FC2ブログ

風の如く 水の如くの読書と足跡 安部龍太郎 読書感想 

読書2

風の如く 水の如く

著者 安部龍太郎

関ヶ原合戦が終わった。天下分け目の大戦に勝利した東軍徳川方では恩賞問題に苦悩していた。黒田如水(官兵衛)に謀反の疑いあり!そんな訴えがあり、徳川家康は本多正純に真偽の究明を命じた。如水と石田三成との間に密約は存在したのか。東西決戦の絵図をひいたのは何者なのか。黒田如水・長政ら父子の情をからめ、関ヶ原合戦に秘められた謎の方程式を、鮮やかに解き明かした傑作長編。

別の視線からみる新たな歴史。

語られない歴史に人は魅力される。

表と裏

正義と悪

想像と破壊

自然の摂理である。

貴方にはどう響くか?

どう行動するか?

黒田家を題材にした渾身の一冊。

やはり絡んでくる宗教。

今、黒田官兵衛が取り上げられるということは・・・・

日本国内で黒田官兵衛的立場の人が存在するということなのだろうか?

深く読みすぎては、後に戻れないことになりそうだからこの辺でやめとこう。



風の如く 水の如く (集英社文庫)

新品価格
¥756から
(2015/5/18 20:06時点)



風の如く水の如く

価格:756円
(2015/5/18 20:08時点)
感想(0件)







にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本