FC2ブログ

中原圭介の経済はこう動く〔2017年版〕

中原圭介の経済はこう動く〔2017年版〕

著者 中原圭介

読書2

昨年版で、FRBの利上げによる円安トレンドの終焉、日本株の低迷を見事に的中!
もっとも予測が当たる経済アナリストによる渾身の経済予測、最新版

【2017年版では以下のような予測を行っています】
1)米国経済の好調はいつまで続くのか
2)FRBの金融政策の行方は
3)米国の株高はこれからも続くのか
4)欧州経済はどうなるのか
5)欧州の最大のリスクとは何か
6)中国経済の減速はあと何年続くのか
7)中国経済の最大のリスクとは何か
8)アベノミクスの結果はどうなるのか
9)日銀の金融政策が日本に与える結果とは
10)これからの円相場はどうなるのか
11)日本の株価はどう動くのか

景気の悪さを実感する人は多いだろう、実際多くの人が不景気を感じている今(一部の人間は好景気だが)私達庶民は世界情勢を見なが動きを決めないといけない時期にきている。

決める上で大切な事は、情報である。

いかに情報を集めて、いかに判断するか、これに限る。

その情報集めの1つの手段、それが読書。

そして著者中原圭介氏である。

著者中原圭介氏はこれまでに数々の本をだしている。

大衆に認められ、出版業界に認められこの世にたくさんの本が存在する。

と、言うことは彼の情報を信じる人がたくさんいるのであろうと推測される。

激動の時代に突入するかもしれない、しかし、私達はその中で勝ち抜かなければならない。

アメリカはどうなる?

中国は?

EUは?

著者中原圭介氏はアベノミクスの失敗を語っている。

立場にもよるが、成功した人もいれば失敗した人もいる。

結局その立場によるのである。

著者中原圭介氏は円高株安になる可能性があると思っている。

円高は本当に悪いことなのであろうか?

円高によって実質賃金が上がると著者の中原圭介氏は言われている。

大切なのは日本国民が、幸せになれるかどうかである。
そのために必要なのはお金であり、いかに遠慮なくものを購入できるであろうか?

それが大切である。

そのためにどのような経済状況になるか、そしてどのような政治家を選ぶか、それが日本国民の使命である。

その使命を日本国民がどれだけ本気で取り組んでいるのかどうか、それが問われている。

アメリカのリスク、FRBが利上げするかどうかのリスク、中国のリスク、ヨーロッパのリスク、リスクはたくさんある。

だからこそ、どのような行動どのような価値観で取るかが大切である。

世界経済はどこに行くのかわからない。

恐ろしいこともあるであろう。

しかし幸せというのは人によって違う。

どこに幸せの価値観があるかが大切であるため、自分の幸せの価値観が何なのかをまず確認しなければならない。

お金はあることに越した事は無い。

以下に資産を稼ぐかどうか、これがこれからのポイントになるだろう。

資産がなければお金を増やすことができない時代に突入しようとしていることが何となく感じることができる。

私たちは新たな時代に突入しようとしている。

私たちは新たな時代で笑顔を求めなければならない。

著者の中原圭介氏の意見を参考にして、私もどちらに向かうかを考えよう。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村


中原圭介の経済はこう動く〔2017年版〕

新品価格
¥1,620から
(2016/11/4 18:29時点)




中原圭介の経済はこう動く

これから日本で起こること 

2025年の世界予測 

トップリーダーが学んでいる5年後の世界経済入門
スポンサーサイト

中原圭介の経済はこう動く

中原圭介経済はこう動く

著者 中原圭介

読書2


中国減速米国利上げ世界経済は遂に歴史的転換
◎2016年、大転換する世界経済/◎米国利上げ世界経済に何が起こるのか/◎チャイナ・ショックに怯える欧州経済/
◎中国経済の減速はこれから本格化する/◎円安トレンドが終わり、日本株は低迷する…etc.もっとも予測が当たると言われる
経済アナリストによる最新の経済予測。

むしろ私は、チャイナ・ショックにより暴落の憂き目にあった世界の株式市場よりも、米国の利上げによって世界の実体経済が大いに減速するのではないかと懸念しています。不謹慎な言い方をすれば、近年ほど世界的な金融緩和が行われたのは歴史上初めてであり、米国の利上げによってこれから何が起こるのか、壮大な経済実験が始まろうとしているとも思っています。(中略)米国の利上げによって、マネー経済の膨張と偏重という不均衡が修正に向かい、その影響が世界各国に連鎖波及していくことになるでしょう。まさに、実体経済と金融市場が大きな転換点を迎えることになるわけです。

