FC2ブログ

1日3分!天才に変わる方法

1日3分天才に変わる方法

著者 今村暁

読書2


生まれた時、あなたは天才だった! でも……
人は本来、誰もが天才です。
生まれた時、天から素晴らしい才能を与えられて生まれてきました。

全員が天から才能を与えられて生まれてきたのです。
日本人であれば優秀なハーバード大学の大学院生よりも上手に日本語を操れます。
だとすれば、環境によって能力の開花は決まると思いませんか?

誰もが心と体を、上手に操れる才能を天から与えられて生まれてきたのです。

でもちょっとしたつまずきによって、自信をなくし、
自分が天才であったことを忘れてしまう人が少なくありません。



小中高で植えつけられた「自分はできない」という恐ろしい洗脳を解け!
今のあなたは、

「頑張っているのに、なかなか目標が達成できない」
「自分で決めたこと、良い習慣を継続することができない」
「集中力が持続しない、すぐに気が散る」
「勉強や、ダイエットをコツコツと続けられない」
「自分1人だけが報われない努力をしているような気がしてむなしい」
「仕事が忙しい、勉強することが多すぎてやる気が起きない」
……などの悩みを抱えていませんか。

これらの悩みは、ネガティブな洗脳によって無意識に思い込んでしまっていることが原因です。

小学校、中学校、高校時代に、
「自分はできない」「自分は継続力がない」「自分はどうせ無理」
「勉強はペナルティでやらされている。自分を苦しめるもの」
ということを潜在意識の奥深くまで信じ込まされているのです。

しかし、ご安心ください。



天才は2つの能力で目標を達成する!
これは、今の自分が天才でないということではありません。
単に天から与えられた才能をすでに持っていることを忘れてしまっているに過ぎないのです。

私は今までに習慣教育により、たくさんの天才を育ててきました。


全国模試で日本一になった。
全国ナンバー1の営業マンになった。
競輪でS級になった。
資格試験、入学試験に合格した。
大きな会社を創り上げた。
20キロ以上の減量に成功した。
……など、目標を達成した人が続出しました。

天才は「集中力」と「膨大な練習量(行動量)=継続力」を強化できる人です。

この2つの力を強化するためのオリジナルメソッドが「習慣教育」なのです。

さらに、本書で紹介するアントレシートを3分書き込むことにより、
誰もが「新しいプログラム=習慣」を心身に刻み込み、楽しく目標達成していくのです。

今では、習慣教育が広まり、多くの企業から研修の依頼が殺到するようになりました。
NHKなど、多くのメディアから取り上げられるようになりました。

あなたが自分の夢と目標を楽しみながら達成することを応援します。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

天才になりたいと思ってる人は多いんではないでしょうか?

しかし自分は天才ではないと思っている人はたくさんいます。

世の中天才だらけになったらどうなるでしょうか?

私たちは自分たちが天才になることを望んでいるのかと問いかける。

人は本来、天才の能力を持っている。

天才と言われる人たちは自分が天才だと疑わなかった人々である。

最後まで自分に才能があると疑わなかった者たちが成功しているのがこの世の中である。

よってもともと誰でも天才の能力を持っていると言うことである。

これは楽勝でできると言う感性が実は能力を高めているのである。

天才は「集中力」と「継続力」を持っている。

苦痛がなくなってから、勉強を始めればうまくいくものである。

勉強は楽勝と思える仕組みを作れば簡単に結果が出るものである。

これが天才の作り方である。

さらにはイメージ力を高めれば、一瞬で30個覚えることができるものである、それが人間である。

体の各部位に関連させて記憶するとうまくいく、そういうやり方もある。

覚えたい事のストーリーを知れば記憶が強まるものである、そーゆー覚え方もある。

書く、口に出す、人に教えるを実行すれば本番で記憶が蘇りやすいものである。

自分の記憶の忘却に合わせて覚え直すことも1つの方法論である。

物事を覚えるだけでは無い、覚え方と言うことが大切であるということである。

ものを覚えることにも集中力が必要である。

「集中力」は2種類存在する。

長期の集中と短期の集中を組み合わせれば勉強がうまくいくものである。

●を見れば集中力が高まってくる。

短時間と決めれば集中できるものである。

目標を明確化することでゴールまで集中力が持続するものである。

悪い習慣はなかなか修正できないものである。

だから人間も変われないものである。

しかし変わることができると言うことも事実である。

マインドを変えれば継続力が高まるものである。

勉強に対して良い気持ちを味わうことで継続力を強めることができるのである。

良い習慣を維持する仕組みを作るものである。

10秒でできる習慣から始めるのが大切である。

習慣は具体的な行動ができるものとするものである。

良い習慣をどれだけ作るかが大切である

これはやり方の1つである。アントレシート3分書けば集中力と継続力が一瞬で高まるものである。

アントレシートで目標が明確になるものである。

アントレシートを書けば勉強の進行状況がハッキリするものである。

アントレシートで勉強に対するモチベーションが上がるものである。

目標を数値化することで結果が劇的に変わるものである。

つまり書くことが大切である。

そして目標を明確にすることが大切である。

最後に目標を明確にしなければならない。

目標達成する人は部屋が綺麗である。

思考=部屋の状況だと認識しなければならない。

今使わないものは捨てるべきである。

片付けは視覚化すればうまくいくものである。

片付けが身に付けば他の星週間は全て手に入るものである。

天性の才能を開花させよう。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

皆様の応援のおかげで、楽しく読書を続けさせて頂いております。

1人では、厳しい時代でも力合わせれば楽しい世の中に。

そんな皆様に感謝して、明日を楽しみましょう。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本