FC2ブログ

「節約ゼロ」で毎月3万円貯まる! 貯金ドリル

「節約ゼロ」で毎月3万円貯まる!
貯金ドリル

著者 角田和将

読書2


1日5分でお金が貯まるスゴ技ぞくぞく!

「あと月5万円あったらちょっとは贅沢できるのに……」
そう思っていても、世の中は誘惑でいっぱい。
「帰り道のパン屋から焼き立ての良いにおいがしてきた」
「今日に限って特別セールをやっている」
……など、予定外の出費を誘う機会が数多くあります。

そんな誘惑にストップをかける存在が、クレジットカード。
本書では、現金ではなく、クレジットカードを使って生活することで、
支出を減らすだけでなく、収入をアップさせ、お金を貯めることを提案する本です。

家計簿をつけたり、節約したりする必要は一切なし。
今の生活レベルを維持しつつ、確実にお金を貯められます。

また、初心者でも安定して収入が得られるよう、お金を増やす習慣が身につく問題も多数掲載。
問題を解くことで、「日経平均ってなに?」「円安ドル高って結局どういうこと?」といった疑問が解消され、投資力を高められます。

これまで1000人近くの生徒を指導し、収入アップに導いてきた著者が公開するスゴ技の数々をぜひご覧ください。

著者について
1978年生まれ。トレーディング・ラボラトリー主宰。
大学卒業後、システム開発会社に入社。
お金に無頓着な生活を送るなか無茶な返済プランの住宅ローンを組んでしまい、数千万円の借金を返さなければならない状況に陥る。
ネットオークションで持ち物を片っ端から売って食いつなぐも、大きな金額にならず困っていたところ、専業の投資家と出会ったことを機にFX(外国為替証拠金取引)の勉強を開始。
出張で利用する飛行機の往復時間や通勤時間を有効活用して取り組んだ結果、学び始めて3年後に月収500万円を達成する。その後、独立。

現在は主にFXでトレードを行う傍ら、オンラインスクールでFX 関連の基礎指導や講師支援も行っている。
これまで1000名の受講生に対して、独自の理論と経験を活かした指導を行い、月収数十万円~数百万円の利益を上げるトレーダーを多数輩出している。
またFXの勉強効率をアップさせるために始めた速読では、開始して8ヶ月目に日本速脳速読協会主催の速読甲子園で準優勝、
翌月に行われた特別優秀者決定戦で速読甲子園優勝者を下し、日本一に上り詰める。
その経験をもとに、現在、Exイントレ協会代表理事として、挫折しない、再現性の高い速読指導や執筆も行っている。

著書に、シリーズ15万部を超えるベストセラーとなった『1日が27時間になる! 速読ドリル』『頭の回転が3倍速くなる! 速読トレーニング』(ともに総合法令出版)のほか、
『行動する時間を生み、最速で結果を出す速読思考』(朝日新聞出版)、『速読日本一が教える1日10分速読トレーニング』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

節約してお金を貯める事は、なるべくしたくないものである。

だから節約せずにお金を貯める方法を考える必要がある。

そのためにはまず現状把握が1番大切である。

毎月いくらあれば暮らしていけるかを知る事が、第一歩である。

自分が必要な金額早くして残った金を資産として貯めていく。

そのお金を銀行に預けるのではなく、貴金属や不動産など現金以外のものに変えてからお金を貯めるべきである。

さらには本業だけではなく、本業と副業で収入を増やす努力すべきである。

本業一本では稼ぐことに限界があるのである。

稼ぐ人間は、買った後のことを考えているものである。

収入を増やし貯金額を増やすためには、1つの収入を大きく増やすよりも、収入の流れを増やすことが大切である。

資金を増やすよりも、資産を増やすことを考えて行動すべきである。現金を使うよりもクレジットカード、もしくは電子マネーでお金を払うべきである。

クレジットカードで支払いをすれば、使用履歴が残るためお金の管理をしやすいものである。

家計簿つけることが良いとは言うけど、家計簿をつけ続けることが大変であるため、家計簿がわりのサービスを見つけて活用すべきであるため、クレジットカードがお得と言う答えにたどり着いたと言うことである。

給料もらったら総額ではなく控除額を注目すべきである。

自営業であれば控除学分だけ必要になってくるため、サラリーマンは控除額も含めた金額で考えるべきである。

銀行とはお金を預けるためだけに使うものである。

お金を引き出すために使うものではない、クレジットカードで支払いをすれば、銀行から引き落としがされるため預けるだけが必要となってしまうのである。

お金の流れを管理するために、クレジットカードが有効活用であることが繰り返されている。

銀行に関してもネットバンキング利用すべきである。

手数料も安いしいろいろなサービスがあるためネットバンクを活用しない手はないものである。

クレジットカードも3枚ぐらい持ってとけば10分である。

クレジットカードの利用限度額自分で設定し自分で管理するのが大変であると思われるが、間にできなければ意味がない。

お金の流れの管理をするために財布の中には、毎日同じ金額を入れとくべきである。

お金を貯めるには給与以外の収入源を作る必要性があると言うことである。

携帯にしても格安携帯に変えて固定費を抑えるべきである。

正しい携帯の利用仕方によっては格安携帯では対応できないこともあるのは気をつけるべきである。

お金の支出も考えるべきである。

後に残らないお金の使い方はやめるべきである。

お金がある程度たまってきたならば、投資をすべきである。

投資する金額にしても数万円準備ができたらすぐに動くべきである。

投資の世界も9割の人間が負け、残りの1割の人間が勝つために早めに切り上げて利益確定すべきである。

モノを購入する時もみんなが欲しがりそうなものを買う、みんなが欲しがりそうなものを購入することにより将来的に売れる可能性が出てくるのである。

買い物する時は行きつけのお店で買うべきである。

本当に安くなっているかどうかを確認することが見やすいからである。

リスクを取らなければ成功はない。

この貯金ドリルをうまく活用して成功に向けて歩き出すべきである。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本