FC2ブログ

こちら警視庁美術犯罪捜査班

こちら警視庁美術犯罪捜査班

著者 門井慶喜

読書2


新米刑事の三田村豪気が配属されたのは、警視庁捜査二課美術犯罪捜査班。そこは、美術品犯罪に対応する警視庁唯一の部署。やる気と体力は人一倍だが、美術にはとんと疎い三田村は、抜群の鑑定眼をもつ美貌の上司・岸すみれの薫陶のもと、にわか仕込みの知識を駆使して、狡猾な詐欺的ビジネスを続ける美術品販売会社の犯罪を暴こうとするが…。美術ミステリーの新境地!

私は今、新幹線で出かけている。

安定した揺れの中、読書の時間を頂いてる事に感謝している。

そんな感謝の中、美術に関する知識を頂きながら、物語に入っていく。

独身男とバツイチ子持ちの女性の恋物語も気になるが、まずは美術に関する知識の謎解きに没頭していく。

独身男がいい所見せようと頑張って努力をするが、結果は悪い方向に出るというところが年下の男らしくてとても可愛い話である。

私は正直美術には興味はないが、美術が好きな方ならそれなりの知識を得ることができるのではないかと思われる。

美術と言うのは価値であり、価値というのは人それぞれである。

そのため詐欺と言う事件が起きやすいのではないかと思われるが、実際はどうなんだろうかと思う。

この小説を通してこういう世界もあるのだなと思えた。

いわゆる疑似体験である。

なんとなくがんばれーと応援したくなるような、ちょっととろい男ではあるが愛嬌あって良いのではないか。

こちらの恋愛話も興味はあるが、さぁどうなることやら。

そんなことを考えながら私は新幹線の中で読書にふけっている。

前の座席ではカップルがイチャイチャと楽しそうなふいんきを醸し出している。

微笑ましいとはまるでこのことである。

そんなカップルを尻目に私は読書を続けている。

美術が悪なのではない、美術に値段をつけることが悪なのだ。

美術のことが、芸術のことがわからない人間でも心に響く言葉であった。

私も含め私たちの知らない世界がたくさんある。

その知らない世界をいかに知るという事ができるのは本の世界である。

だから私は読書をするのである。

そして読書を勧めるのである。

新幹線の中でコトコト揺れながら、今回の読書に満足しているし、感謝している。


こちら警視庁美術犯罪捜査班 (光文社文庫)

新品価格
¥670から
(2016/1/28 20:45時点)




こちら警視庁美術犯罪捜査班 光文社文庫 / 門井慶喜 【文庫】

価格:670円
(2016/1/28 20:47時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本