FC2ブログ

『短眠』は最強のビジネススキル できる人は超短眠!

『短眠』は最強のビジネススキル
できる人は超短眠!

著者 堀大輔

読書2


1日3時間以下睡眠、眠気・疲労なしで時間・お金・記憶力・集中力・モチベーション・健康が手に入る!

寝ないとむしろパフォーマンス・モチベーションもUP!
ショートスリーパーになる方法を記した日本、いや世界でも唯一の本
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
世の中には1日45分~3時間の睡眠時間で活動する“ショートスリーパー"と呼ばれる人たちがいます。
有名どころではダ・ヴィンチ、ナポレオン、エジソン、ビル・ゲイツ、日本人では明石家さんま氏やGACKT氏なども短眠として有名です。
彼らは眠気や疲れに悩まされるどころか、高い集中力・記憶力・モチベーション・健康をキープし、日々最高のパフォーマンスを発揮しています。
著者はもともと1日8時間は眠るロングスリーパーでしたが、25歳のときから6年間、1日平均45分以下睡眠の超ショートスリーパー。
短眠講師として600人以上の3時間以下睡眠のショートスリーパーを育てています。
ビジネスマンや受験生はもちろん、中には医師や著名な政治家、アスリート、小学2年生までおり、成功率は99%を誇ります。
そして、みなが短眠の恩恵を受け、自分たちの夢を叶えています。
一般の睡眠の常識から考えればありえないことですが、本書では睡眠の害悪、短眠によるメリットを紹介したうえで、
ショートスリーパーになる方法をあますところなく記しました。
人生に劇的な変革を起こす、日本、いや世界でも唯一の本です。


睡眠の常識はウソだらけ! 睡眠の【間違った常識】と【真実】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【常識】最適な睡眠時間は7時間 → 【真実】現代社会では7時間は眠りすぎ
【常識】短眠だと眠くて仕方ない → 【真実】眠気なしで集中力もやる気もUP
【常識】記憶は睡眠中に定着する → 【真実】寝ないほうが記憶力UP
【常識】風邪対策には睡眠が大切 → 【真実】病は睡眠中に進行する。睡眠で死亡率UP
【常識】睡眠が短いとウツになる → 【真実】短眠だと脳が活性化してウツになりにくい
【常識】長寿に睡眠は不可欠 → 【真実】寝ないほうが長生きできる
【常識】睡眠には美容効果がある → 【真実】睡眠はお肌の大敵
【常識】寝る子は育つ → 【真実】寝ない子は育つ

世の中がどんどん変わっていく、そのスピードが早くて早くてあっという間であるという気がする。

そんな現代社会において睡眠とは皆平等であるのか?

これまでの常識がほんとに常識なのかを疑ってしまう。

いちにち24時間しかない、だからこそ時間をいかに有効活用するのかが大切である。

その中で睡眠を、睡眠時間をいかに考えるべきか改めて考える。

電大社会において7時間睡眠は眠りすぎだと言う説が上がっている。

実際に1時間眠ってれば調子いいと言うが、それは本当に良いのであろうか?

いいと思い込んでいるのではないだろうかと思われる。

科学的に7時間睡眠がいいと言う結果が明確に出ているかどうかわからない。

世の中の常識を疑いということである。

確かに私たち日本人は言われたことを正直に受け取る習性ある。

本当に何がいいのかと言う理屈をわからず何かが、誰かが言ってたからいいということである。

これでは本当に良いとは限らない。

睡眠時間が足りないと睡眠不足になると言う話もあるが実際には、寝ている人間も眠いもんである。

という事は本当に睡眠時間が少ないから眠いのかと言う疑いが出てくる。

ただこの件に関して1番大切な事は、もっと時間を有効活用にしたいと言うことである。

眠ることだけが悪いわけではない。

眠ることが趣味であれば眠れば良い。

時間を有効活用にするためには睡眠時間に手をつけるしか現代社会は生きていく上で難しくなってきているのも事実である。

この本によると科学的に病気と言うのは眠ってる間に進行するというデータもあるらしい。

むしろ起きている方が体の調子を整え健康的であると言う。

さらに寝ないほうが長生きできると言うこともこの本では謳ってあるそれは興味を持って読まなければならない。

そんなこんな言っているが私自身は眠ることがとても好きである。

眠ている時も気持ちが良いし、起きている時も気持ちが良い。

それでも睡魔が襲ってくるのが人間というもんである。

だから食事前にコーヒーを飲むこと、カフェインを取る事により食後の睡魔を抑えると言う1つの方法論も存在する。

食後にコーヒーを飲むとちょっと遅い可能性がある。

食事をとって睡魔が襲ってくる前にカフェインにて対策をする。

これが1つの睡魔対策である。

1日1回はパワーナップをとる。

起床時間を固定する。

眠る前にストレッチをすることを習慣にする。

色々方法論はある。

何を選ぶ?



