FC2ブログ

ライフトラベラー 人生の旅人

ライフトラベラー
人生の旅人

著者 喜多川泰

読書2


映画『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』原作者 喜多川 泰 最新作!

小さな旅の中に、人生の旅のすべてが詰まっている。
あなたの人生を変える、約束された出会いが待っている


「人生を変える旅をしたい」と言う、大学生の知哉に、親友の夏樹が提案したのは、「ほとんどすべてが〈自由〉な〈不自由な旅〉だった。
ほとんど荷物を持たず〈出会い〉という〈奇跡〉を呼ぶ旅だった。夏樹の口を通して語られる数々の宝石のような言葉。
なぜに、夏樹はそこまで、〈人生〉という旅を価値あるものにする知恵を持つのか?
その謎が明らかになる後半。。。著者自身の手による写真も含め、豊富な美しい写真とともにお送りする、この短いストーリーの中に、読者の人生を変える秘密が秘められている。

〈本書の一部〉

「人生を変える旅が、ふつうのツアーと同じだと思ったのかい?
用意された飛行機、ホテル、食事、買いものをする時間や場所まで全部用意されて……場合によっては通訳のガイドまでついた、ストレスのない快適な旅で人生を変えることなんてできないよ。
その旅行には不自由はないかもしれないけど、自由もない。
ぼくがきみに経験してほしいのは、ほとんどすべてが〈自由〉な〈不自由な旅〉だ。
そんな旅こそ、きみの人生を変えてくれる旅になる」
***
「そうかい。これから地上への門までの間に、たくさんの人に声をかけて握手をしていくといいよ。そうすると旅先での楽しみがうんと増えるからね。
そして握手をするたびに、旅先に持っていく〈才〉を入れ替えていくのが地上の世界での滞在を面白くする秘訣でもあるんだよ」
「旅先って……地上の世界に行くことを〈旅〉っていうの?」
「そうだよ。あっちの世界に行って、帰ってくるまでのことを〈旅〉っていうんだ」
「きみは、どのくらいの〈旅〉をする予定なの?」
トモが聞いた。
「今回は短いよ。前回の旅から二千七百七十四恒も待ったのに、許された滞在期間は三恒ほどだからね。
地上の数え方だと四十五年くらい……ってことになるかな。きみは?」
「ぼくは、五恒ほどだから……七十五年ほどの予定だけど……」
「どちらにしてもあっという間だね」
「うん」
トモは笑顔でうなずいた。


旅はいいもんだ.なぜなら度は自分の人生観、自分の価値観を変えてくれる、そして世界が広いということを教えてくれる。

それを味あわせてくれるのが旅である。

私たちは普段狭い世界でしか生きていない、だからこそ価値観の狭い生き方で満足してしまっている。

それでは新たな発想や新たな価値観を手に入れることができない。

いろいろな価値観や色々な考え方を手に入れることにより、また触れ合うことにより1人の人間が形成されていく。

そのことにより、より大きな人間になることができるのではないか?

そう思っている、そしてそう信じている。

だからこそ色々な旅をした方が良い、そしていろいろな本を読むべきである。

なぜならそこには経験と言う大切なことが存在してるからね。

経験と言うのは本当の財産である。

自分自身が得ることが出来る財産である。

そのために自由も不自由もない旅を選ぶのか、それともどこまでも自由な不自由な旅かを選ぶのかは、人それぞれである。

あなたは旅を通して人生を考えることができるでしょうか?

旅に出て自分が得ることだけを考えてないか?

自分が何をしてあげることができるのかを考えたことがあるでしょうか?

これは人生においても同じである。

自分が何かをしてもらうということばかり考えて生きているのではないだろうか?

自分が何かをしてあげようと言う風な考えを持って生きてきたことがあるであろうか?

どのような生き方をするかはその人それぞれ次第であるが、何かをもらったら何かをしてあげる、それは素晴らしい素敵な生き方ではないかと思う。

それを旅を通して学ぶことはとても良いことだと学ばさせてもらえる。

旅を通して豊かな人生を手に入れよう。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

ライフトラベラー 人生の旅人

新品価格
¥1,404から
(2016/10/8 17:47時点)


スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本