FC2ブログ

最強の経営者 小説・樋口廣太郎

最強の経営者 小説・樋口廣太郎
アサヒビールを再生させた男

著者 高杉良

読書2


企業小説の第一人者、
作家生活40年、
著者最後の企業小説!

住友銀行副頭取から「夕日ビール」と蔑まれたアサヒビールに乗り込んだ樋口廣太郎。
スーパードライを大ヒットさせ、次々と業界のタブーに挑んだ伝説の男とは。

これはアサヒビールの樋口廣太郎氏の物語である。

アサヒビールといえば、アサヒスーパードライにてトップレベルのメーカーだが、いかにここまでたどり着いたかを樋口廣太郎氏を追いかけて学んでいくかである。

樋口廣太郎氏は、トップダウン型の経営者であったらしい。

まずはトップが明確な方針を出してそれに向かって突き進む、これが大きな会社を動かすために1番必要なのかもしれないということを教えてくれる。

そしてこの本により文化事業に力を入れることの大切さを教えてくれる。

昔の人はこのように力強い人が多かった。

しかし最近の経営者は…。

倒産をすることを怖がり借金をすることを怖がり、社員の生活よりも内部留保に走る傾向にある。

近年、企業の内部留保は過去最高を叩いている。

なのに社員の給料は上がらない。

よって世の中はデフレから脱却することができない。

それは当然のことである。

使いたくても使えないから、給料が上がらないから。

こういう時代だからこそ、樋口廣太郎氏のような剛腕の社長が出てきてほしいと思われても当然である。

だからこそこのような本が出版され、そして人気を醸し出しているのかもしれない。

そして損切りをする勇気と実行力。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

最強の経営者 小説・樋口廣太郎―アサヒビールを再生させた男

新品価格
¥1,728から
(2016/9/22 12:55時点)


スポンサーサイト

辞令 著者 高杉良

辞令
著者 高杉良

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
突然の左遷、理由がわからない。
何故、自分なのか、何故この時なのか、疑問に押し殺される日々。
実際に体験する可能性がある話である。
左遷は、本当に左遷なのか?
元々自分がいた場所にすわるのは?
ジュニアである。
ジュニアがそのポジションに座るのである。
そこに未来があるのかは疑問だが、会社とはそんなものである。
そこには何か裏がありそうだ。
その真実を求めて、探求。
その理由とは・・・、取引業者との海外旅行。
しかも女連れというデマ。
海外旅行は事実だが、女連れは女房。
濡れ衣が主人公を苦しめていく。
サラリーマンの世界は足の引っ張り合い。
そしてそのリアルさをこの小説は物語に描いてあります。
自分自身が生き残るために、跡取りのジュニアにいかに腰巾着となるのか、そして自分の意見を言う事だけが正しいわけではないと言うことをこの小説、物語を教えてくれているのです。
果たしてその言う会社がいいのかどうかは別の話となります。
むしろ私はそういう会社では働きたくないと感じます。
しかし雇われている以上は仕方がありません。
だからこそ雇う側にならなければならないのです。
しかし雇う側がでも意味がありません代表取締役にならない限りは。
大体の人間の試着は女から始まるといわれています。
女性が悪いわけではありません。
女性に溺れている男性が悪いのです。
この物語は、リアルさを追求されています。
この物語を読むことによって現実世界とリアルの世界の区別がつかなくなるのです。
そのぐらいリアリティーのある物語になっております。
残念な事は正義が勝つと言うことにならないと言うことです。
むしろ悪が勝つと言う結末になってしまいます。
それがリアリティーを生んでいるのだと思います。
決して良いことだと思いませんが。
しかし世の中とそういうものです。
サラリーマンとはそういうものです。
会社とはそういうものです。
サラリーマンとはしがない生き物なのです。
所詮サラリーマンとは雇われているだけの兵隊なのです。
その兵隊のまま人生を送るのが、兵隊を雇う側になるかは自分次第なのです。
会社の中で上り詰めるのか、そして自分自身が会社を起こすのかそれはあなたが判断することかもしれません。
しかし自分で会社を起こした人たちが認められる世の中、そして応援されて世の中になると嬉しい限りです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

ビジネスマンの命運は、たった1枚の紙切れに左右される!

大手エレクトロニクスメーカーの宣伝部副部長・広岡修平に、突然、辞令が突きつけられた。異動先は「人事部付」。有能で人柄も良く、大きなミスもせずに社内の出世レースのトップを走っていた広岡に、左遷される節は思い当たらない。仕事に対する情熱と正義感では引けをとらず、自他共に認める同期の第一選抜だった広岡が脱落したのは、なぜか?
その内実を自ら調査し始めると、会社内に蔓延する思惑とファミリー企業ならではの病巣が次々と明らかになる。敵は誰か? 同期か、茶坊主上司か、それとも……?

ビジネスマンの人生を左右する「辞令」のカラクリを暴き出すビジネス小説界の「現代の新古典」!

サラリーマンならだれしも経験する人事異動の際の一場面。本作は1988年の刊行だが、30年たっても古びた印象がしないのは、企業社会の本質である『組織と人間』の問題を、『辞令』というそのものずばりのモチーフで活写しているからにほかならない」――解説・加藤正文

辞令 (文春文庫)

新品価格
¥918から
(2018/1/30 22:26時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本