FC2ブログ

『超』怖い話A

『超』怖い話A

著者 平山夢明

読書2


事実は小説より奇なり…とはよくいうが、げに現実より恐ろしいものはないのかもしれぬ。予想をあっさりと裏切られる心もとなさと衝撃。ここに集まった36篇にはそうした凄みと愉悦にも似た何かがある。まさに恐怖とは麻薬。91年に産声をあげ、20世紀の終焉とともに眠りについた伝説の実話怪談シリーズ“「超」怖い話”。オール新作にてここに復活。

だんだん気温が上がってきたこの時期であり暑いと叫びたくなる。

春の到来通り越して夏の到来かと思わせてくれる。

天気が良いことを非常に良いことである。

だけどそんな暑い中クールダウンしたい気持ちになるのが人間である。

じゃぁ何を持ってクールダウンするのか、怖い話である。

36本の物語が怖さを連れてくる。

ゾッとするこの感覚をどう表現すれば良いのか、悩む所。

しかし、本当は悩む必要がない、何故ならそれは読者自身がどう受け取るか、どう感じるかだから。

中にはピンとこない物語もある、中には寒気を感じる話もある。

でもこれは、読者がどう感じたかは読者自身の宝物になる。

それは怖い話だろうが、泣ける話だろうが、なんでもである。

それが本の醍醐味であり、本を読むという行動の醍醐味


「超」怖い話A (竹書房文庫)

中古価格
¥1から
(2016/4/17 17:09時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本