FC2ブログ

死にがいを求めて生きているの 著者 朝井リョウ

死にがいを求めて生きているの
著者 朝井リョウ


新たな知識を求めてこの本と出逢う
海と山は出会ってはいけない、争いが生じる、果たしてこの文言はどう繋がっていくのか?
まずは、白井友里子、塞ぎ込んでいる弟の翔大、鬱になった奈央ちゃん、そして植物状態の友人をお見舞いに来る友達。
彼に確認したい!
毎日、同じ繰り返しで飽きないのか?
そこで返ってきた答えは・・・・。
次は前田一洋。
昔からの親友同じクラスの親友、クラス替えがあるまでは隙なく、仲良かったのにクラス替えしたら・・・。
側にいるはずの人がいない、側にいるのが当たり前すぎた。
だからこそ、とまどう関係。
それが人間関係。
だからこそ、人は悩む。
だからこそ人はとまどう。
しかし、そこで立ち止まったら解決しない。
立ち止まったら。
だから、解決に向け進まなければならない。
前に進まなければならない。
だから人間関係は難しいのである。
次は坂本亜矢奈。
女の子たちの青春の友情からどのように物語がつながっていくのか不思議である。
そして楽しみである。
学校時代の友達とはどれだけ続くのだろうか?
色々な考え方があると思う。
しかし、大切にしなければならないものもあるし、捨てていいものもある。
それは自分にとって心地よいものかどうかではないでしょうか?
高校生時代の甘酸っぱい恋愛。
そして、うまくいった親友の恋。
果たして自分の恋はどうなったか?
そして、安藤与志樹にうつる。
ここでは人生の奥深さが学べるのではないでしょうか?
ポイントは「なぜ人は生きるのか、生きがいは何なのか?」
まさに人生論を解いた話である。
なぜ人は生きているのかを求めるのは難しい。
どのようにして社会に貢献するのかを考えていると言う事は素晴らしいことだがこれも実は難しいことである。
自分のために生きると言うことも大切なことであるし、考え方を改めなければいけないこともある。
だからこそ人生論と言うのは非常に難しい難題なのである。
それをテーマにしたのがこの物語である。
この物語から何かを学ぶことができれば、それは素晴らしいことである。
そして所々つながっていく物語。
弓削晃久にうつる。
なぜ人は生きていかなければならないのか?
そしてなぜ人は生きていくのかを考える。
それがこの本のテーマとなってくる。
最後につながってくる、それもこの物語の醍醐味である。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


世にも奇妙な君物語

誰とも比べなくていい。
そう囁かれたはずの世界は
こんなにも苦しい――

「お前は、価値のある人間なの?」

朝井リョウが放つ、〝平成〟を生きる若者たちが背負った自滅と祈りの物語

植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。
二人の間に横たわる〝歪な真実〟とは?
毎日の繰り返しに倦んだ看護士、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。
交わるはずのない点と点が、智也と雄介をなぞる線になるとき、 目隠しをされた〝平成〟という時代の闇が露わになる。

今を生きる人すべてが向き合わざるを得ない、自滅と祈りの物語。

死にがいを求めて生きているの

新品価格
¥1,728から
(2019/8/24 22:30時点)







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



世にも奇妙な君物語

世にも奇妙な君物語

著者 朝井リョウ

読書2

今年二十五周年を迎えたテレビドラマ、「世にも奇妙な物語」の大ファンである、直木賞作家・朝井リョウ。映像化を夢見て、「世にも奇妙な物語」のために勝手に原作を書き下ろした短編、五編を収録。1 シェアハウさない 2リア充裁判3 立て! 金次郎4 13.5文字しか集中して読めな5 脇役バトルロワイアル

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

なんなんだこの題名はと思い、手に取り、とりあえず読んでみることにする小説である。

題名だけ見れば、あの有名なドラマである世にも奇妙な物語だと思う人が大抵であろう。

最初に来た話がシェアハウさないである。

表向きはシェアハウスの話と思いきや、このシアハウスの実態は…。

そして主人公の浩子の過去とリンクしていくこの物語。
題名も似ているが世にも君ような物語に近い話のストーリーであった。

どうやら著者の朝井リョウ氏は世にも奇妙な物語が好きなのかもしれない。

この物語のラストは、少し想像とかけ離れていく。

あちらの事件と思いきや、いや思わせて、こちらの方かと持ってくる展開である。

へーって言う感じのラストだったが、この物語は途中から止まらなくなってしまう、と言う感じを受けたため、感想としては面白かったと言う感想になるのであろう。

リア充裁判、コミニケーション能力が図られるような話ではあるが、正直よく理解ができなかった。

著者の朝井リョウ氏の作る世界は不思議な世界である。

立て!金次郎、保育の話であるため、どのような話の展開になっていくのかを読んで行かないとわからないが、著者の朝井リョウ氏がどのような展開を作りどのようなことを伝えてくるのかを楽しみにしている。

何かおそらく世にも奇妙な話にはなってくると思うが・・。

世の中とはわからないものである。

自分で考えて、自分の思い通りに動いているつもりでも、実際は裏で糸を引かれているケースが多々ある。

これが世の中の常である。

この事を、この物語を通して、改めて考えさせられる事になる。

人生とはそんなもんだ。

操っている人々がいる、その事に気付くかどうかである。

次は13.5文字しか集中して読めなである。

これは、いわゆるしっぺ返しである。

普段自分がしている事で迷惑になっている人々がいる。

自分ではわからない、しかし、自分に返ってきた時にわかるもんである。

普段から、自分のことしか考えてない、相手の事も考えての発言と行動をとるという教訓がこの物語にはある。

次は脇役バトルロワイアルである。

この話は俳優が実名で出てきているのに驚いた。

矢嶋智彦 桟見れいな 勝地涼 渡辺いっぺい 板谷夕夏 溝端淳平 芦田愛菜である。

著者 朝井リョウ氏の人脈なのか、はたまた、思いつきなのか不明だが驚いた事にかわりない。

そして、世の中には才能が存在する、その才能や、スポットライトは生まれ持ったもので変わらないものである。

改めて気づかされるのか、はたまた、認識すべきかはわからない。

ただただ、知らぬが仏という言葉があるように知る事だけが全てではない。

知らない事も必要であると人生論を考えるキッカケになる。

どの人生を選択するかはその人次第だが、後悔のない人生を送りたいもんだ。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


世にも奇妙な君物語




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本