FC2ブログ

投資のまちがい 投資情報は迷信が9割

投資のまちがい 投資情報は迷信が9割

著者 ジョン太郎

読書2


投資情報は迷信が9割!
外資系金融のプロは知っている、『信じてはいけない』投資論
有名な金融評論家やアナリストがテレビや著作物などで唱えている定番の投資セオリーですが実はこれらは間違いだらけということをご存じの方は少ないでしょう。
本書は、現在外資系金融専門家として活躍する著者が投機的な情報も含む投資の常識やセオリーで間違っているものを経済や統計の知識も織り交ぜつつ、歯切れよく解説したものです。人気のREITや、定番のインデックス投信などにまつわる間違いから、保険や不動産投資に関するカンチガイまで、プロならではの着眼点できめ細かく解説する一冊です!!

●全部間違っています!!(以下目次より一部抜粋)
×インデックスファンドが「最強」である
×IPOは儲かる
×新興国の債券は危ない
×元本保証はありがたい
×教育資金を貯めるには学資保険がやはりオススメだ
×日本政府が利上げする
×REITは金利上昇に強い商品である
・・・などなど目からウロコの情報が満載!!

世の中には誤解が生まれている。

誤解は訂正しないと、大変な目にあう。

人間社会は誤解で成り立っていると言っても過言ではない。

投資もそうだ。

誤解で成り立っている。

投資は損をする、元本保証しか投資をしないなどである。

そんなはずはない。世の中に絶対は存在しない。

そんな思いの中、この本と私は巡り会った。

これも何かの縁である。

この本を持って私は珈琲を飲みながら読書をしようと思う。

どこで?

スタバことスターバックスである。

またかよ(笑)。

読書に最適な環境を与えてくれるスターバックス殿に感謝。

間違った知識で間違った認識による誤解が生じている。

1つだけ間違いなく言える事は、政府がインフレを行おうとしている2%であるが、よって預貯金してる人間は紙幣価値が下がるために損をする。

2%のインフレが起こる以上は2%以上稼がなければならない。

そのための行動をどのようにいかにやっていくかが大切である。

他人が何をしているかではなく自分がいかに稼ぐかが大切である。

よって自分自身いろいろ経験をして自分に何があっているかを探して必要がある。

自分のやり方にたどり着いて、いかに笑顔の多い日々を送れるような人生を追求するか、大変な時代になってきたもんだ。

やり方さえ間違えなければ何をやっても勝てる、やり方を間違えれば何をやっても勝てない。

これは投資だけではなく人生においても同じことである。

1つだけ間違いがないと言われてるのは読書をすることである。


投資のまちがい [ ジョン太郎 ]

価格:1,490円
(2016/2/7 22:52時点)
感想(0件)




投資のまちがい

新品価格
¥1,490から
(2016/2/7 22:56時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本