FC2ブログ

歩くスピードを上げると、頭の回転は速くなる。著者 中谷彰宏

歩くスピードを上げると、頭の回転は速くなる。
著者 中谷彰宏

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
歩くスピード上げると、頭の回転が速くなる、歩くスピード上げるだけで頭の回転が速くなるのと言うふうに受け止めてしまいます。
これはビジネスをする上でとても大切なこと、とても興味深いことであります。
普段の仕事普段のビジネス、および不動産投資をしている私にとっては頭の回転が速くなることで自分の時間を作ることができるようになりとても助かります。
ただこの本を読んで歩くスピード上げると頭の回転が速くなる理由はよくわかりません。
しかし、ホワイトハウスを含めできる方々は歩くスピードが速い歩きながら話をしていると言うことがわかりました。
つまり体を動かすことによって脳の筋肉が動くのではないでしょうかと思います。
そのためには何が必要なのか、仕事の量増やして生産を上げることが大切なことです。
そうすればするほど頭の回転が速くなります。
仕事をこなさなければならないからです。
さらにもっと仕事が速い人に出会うことが大切です。
その人からいかに学んで自分自身がどれだけ遅いかを気づかなければなりません。
例えばラジオなどは入れになります。
なぜなら無音の時間を作ってはならないからです。
話ながら考えなければなりません。
だからラジオ聞くことも1つ面白いことだと思います。
そしてアイディアを出すことが大切です。
いいアイディアが悪いアイディアか、くだらないアイディアかは関係ありません。
大切な事はアイディアを出す、アイディアを出し続けると言うことです。
そこで馬鹿にされることを恐れてはいけません。
全てを早くこなすために、脳が速く回転するために倍速でテレビや映画を見ることも1つのオススメです。
倍速で見ることにより脳はついていこうとします。
そこで脳の筋力が鍛えられるのです。
ネットで文字を書くことがあります。
ネットで書くスピードが脳の回転のスピードだと言えることもあるでしょう。
体を動かすことによって脳に血液が送られます。
体動かすと回転が速くなるのです。
だからこそ体動かそうと言うことなのです。
という事は歩くスピードあげようと言うことにもつながっていきます。
それは誰の為でもなく他人のためでもありません、あくまでも自分のためにやるかやらないかです。
自分自身の成長、自分自身への投資が1番費用対効果が高いでしょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

すぐに言葉を切り返せない。想定外に弱い。いつもチャンスを取り逃がす――こんな悩みを抱えているあなたへ。
小さなトレーニングすれば頭の回転は速くなる!
思考・行動・決断が倍速になる“スピード筋"の鍛え方を徹底伝授。

歩くスピードを上げると、頭の回転は速くなる。 グズグズから抜け出す63の具体例

新品価格
¥1,512から
(2018/4/17 23:01時点)




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

察する人、間の悪い人。 著者 中谷彰宏

察する人、間の悪い人。
著者 中谷彰宏

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
本当の意味がわかる人が愛される、胸に突き刺さる言葉です。
ビジネスにおいて察する事は非常に大切なことです。
不動産投資においても察することが非常に大切なことです。
察することができる人は、失敗の体験の多い人が察することができるのです。
だからこそ今の時点での失敗将来の察する人になるための成功の架け橋となるのです。
相手が知っていることよりなぜそうしているかを考える必要があります。
自分の立場でしか発言しないのではなく、相手の立場になって発言することを考えなければなりません。
そうすることによって顧客満足度を掴むことができるのです。
相手が今、急いでることに気づく必要があります。
相手のことを考えて話をしているのか、自分の都合だけで話をしているのかで相手に対する不快感が生まれてくるのです。
忙しくても忙しいからと断ることができないものです、それが社会と言うものです。
大人の社会ではいちいちルールを教えてくれません。
だから察する力が必要なのです。
察する事は超能力ではなく、見る訓練で鍛えることができるのです。
相手の目的を見抜く力が必要なのです。
それが察する力をつけると言うことです。
察する事が出来ない人は邪魔をしていることに気づいていません。
間の悪い人は、言葉を聞きます、察する人は気持ちを聞きます。
相手のこの後の行動を考えながら、投稿しなければなりません。
相手の荷物が少ないのは荷物を持つのが嫌いだからと言うことをさしなければなりません。
そういう状況なのに、お土産を持たせようと言う事ばかり気にしてる人が世の中にはいると言うことです。
果たしてお土産を渡すことだけが大切なことなのかを考えなければなりません。
察することができない人は、自分が迷惑をかけていることに気づいていないのです。
相手は本音を言わないのです、本音で言うのは大人ではなく、本気で言うだけなのです。
だからこそ相手のことを考えて、相手の立場になって話をしなければなりません。
お客様に上司がお茶を入れたらこれは部下の君がある仕事だよと言う意味なのです。
上司の行動を見て学ばなければなりません。
君の責任じゃないよと言う言葉は、君は半人前だと言う意味なのです。
しっかり読み取らなければなりません。
誰に喜んでもらえるかを考えなければなりません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

