FC2ブログ

税金亡命

税金亡命

著者 佐藤弘幸

読書2


国税最強部門、「資料調査課」出身の著者が描く、
衝撃のリアルノベル。
知られざるタックスヘイブンの真実とは?

【本書の概要】
日本とアジア一のタックスヘイブン、香港を舞台にした脱税事件の物語。
脱税を取り締まる国税、脱税に手を染める富裕層、
脱税の手引きをする国税OB税理士。この三者の攻防戦が描かれる。

ハンドキャリーによるキャピタル・フライト、
金融システムを活用した脱税資金の出口戦略など、
オフショア利用者の「常識」が散りばめられている。
圧倒的な臨場感で描かれた、衝撃のストーリー

【プロローグ】 悪質な脱税者の数は、年々増加の一途をたどっており、その手口も複雑化している。
各国の税務当局から見て、それはまさに魑魅魍魎の地獄絵図である。
取り締まれば取り締まるほど、新たな脱税スキームが生み出される。
政府が法律で手を打とうとすると、また新たな抜け道が掘り抜かれる。

さらには、脱税スキームを入れ知恵する心ない税理士、そして国税OBも存在する。
成功報酬は脱税金額の一〇~二五%。その手法は年々巧妙化している。

質が悪いのは、脱税スキームが「租税回避スキーム」と耳触りの良い言葉で呼ばれていること。
そしてスキームを立案した専門家、プロモーターなどと呼ばれるが、
彼らは顧客に提案する際、「完全合法です」と言って売るものだから、悪質極まりない。

今日もまた、魑魅魍魎が新たなスキームを企てている。
アジア屈指のタックスヘイブン、香港。日本の脱税者の伏魔殿だ。
今、香港に一人の男が到着しようとしている。

世の中にはお金を増やすには2つの方法しかない。

1つ目はたくさん稼ぐことである。

そして2つ目は税金を払わないことである。

どっちかしかない。

どっちを選ぶかはその人次第である。

ただしたくさん稼ぐ方選ぶべきだと私は個人的には思う。

税金はやはり収めるべきである。

その納めた税金により治安が守られ今の日本が守られている。

そしてこの本は、国税局と脱税に逃げる犯人との戦いである。

ヘッジファンドや国税局などマネープロ達のやり取りがきめ細かく表している。

小説だからこそ物語が存在するが、その中に知識を得ることができる。

知識を得ることができる小説はいい小説だ。

ただし税金を納めないと言う知識はいかがなものかと思うが。

この小説は逆に税金逃れをしようとしてもできないということを言いたいのかもしれない。

だから税金を正しく収めましょうと言うのがこの小説の醍醐味かもしれない。

最後はまさかの展開になるが、税金を払わないものと税金を取ろうとするものの一進一退の攻防がスリリングがあり楽しく、ドキドキさせる展開である。

投資というかお金に対して興味がある方はいちど読んでみると面白いかもしれない。


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

税金亡命

新品価格
¥1,728から
(2016/8/11 19:05時点)


スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本