これは中原圭介の経済はこう動くの感想である。

経済は今どちらに向かおうとしているのかがわからない。

だから人々は本を読み知識をつけて判断しようとしている。

私もそのうちの1人である。

アメリカの経済は復活に向かっているが、利上げによりいっきに減速する可能性は非常に高い。

それがいつ行われるかが問われているところである。

世界経済がおかしくなる可能性はアメリカの利上げ次第といっても過言では無い為、アメリカの利上げには注目しなければならない。

じゃあ、なぜ利上げされたら困るのかである.それは自動車ローンを組んでいる人たち、住宅ローン組んでる人たち、学生ローンを組んでる人たちが破損する恐れがあるためである。

利上げショックの前にチャイナショックがおこった。

と言う事は、利上げによるショックはどれだけ大きいのか恐ろしいもんである。

ヨーロッパの方ではマイナス金利と言う状態が続いている、いや出現してきたと言っている。

つまり正常な状況ではない世界経済である。

これに+ αとして移民問題が絡んでくる。

欧州がこういう状況の中中国がいかに世界経済を引っ張っていくかと言いたいところだが、中国もバブルが崩壊している。

そもそも中国が発表する数字には信憑性がない。

つまり信じられないと言うことである。

信じられない国を頼ることはできない。

ではやはり日本ががんばっていくしかないのか?

しかし著者が言われるには日本は間違った政策をとっている。

円安による経済発展はありえない。

実質賃金が下がっているからである。

日本国民の2割だけでやろう。

アベノミクスで笑顔になった人たちは。

ほとんどの方々が実質賃金が下がり生活が苦しくなってきている。

このような状況で我慢するしかないのか?

いや、信じれるのは自分だけである。

よって自分の成長に投資をしよう。

読書などを使って。









中原圭介の経済はこう動く〔2016年版〕


新品価格
¥1,620から
(2015/12/19 09:21時点)












中原圭介の経済はこう動く〔2016年版〕 [ 中原圭介 ]


価格:1,620円
(2015/12/19 09:22時点)
感想(1件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

これから日本で起こること 著者 中原圭介

れから日本で起こること 

著者 中原圭介

読書2

消費増税、通貨安、日銀の出口問題……2017年に日本の最大の試練がやってくる! 米国住宅バブル崩壊や欧州債務危機の到来、2014年の日本の景気失速や消費増税先送り、さらには原油価格の下落を自著で的確に予見したカリスマ・エコノミストが、今後の経済、社会、マーケットの行方を大胆に予測する。

アベノミクスは失敗である。

中原氏はこの本でそれを伝えたいのであろう。

アベノミクスにより、名目賃金は増えたが、実質賃金は減少している。

よって 庶民の生活がきびしくなっている。

つまり失敗である。

日本は失敗である。

アメリカを見ればわかる。

中間層が脱落している。

インフレ政策は失敗である。

経済政策により日本復活のために必要なことは、設備投資ではあるが、企業が設備投資をしない。

設備投資とは 銀行の金利がさがってするものではなく、需要があるからするものである。

だから日本経済の復活はい。

2017年4月に消費税増税を控えている。

量的緩和の縮小が控えている。

よって2016年に株の売りが始まる。

今回の消費税増税の見送りはウォール街の株の売りをしないという確約の事である。

しかしタイムリミットは、目前である。









これから日本で起こること


新品価格
¥1,620から
(2015/10/14 21:59時点)












これから日本で起こること [ 中原圭介 ]


価格:1,620円
(2015/10/14 22:01時点)
感想(6件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

2025年の世界予測  感想 中原圭介 

2025年の世界予測 

著者 中原圭介 

読書2


予測的中エコノミストが解き明かす10年後の世界
人口減少、社会保障の圧迫、産業競争力低下など、
日本の未来は暗いように見えるが、本当はどうだろうか。

人気エコノミストの中原圭介氏が、経済予測脳を駆使して、
2025年・未来の世界を予測します。

エネルギー価格や物価動向から大きく変わる世界経済で、
日本経済や日本人の生活がどのようになるのかを
具体的にわかりやすく予測する画期的1冊。


■■歴史を検証し、経済合理性の視点を持てば、
■■10年、20年先が見えてくる!