容紹介
◆「本当の意味」がわかる人が愛される◆

****************************
間の悪い人は、言葉を聞く。
察する人は、気持ちを受け取る。
****************************

◎「品がないね」と言ってくれる人はいない。
◎察しない人は、大目に見てもらっていることに気づかない。
◎察しない人は、邪魔をしていることに気づかない。
◎察するは、超能力ではない。見る訓練で鍛えられる。
◎いっぱいいっぱいの相手に、それ以上言わない。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

察する人、間の悪い人。/「本当の意味」がわかる人が愛される

新品価格
¥1,403から
(2018/3/24 19:44時点)


なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

なぜランチタイムに本を読む人は成功するのか。

著者 中谷彰宏

読書2


読みたいと思って本を買うのに、1ページも開かずに積ん読(つんどく)ばかり。最近読んだ本を聞かれても、答えられなくて恥ずかしい思いをした。本を読みたいけれど、読む時間なんてどこにある?どんな本を選べばいいかわからない…こんな悩みをお持ちのかたへ。
自身のホームページの「中谷彰宏の読書日記」というコーナーに、一日平均5~6冊のタイトルをアップし続け「本を読む人の格差が知性の格差になり、結果、収入の格差につながる」と断言する著者が、思わず本を読みたくなる「読書法」を伝授します。
本を読む人のグループに入ろう●読むのに時間をかけすぎない●ランチに本を持っていこう●面白い人が勧める本は、即、買おう●最後まで読む前に行動しよう●学歴は本で逆転しよう●姿勢がよくなる本を読もう●みんなと違うところに線を引こう●スマホをチェックするように本を読もう…etc.
新しい価値観に出会い、元気になる読書のすすめ。

今日は一段と寒い中、私は暖房の効いた図書館で本を読もうとする。

図書館だけど、図書館に置いてある本ではない。

本屋さんで購入した本を図書館で読む。

周りは不思議そうな目で見ているが、寒いから図書館に来てるだけである。

そして今回この本を読もうとしているのは、本を読むと言う素晴らしさに出会うため、いや再確認するためである。

なぜ本を読む人が成功するのか、その答えは本を読む人本を読む人のそばにいたがある、おきたがあるからである。

要するに読書と言うことを好む人間が周りに集まるということである。

読書をする人間は知識の習得する心持ちが大きい。

向上心があるのかもしれないし、探究心が大きいのかもしれない。

だから言葉を読み、言葉に触れ、言葉と出会いを求める。

読書することで人間は大きくなれる。

ランチタイムに読書するのはなぜか、それは決まった生活、決まった読書時間送れるからである。

本をたくさん読んで知性的な人間になりたい。

たくさんの言葉、たくさんの文字に出会えば、より色々な事を経験できる。

人は皆人生1度きり、その1度きりの人生をどのように生きていくのか、それは読者で決まる。

ご年配の方々は図書館に足を運んでくる。

寒さ対策もあるのであろう。

その中で本読んでいる方々がたくさんいる、ボケ防止にもなるのであろう。

このようにたくさんの人々が本を読むような人間になってほしい。

そしたら日本はより良い豊かな国となるのであると思われる。

私はそんなより豊かな国で過ごしたい。

だからこそ自分自身も本を読むし、皆さんにも本を読んでもらいたいと思う。

本と言うものにお金を使わなければ本と言うものは成長しない。

図書館は独特のふいんきを醸し出し居心地の良い所である。

さぁ図書館に行こう。

あなたの街の図書館はどんなところですか?


なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

新品価格
¥1,404から
(2016/1/27 22:25時点)




なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。 [ 中谷彰宏 ]

価格:1,404円
(2016/1/27 22:26時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

ホテルで朝食を食べる人はうまくいく。

ホテルで朝食を食べる人はうまくいく。
一流の大人のホテル道
著者 中谷彰宏
読書2
世界中のホテルを泊まり歩き、ホテルに精通した著者が教える、ホテル活用術。
【つきあう人は、ホテルで決まる。】
その人がうまくいくかどうかは、つき合う人によって決まります。
今までうまくいかなかったことを、うまくいくようにしたければ、つき合う人を変えればいいのです。
「自分は将来こういう人になりたい」と思ったら、そういう人が泊まるホテルに泊まります。
それは今の予算で決めることではありません。
予算を考えると、ビジネスホテルになります。
差額分を自分で払ってでも、いいところに泊まっていると、だんだんそういうところに泊まれる年収になっていきます。
「いつか年収が増えたら高いホテルに泊まろう」と言っていると、永遠に泊まれないのです。
【「高級フレンチ+ラブホテル」の人より、「ラーメン+高級ホテル」の人がモテる。】
ホテルでうまくいく人と、うまくいかない人とは、予算配分の仕方で分かれます。
うまくいかない人は、デートで高級フレンチに行って、2人で5万円使います。
デートの総予算には限りがあります。
食事にお金をかけすぎると、そのあとのホテル代が出なくなるのです。
せっかくいい流れになっているのに、タクシーの中で「運転手さん、ラブホテルにお願いします」と言ってしまいます。
その瞬間、女性に「帰る」と言われます。
そこで一気にテンションが下がるのです。
うまくいく人は、最初はラーメン屋さんに行きます。
女性には「なんでラーメンなの」と思われます。
そのあとに、残りの予算で高級ホテルに行くのです。
総予算は、まったく同じです。
「レストランにお金をかけてラブホテルになる人」と「食事代を抑えてホテルにお金をかける人」とでは、後者のほうが圧倒的にうまくいくのです。
【部屋を変えてほしい時は、カバンを持って、フロントに行く。】
満室でなければ、ホテルの部屋を変えてもらうことは可能です。
ただ、頼み方にコツがあります。
電話をかけるより、フロントに直接頼みに行きます。
その時、カバンを持って行くと、さらに効果的です。
部屋のアサインメントは、フロントマン個人の自由裁量です。
フロントマンの心づもりひとつ、指先ひとつで決まります。
カバンを持って行くことで、「本気なんだな。ウッカリすると、よそのホテルに移られる可能性もあるな」と思われます。
本気度をホテルマンに伝えることが大切なのです。
金額以上に得するホテルの利用法、恋愛がうまくいくホテルの使い方、そして、仕事で成功を収める人のホテル術などを教えます。
外は真っ白の世界。
空は青、雲は白、道は白、山も白、見渡すかぎり白い世界で作られている。
これは雪と言う自然現象が作り出した幻想的な世界である。
見ている分ではすごく気持ちがよくきれいな景色だが、車を走らせると不便なことばかりである。
慣れている方はスタッドレスを履いているから問題ないが、不慣れな方スタッドレスを履いてないため至るところで車が止まっている。
そのことにより車の渋滞が起きている。
やはり人間が作るものは自然には勝てないと言うことであろう。
その中私は車を走らせている、今回は雪の世界の中、車を止めて車の中で読書をしている。
ホテルのサービスは高い、コーヒーなどもすごく高い、しかしそこには理由がある。
一流の空間が作られているという理由である。
一流の空間を体験してそこに似合う人手になければならない。
そしてホテルマンにに好かれる人間にならなければならない。
ホテルはホームであるため、自分次第では居心地の良い場所にもなるし、自分次第では居心地の悪い場所にもなる。
たくさんのホテルを泊まるよりかはお気に入りの1つのホテルに泊まって顔なじみなることの方が、後々自分にとってプラスになるということをこの著者は言われている。
いろいろ多方面に手を広げるよりはやはり1つのことにこだわりを持って、深く追求していくほうがより良いのであろう。
これはホテルに限らず全てのことに関してかもしれないという思いを私が抱いてしまった。
ホテルは敷居が高い、これがいいのだ。
選ばれた人間だけが足を運べる場所、それがHotel。
選ばれた人間を見て、選ばれる人間になる事が大切である。
その為には選ばれる人間が、どんな所でどんな事を知る必要がある。
それがhotelに足を運ぶ理由。
色々な成功者が集まる場所、ホテルは価格だけで選ぶべきではない、自分がどうなりたいかで選ぶべきだとこの本を読んで思った。
新しい価値観、感覚を与えてくれたこの本に感謝。








