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。
何の理由も告げられずに――。
死の淵を一時さ迷い、漂うように生きてきたつくるは、新しい年上の恋人・沙羅に促され、あの時なにが起きたのか探り始めるのだった。
全米第一位にも輝いたベストセラー!
村上春樹氏の新作が文庫本で発売。
これは、読書という体感を通じての読書感想である。
色彩を持たないとは、どんな意味なのか疑問に思っていたが、わりかし序盤にその理由が判明する。
色が入ってないということである。
(賢い方は、色が入ってないという事でなんなのかわかるであろう)。
この小説は時代を行き来する。
20歳の頃の自分、そして30代を生きる自分。
一歩踏み出すから怖い思いをする。
一歩踏み出さないからモヤモヤ感が払拭できない。
その一歩を踏み出すことをこれからできるであろう新しい彼女が背中を押してくれた。
逃げていた自分、逃げていた過去に立ち向かおう。
新しい人生を歩むために。
主人公の多崎つくると共感できるような体験をした人たちがこの世の中に何人いるのであろうか?
現実と夢の中を行き来しているこの小説のうまい描き方はさすが村上春樹氏だと思う。
今自分は現実なのか、今自分は夢の中なのか?
読んでいるこちらさえ時々わからなくなってしまう。
それはなぜか、小説にどっぷりつかっているからである。
読書をしながら私は思う。
今の私は人恋しいのであろうか?
なぜならこの本はそのような本であるからである。
でも内容わかって買ってるならまだしも、内容わからず買ってるからそういうわけではない。
この本と巡り会ったのは何かと言われると、やはり村上春樹氏の世界に興味があったからである。
誰かを守るために誰かを切り捨てなければならない。
真実が明かされたときの友情と感じる人もいれば愛情と感じる人もいれば、罪だと感じる人もいる。
村上春樹氏の小説は客観的に見る人物が多い。
よって客観的な発言をされる。
これは村上春樹氏が客観的な人間になってほしいという思いなのだろうか?
むしろ村上春樹氏自身が客観的な人間なのだろうか?
この小説を読んでいると、人生とはいろいろな物語があると言う感じを受ける。
つまり、自分の人生外の疑似体験ができるということである。
人間にはそれぞれの色がある。
いろいろな考え方がありいろいろな生き方がある。
それをこの小説通じて感じ取ることができれば、世の中もっと住みやすい国なるかもしれない。
村上春樹氏の小説は人々に寛容な心を持つことを教えることができる教科書となるかもしれない。
そして謎の部分後謎のまま残すと言うのも村上春樹氏の特有の技術であるのか?
できればスッキリして終わって欲しかったが、最後にモヤモヤ感を残して終わる、だからこそまた村上春樹氏の小説読みたくなるのかもしれない。
そして私はまためぐり逢うであろう、村上春樹氏の小説に。









色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)


新品価格
¥788から
(2015/12/28 20:19時点)












色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [ 村上春樹 ]


価格:788円
(2015/12/28 20:21時点)
感想(4件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本