できる人は超短眠!

新品価格
¥1,512から
(2016/6/12 09:16時点)








にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

食べない人ほど仕事ができる! 著者 堀大輔

食べない人ほど仕事ができる!
著者 堀大輔


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
この題名気になります。
何故?
時間とスタイル維持が可能になるからです。
少食になることで、メタボが改善されることになります。
そして集中力が増して仕事や勉強がはかどることにもなります。
そして睡魔に襲われることも減り、短い睡眠時間でも高いパフォーマンスを発揮できるようになります。
だからこそ結果的に男性であれば細マッチョになり、女性であればより美しいスタイルを手に入れることができるようになるのです。
確かに言われている通りだと思います。
人はお腹がいっぱいになるから眠くなるのです。
お腹いっぱいにならなければ睡魔が襲ってくることがなくなるでしょう。
そして昔からこういう言葉が日本には存在します。
ハングリー精神を持て!ハングリー精神で欲しいものを手に入れると言うことです。
つまりお腹が空くからこそ集中力が増し、目標に向かって突き進むことができるのです。
動物等は冬に冬眠をするのです。
それはある意味空腹になる時間を作ってるのかもしれません。
ただ少食になったからと言って野菜ばかり食べても意味がないのです。
食物繊維には栄養は無いのです。
栄養を取らないために、食物繊維を先に取り食欲を抑えるのですだから野菜は体に良いと言われています。
よって食物繊維をとるのではなく、食欲自体を抑えて、肉や魚で栄養取ることが大切なことだと思います。
人間は食べる量が決まってます。
だからこそ、栄養のあるものばかりを食べる必要があるのです。
でないと、もったいないのです。
人間には限界があります、その限界に向かってどのような生活を過ごすのかが大切なことなのです。
だからこそ本当に必要なものだけを食べて、本当に必要なものだけを、栄養として吸収することにより無駄が省けるのと言うことです。
だからこそ少食を求められているのです。
少食になればなるほどより栄養にとって過敏になります。
だから本当に必要なものだけによく保湿のです。
不自然な色を体内に取り込ないことが大切なことなのです。
時代が変わろうとしています。
選択肢がたくさんある時代になってきているんです。
だからこそ選択する力が大切なのです。
その1つが食に対してのこだわりなのです。
どのような食事を選択して、どのような人生を送るのかを選択するかそれを決めるのはあなた次第なのです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

食べない人ほど仕事ができる!

新品価格
¥1,512から
(2017/10/28 18:06時点)




『できる人は超短眠』で賛否両論を巻き起こした男の次なるターゲットは食欲!


働き盛りは1日1食~週3食がちょうどいい
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
食欲に振り回されるのは、もう終わりにしませんか?
ダイエット、メタボ、生活習慣病、集中力の減退、食費……
すべて食欲が原因となる悩みですが、もし、この欲求を理性の支配下に恒久的に置けるとしたら……。
じつは、そんな方法があるんです。
しかも、修行じみた訓練を受ける必要はなく、誰でも無理なくできるステップを踏めばいいだけ。
1日の平均睡眠時間は45分以下、食事はほぼ週3食で過ごすなど(1日3食の日もあれば、週0食の日もある)、
人間の2大欲求を克服している著者は、本書の内容を実践して1日1食~週3食になることで、
次のようなメリットを享受できると語ります。

◎圧倒的に集中力が高まり、仕事や勉強がはかどる。
◎メタボの危険性が激減。
◎運動することで細マッチョになり、さらに空腹感がなくなる。
◎ダイエットの悩みが消える。
◎食べないことで若返り遺伝子が活発に。
◎1月2万5000円、年間で30万円の節約効果。
◎睡眠時間が圧縮され、自由な時間が生まれる。…etc.

食事の幸福とは「食べたいものを好きなだけ食べること」が唯一ではないはず。
本書では食に関するオルタナティブを提示していきます。
食事の幅が広げれば、それだけ人生における自由の幅が広がるでしょう。
「睡眠は短時間のほうが健康に良い」と提唱するくらい、
一般の方から見れば奇天烈な目線で睡眠を観察している
著者だからこそ表現できる食の世界があるのです。
断食・ファスティングを超える食の新理論をお楽しみください。


2008年から水も飲まない不食実践者であり、
本書の監修を務めた秋山佳胤弁護士との特別対談も収録!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本書の著者・堀大輔氏と監修を務めた秋山佳胤氏による、
互いの睡眠観・少食観をぶつけ合う異色の対談が実現。
軸足が異なる二人の意見はどこへ着地するのか――?
ファン必読です!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本