ホテルで朝食を食べる人は、うまくいく。


新品価格
¥1,404から
(2016/1/21 22:40時点)












ホテルで朝食を食べる人は、うまくいく。 [ 中谷彰宏 ]


価格:1,404円
(2016/1/21 22:41時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

ファーストクラスに乗る人のお金2

ファーストクラスに乗る人のお金2

人生のステージが上がる61の工夫

著者 中谷彰宏

読書2


大好評『ファーストクラスに乗る人』シリーズの中でも、とくにロングセラーとなっている『ファーストクラスに乗る人のお金』が第2弾となって登場! 前作からさらに進化した、中谷彰宏流のお金論。人生のステージを上げるための、お金に対する考え方・工夫がつまった1冊です。【この本は3人のために書かれました】勉強してるけど、なかなか稼ぎにつながらなくて、焦っている人。貯金しようか、使おうか、迷っている人。もっと稼げるようになりたい人。お金に対する迷い・不安・焦りは多くの人が抱えているもの。本書にはそんな悩みを解決し、人生のステージを上げる工夫が満載! お金に悩むすべての人、必読です!

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

ファーストクラス」に乗りたいと言う気持ちを持ちつつも、現実に阻まれる今日このごろ。

この本はこの3人のために書かれた本である。

勉強しているけれど、なかなか稼ぎにつながらなくて、焦っている人。

貯金しようか、使おうか、迷っている人。

もっと稼げるようになりたい人。

ファーストクラス」代を最初に本にまわす人が乗り続けることができるものである。

出会いにお金を使うより勉強代にお金を使おう。

稼げない人は定休と比べ、稼げる人は生涯所得と比較して考えるものである。

高いかどうかは、生涯所得と比較して考えるものである。

もらえるものだったら高い方と言う人は、お金持ちにはなれない。

値段より自分にとっての価値で決めるべきである。

金運があるかどうかは、勉強代が安いと感じるかどうかである。

見えない原価に気づくべきである。

違いがわかると、お金が入る。

「お値打ちの違いに」気づくべきである。

それが「ファーストクラス」に近づくことである。

無料が好きな人は金運が下がる。

無料に飛びつかない事は大切なことである。

それが「ファーストクラス」に近づくことである。

むやみに会員証作るべきではない、それは知らないうちに個人情報を打っているからである。

明日までにの依頼を受ける人が稼ぐものである。

明日までの仕事をどんどん受けて成長しよう。

仕事量=収入ではない、頑張っている事に酔わない事は大切である。

それが「ファーストクラス」になる秘訣である。

お金をもらうよりも、仕事をもらう人が最終的にはお金が入ってくるものである。

お金より仕事をもらうことを心がけよう、「ファーストクラス」になるために。

やりたくない仕事で佐賀つくものである、みんながやりたくない仕事を本気でやることが大切である。

それも「ファーストクラス」になるためである。

うまくいったときにハシャガないことが大切である。

やってみようとやってみたの差は大きいものである。

商売とは、相手の財布にお金を入れるゲームである、自分の財布に入れたらそれはオウンゴールであり、それが「ファーストクラス」の考え方である。

借金をしてでも仲間の利益を優先すべきである。

自立とは自分が食べていけるだけでは足りない、大切な人を守れるのが自立である。

次がなければ負けの覚悟を持とう。

自分の要素の多いものを投資と言うべきである。

ファーストクラスを夢見て、皆様に感謝し、明日も笑顔で頑張ろう。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?







にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

ファーストクラスに乗る人のお金

ファーストクラスに乗る人の人間関係

なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

ホテルで朝食を食べる人はうまくいく。

ファーストクラスに乗る人のお金 自分の器が大きくなる61の方法

ファーストクラスに乗る人のお金

自分の器が大きくなる61の方法

著者 中谷彰宏

読書2


大好評『ファーストクラスに乗る人のノート』に続く書き下ろし!

学ぶべきは、“お金の稼ぎ方ではなく、お金とのつき合い方を覚える"こと!

一流の人たちが実践している習慣とは?
大切なのは、お金持ちになる前に、「お金が入る器」をつくることだった。

相手への心遣い、向学心、努力…。
お金持ちの基礎体力をマネて、自分の器を大きくしよう!

◆この本は、3人のために書かれました。
(1)勉強はしたいけど、勉強代がないのでできないと言っている人。
(2)どうしたら稼げるようになるかを、考えている人。
(3)自分も家族にも、お金持ちになる人の習慣を身につけたい人。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

ファーストクラス』に乗りたいと思っていてもなかなか実現ができない、今日この頃。

そんな思いを抱えながらこの本と出会う。

最初に飛び込んだ言葉がこれである。

勉強代ができる前に、勉強する人がお金持ちになる、それが「ファーストクラス」になる秘訣である。

著者の『中谷彰宏』氏は、この本を、この3人のために書いたらしい。

1、勉強はしたいけど、勉強代がないのでできないと言っている人。

2、どうしたら稼げるようになる日を、考えてる人

3、自分も家族にも、お金持ちになる人の習慣を身につけたい人

ファーストクラス」になるにはお金の稼ぎ方の前にお金との付き合い方を覚える必要がある。

まずはお金が入る器を作らなければならない。

お祝い金は、当日より前払いにする。

トイレを借りたら、何かを買う。

寂しさを買い物で埋めていることに気づく。

ファーストクラス」は目に見えないものにお金を使う。

今がお得に惑わされない。

値切らないで愛されよう。

値引きより、プラスアルファを求めよう。

値引きで信用を落としていることに気づく。

価格は天秤にかけない。

財布が小銭で膨らんでいる人はお金持ちになれない。

着ている服装で収入が決まる。

財布に入ってるカードを把握しよう。

三軍のカード処分しよう。

しなくていいことをやめよう。

落とし物を拾ったら、すぐに連絡してあげよう。

見返りは未来に来るとワクワクしよう。

募金箱へのお金の入れ方に気をつけよう。

お金持ちの基礎体力を真似しよう。

値段を基準に考えない。

値段が気にならない好きなものを持とう。

思い出のあるものを持とう。

見せるためにものを持たない。

お金持ち歴の長い人と付き合う。

お金を体験に変えよう。

人生にお金をかけよう。

お金を借りるよりお金の器を教わろう。

アンケートを丁寧に書こう。

儲からない仕事でノウハウを貯めよう。

会社のお金を大切にしよう。

成功した人の成功する前から知っていることを学ぼう。

+ 1円の本を取ろう。

損切りできてよかったと考えよう。

信頼、知恵、体験を蓄えよう。

傘を持っていくかを自分で判断しよう。

人の話を素直に聞く。

親からお金のことを学ぼう。

受け取りやすいように渡す。

相手に儲けさせよう。

お金の話に罪悪感を持たない。

あげるより、貸してあげよう。

金運を共有しよう。

勉強代がない間に勉強しよう。

自腹で勉強しよう。

お金ではなく体験で貯金しよう。

貯金は先延ばしであることに気づく。

ナマの体験を増やそう。

あらゆる出費を授業料と考えよう。

ぼったくりから学ぶ。

世の中にはたくさん学ぶことがある。

そして学ぶ事も、皆さんに応援して頂いているおかげである。

だから、感謝感謝。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

ファーストクラスに乗る人の人間関係
感情をコントロールする57の工夫


なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

ホテルで朝食を食べる人はうまくいく。

ファーストクラスに乗る人の人間関係 感情をコントロールする57の工夫

ファーストクラスに乗る人の人間関係
感情をコントロールする57の工夫

著者 中谷彰宏

読書2


大好評『ファーストクラスに乗る人』シリーズ第8弾。
今作のテーマは「人間関係」。

◆この本は3人のために書かれました。
1、友達は増えたけど、わずらわしい人。
2、友達が減ると、さびしい人。
3、悪口を言いふらされて、へこんだ人。

人間関係で悩み、心を振りまわされてしまっているすべての人へ。
感情をコントロールする工夫がつまった1冊。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