・資本主義の成長神話は終焉に向かっている
・世界経済では新興国から先進国への揺り戻しが起こる
・2025年はデフレになっている
・サラリーマンは75歳定年
・英語は学ぶ必要がなくなる
・日本の電気代が半額になる
・これからは正社員が増える
・日本の競争力が高まる3つの理由
・世界中の富裕層が日本にやって来る
・読書で知識を蓄えることが将来の武器になる……etc.

中原圭介(なかはら・けいすけ)
経営・金融のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ」の経営アドバイザー・経済アナリストとして活動。
企業・金融機関への助言・提案を行う傍ら、執筆・セミナーなどで経営教育・経済教育の普及に努めている。経済や経営だけでなく、歴史や心理学など、幅広い視点から経済や消費の動向を分析し、予測の正確さには定評がある。
主な著書に『シェール革命後の世界勢力図』『経済予測脳で人生が変わる! 』(ダイヤモンド社)、『アメリカの世界戦略に乗って、日本経済は大復活する! 』(東洋経済新報社)、『騙されないための世界経済入門』(フォレスト出版)、『トップリーダーが学んでいる「5年後の世界経済」入門』(日本実業出版社)などがある。

共和党が勝つ可能性はかなり薄くなってきた。

アメリカの人口増加の中身に関係する。

燃料がインフレデフレを決める。

よって、アメリカのシェールガスで世界は変わる。

中間層は新興国かアメリカにとられる。

いかに勝ち組になっていくか?

電気自動車で勝てるのか?

水素カーの方が有利になるのではないか?

電気業界に参入したソフトバンクが価格破壊を、起こす。

SoftBankは新たな道を作り出す。

最終的にいかにインプットするか?

アメリカの大学生は年間500冊読む。

色々な情報をいかにいかすか?

いかに選定するか?

2025年の世界予測--歴史から読み解く日本人の未来

新品価格
¥1,620から
(2015/8/11 19:55時点)




2025年の世界予測 [ 中原圭介 ]

価格:1,620円
(2015/8/11 19:57時点)
感想(3件)








にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

トップリーダーが学んでいる5年後の世界経済入門 中原圭介 読書感想

トップリーダーが学んでいる5年後の世界経済入門

著者 中原圭介

読書2


◎カリスマエコノミストが、今後の世界経済の趨勢を独自の視点から予測
他国の経済状況が、目の前の仕事へも影響を及ぼす時代、今後の世界経済の動向は、どんなビジネスパーソンでも、ぜひ知っておきたいところです。
本書は、カリスマ・エコノミストとして多くのファンを持つ中原圭介氏が、「今後5年間の世界経済」の行方を独自の視点から予測。
中国、アメリカ、ブラジル等の各国の動向から、エネルギー問題まで、いま押さえておくべきテーマについて、わかりやすくまとめました。

◎「手を組むならどの国か?」 今後の日本・ビジネスへの指針を示す!
また、本書は予測のみならず、5年後を見据えたうえで、「今、どうすべきか」についても教示します。
中国は今後も投資すべき国なのか、シェールガスなどのエネルギー革命で激変するビジネス環境にどう対応すべきか、海外進出するならどの国にするべきなのか。
ビジネスに直結するアイデアが満載です。

これからはやはり米国の時代である。

中国はバブル崩壊。

ブラジルも崩壊。

バブル崩壊後が投資の狙い目である。

いかに勇気を出して、会社を起業するのか?

いかに勇気をだして踏み出すのか?

いかに勇気を!!!

トップに立つ人間は選ばれた人間である。

選ばれた人間がより前に進めるように、より早く歩けるように!

いや、より早く走れるように!!

早く!!!

速く!!!

新たな勇者を待つ!

新たなリーダーを待つ!

創造には破壊が必要である。

破壊の後には創造あり。

明るい未来を信じて!!

明るい社会を目指して!!


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

トップリーダーが学んでいる 「5年後の世界経済」入門 いま知っておくべきこと、やるべきこと

新品価格
¥1,512から
(2015/5/23 09:58時点)



トップリーダーが学んでいる5年後の世界経済入門 いま知っておくべきこと、やるべきこと

価格:1,512円
(2015/5/23 09:59時点)
感想(0件)





忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本