FC2ブログ

松岡修造の人生を強く生きる83の言葉

松岡修造人生強く生きる83の言葉

著者 松岡修造

読書2


~ネットで話題沸騰の名言が、ついに書籍化!~

ポジティブで熱い男のようなイメージがある松岡修造
しかし本当は、心が弱く消極的です。
そんな彼が、後悔しないで生きるための、自分を鼓舞しようと発してきた言葉を集めました。

「崖っぷちありがとう! 最高だ!」
「よーし、絶対に勝つ。勝ったらケーキだ!
「チャンスをピンチにするな!」
「自分の弱さを認めたとき、人は、前進する勇気が湧いてくる」
「今日からおまえは富士山だ!」
「悩みん坊、万歳!」
「何かができない理由は年齢じゃな」
「負けたことは悪いことじゃない!」
「大丈夫、なぜならきみは太陽だから」
「上海見てみろ。上海になってみろ!」
「真剣に考えても、深刻になるな!」
「イワナを見てみろよ。イワナはな、余計な味付けはいらないんだよ」
「味わってますか? 人間味」

松岡修造が発してきた言葉1つ1つには
深い意味があります。
その言葉の真意を、本書で明かします。

修造の言葉を自分に言い聞かせることで、
奮い立たせてください。
友だちや家族などに本の言葉を伝えることで、
周りを元気にしてください!

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

熱血漢で有名である松岡修造氏の考え方を学ぶ良い機会である。

自分で自分を褒めて苦手意識を追い払う、これが「松岡修造」の考え方である。

つまり、「松岡修造」はポジティブな考え方を推奨していると言うことである。

緊張は本気の証、不安に思う事は無い、これも「松岡修造」の言葉である。

よりポジティブに物事を捉えて、よりポジティブな考え方で生きていく、それが人生を楽しむコツである。

壁にぶつかったら、自分を成長させるチャンスだと思い、「松岡修造」は常に壁にぶつかることを楽しんでいた。

積み上げた経験は、自分の力なっている、これも「松岡修造」の言葉である。

テニスで成功した「松岡修造」の言葉だからこそ説得力があるものである。

「松岡修造」は「何万球打ってきたんだっけ思い出せ!」と自分自身に喝を入れていた。

あるがままの自分が良い人間関係を作る、これも「松岡修造」の言葉である。

人は着飾っても、すぐに化けの皮がはがれ流、だからこそ自分らしさが大切である。

自分の考えや決断だけが自分らしさにつながり、「松岡修造」はこのように自分自身に言い聞かせた。

自分を作るのは自分だけだ。

人には変わらない部分もある、それを受け入れると次に進めるものであると「松岡修造」は答える。

「松岡修造」は自分自身をただ明るいだけ、そして神経質なところがある、それが「松岡修造」だと認めている。

ベストを尽くすに、言い訳は入らない、このように「松岡修造」は自分自身を追い込んだ。

「松岡修造」は挑戦する人にこのような言葉を述べている、トライにバットトライは無い。

トライすることが大切である。

トライしないことがリスクである。

だからトライして失敗してもトライすることに成功が隠されていると言うことである。

崖っぷちは本気になれる場所、自分から作るものも良いものだと「松岡修造」が答える。

自分自身を成長させるためにあえて崖っぷちに追い込んでいく、それが松岡修造なりの成長の仕方である。

寄り道するのも、一生懸命にやろう、「松岡修造」はそう答える。

だから松岡修造は心から本当にテニスが大好きだと。

ネガティブ思考は早い段階で食い止める、「松岡修造」はポジティブな思考にするために、いちにちも早く1秒でも早くネガティブ思考とバイバイすることを勧めている。

期待されているからこそ、プレッシャーを与えられる、これは経験した人間だけしかわからない世界かもしれないが、「松岡修造」はどのように自分を奮い立たせる。

あなたにはどんな一行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本