厳しい世の中だ、だからこそ人間関係を大切である。

仲間を増やすよりストレスのない関係を作ろう、これが大切である。

一嫌いで今は好き、それが1番長く秘訣である。

職場の人間関係は上下関係ではなく役割分担と考える必要がある。

最初と最後は礼儀正しく、真ん中は図々しくいくもんである。

ネガティブなことを言う人も必要である。

ネガティブシンキングには、感謝して対応策を考えよう。

相手の年齢を1の位で見ると優しくなれるもんである。

嫌な人は嫌な役を演じているだけである。

映画で嫌なやつはパートツーでは大抵いい人になるもんである。

友達が少ない=孤独ではないことを知るべきである。

価値観を持つと友達が少なくなって当たり前である寝る息が違うのではなく価値観が違うのである。

反対されることで友達がいないことではない。

ママ友=仲良しではない、状況が一人一人違うものである。

仲良しは理解してるわけではない。

壊れないで居られたのは受け止めてくれる人が1人いたから、受け止めてくれる人が1人いるだけで十分である。

怒りを悔しさに変えて工夫に変える、これで人は成長するのである。

工夫を始めた瞬間に怒りは消えるものである。

悲しいではなく悲しい役を演じていると思えばよい。

みんなが起こっているのみんなは存在しないものである。

怒りは続かない、間を開ければ良いものである。

良い事しか見ないと言うのは自己肯定感ではないものである。

全部自分のせいにしないことも大切である。

怒る側は送られる側よりストレスが溜まるものである。

裏切られたが自己肯定感を下げるものである。

不幸な人が幸福な人をいじめるものである。

悪口を言う人は褒める人の10倍いるものである。

誰も悪いとは言ってませんよと思うべきである。

あなたより上の人はあなたの悪口を言わないものである。

悪口を言った人は軽い気持ちで行っているものである。

騙された場合、100パーセント求めているから生じるのである。

何があっても傷つかないのがプライドであり傷つくのは見栄である。

進捗状況をこまめに報告することで振り回されなくなるものである。

自分の8割はお客様にまだ2割である。

メールの返事が遅くても相手が困ってるわけではないものである。

来てもらうのに理由がありこないことに理由はないものである。

相手は自分のために生きてるの気づかないのである。

仕事に没頭できる人は人間関係の悩みが半分になる。

縁が1つだけだと苦しくなるものである。

許すことで絆が生まれるものである。

共通の敵による結びつきは長続きしないものである。

軸がある人と自己中の違いは相手を認めるかどうかである。

苦手なところを見せると楽になるものである。

好きになれないのではない、好きなところ探していないだけである。

噂より生を信じるから自分の噂を気にしないものである。

世間の印象通り来なくて良いものである。

疑うのは騙されるより疲れるものである。

相手を責めても解決しない、脅迫されてもそいつは何もない。

嫌われ役になるいる人が愛される。

嫉妬が最高の他者承認だ、嫉妬されないのが1番寂しい。

他者承認を求めると出会い系サイトにはまる。

嫌われても憎まれない、嫌われることを避けると憎まれる。

今だから言うけどと言う人は信用されない。

失敗で好感度が上がるものである。

嫌われるのは好きで甘えたいのに甘えさせないからである。

100人が1人に嫌われても99に残っている、99人に嫌われたら1人に愛されるものである。

寂しいから煩わしいに捕まる、好きなことがあると寂しいはなくなるものである。

つまり好きなことに没頭しようと言うことである。

人にはいろいろな考え方がありいろいろな価値観がある。

誰もがする価値観を認めなければならない。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村






なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

ホテルで朝食を食べる人はうまくいく。

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本