FC2ブログ

奇貨

奇貨

著者 松浦理英子

読書2


男友達もなく女との恋も知らない変わり者の中年男・本田をとらえたのは、レズビアンの親友・七島の女同士の恋と友情だった。女たちの世界を観察することに無上の喜びを見出す本田だが、やがて欲望は奇怪にねじれる。熱い魂の脈動を求めてやまない者たちの呻吟を全編に響かせつつ、男と女、女と女の交歓を繊細に描いた友愛小説。著者26歳の時に書かれた単行本未収録作品も併録。

人生とは難しい、意味不明で怒鳴る人がいる。

何故、怒鳴っているのかわからない。

周囲の人に確認。

何故?

周囲の回答。

意味不明、ほっときましょう。

でもそこに何か伝えたい事があるはず。

言葉にしないと、伝わらない。

だからこそ、説明を必要とする。

奇貨とは?

どんな意味?

珍しい物、利用すれば利益を生み出す。

そんな感じの意味。

この物語は読み始めは展開がよくわからないと感じた。

どうやらレズビアンの話かなと思いながらも、活字を追いかけている。

人にはそれぞれ色々な趣味があり嗜好がある。

だから他人の趣味や嗜好に関しては、何も言えないのである。

男と女の友情はあるのだろうか?

そしてそこに発生する盗聴と言う行為。

決して許されることのない行為である。

しかしなぜそう言った行為に出てしまったのか?

これが人間と言う心の葛藤である。

心と心がぶつかり合いこのような行動を引き起こす。

消しているされる事ない行為である。

人間の心理とは難しいものである。

そんな難しい人間の心理を、私たち人間は理解しながら、生きていかなければならない。

世の中には同性が好きの人間もいる。

それも1つの考え方である。

それを受け止めなければならない。

それができる人間とできない人間がある。

私は思う。

相手のことを思いやる人間が増えると、世の中もっと笑顔で溢れる社会になると思う。

そんな社会、そんな世の中を作り出したい。

しかし1人の人間の力では無理である。

だからこそ皆さんの力を借りて、笑顔のあふれる社会を作り上げていきたいもんだ。

そのためにも読書が必要である。

他人の意見を受け入れることとして、他人の意見を受け止める力をつける1つのツールとして。




奇貨 (新潮文庫)

新品価格
¥497から
(2016/7/23 23:27時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本