FC2ブログ

読むだけで睡眠の質がよくなる100のコツ

読むだけで睡眠質がよくなる100コツ

著者 荻野善之

読書2


新たな知識を求めてこの本と出逢う。

大脳を休ませるために睡眠をとる

これが睡眠をとる理由です

大脳は起きている間はフル稼働しているため、オーバーヒートを防ぐ必要があります

その大脳を休ませる唯一の手段が睡眠なのです

体は安静にしていれば休むことができますが、大脳を休ませるには眠るしか方法論はありません

脳が元気になる快眠法12のコツ

睡眠時間は人それぞれ

②寝る前にリラックスを心がける

③床につくのは眠くなってから

④毎日同じ時刻に起床する

⑤朝起きたら日光を室内に、夜の照明は控えめに

⑥規則正しい食事、運動習慣

⑦昼寝は午後12時から2時ごろの20分間

⑧眠りが浅い時には睡眠時間を減らしてみる

⑨激しいいびき、呼吸中止、足のピクつきには注意

⑩十分眠ったつもりでも日中の眠気が強い時は専門医に相談

⑪睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと

⑫睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全

夜中のトイレが増えたら心臓病の疑いがある

夜間の尿意が体を干している病気のサイン、危険信号である場合もあるので注意が必要

それは何かと言うと心臓である

昼間は活発に動くのは焼肉には血液が送られますが、腎臓までは届きません

夜になると脳や筋肉は休息状態に入るため血液が流れて用意が出てくるのです

こうしていると心臓だけでなく腎臓の機能低下する可能性があり健康被害につながるのです

1日15分の昼寝のオススメ

人間の脳は長時間ずっと集中力を維持することができません。

だから休息して紙を挟むことで仕事や勉強の能率もグッとアップさせることができるのです。

だから昼寝がオススメです。

「低体温」が不健康のもと

寝付き、寝起きの悪さの原因は「低体温」

「低体温」が様々な不調の原因になると考えられています。

食生活も「低体温」に関わりがあり体を冷やすものを食べている傾向があります。

体を温めるような食べ物に切り替えて「低体温」をを脱出しましょう。

朝起きてすぐシャキッとする方法

朝は眠い、しかしおきなければならない。

しゃきっと起きる方法は?

1 今日しなければならないことを思い出す。

(脳の神経回路もうの働きを活性化することで目を覚ます。)

2 使い慣れない手を意識的に動かすことで、宇野と左脳がバランスよく刺激され脳全体の活性化につながる

3 シャワー等を浴びる

(血行良くすることで脳に新鮮な血液たっぷり送り込む)

4 糖分を取る

(当分には脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖を補給し、脳の活動を施す役割がある)

5 何を着るかおしゃれを考える

(おしゃれをすることで他人の目を気にすることになり脳の活性化に結びつく)

まいたけとキウイがインフルエンザ予防に!

インフルエンザ予防に良い食材は?

『まいたけ』である。

まいたけの中の『マイタケαーグルカン』がインフルエンザの抑制に良い。

『キウイフルーツ』も良い。

『キウイフルーツ』は、1日に必要なビタミンCの8割を摂取出来る。

朝はNGドリンク

フルーツジュース

柑橘系の果物には『ソラリン』が含まれている。
『ソラリン』はシミやシワが出来やすくなる。

スムージー

スムージーが、悪いのではなく、ソラリンを含んだ果物の『スムージー』が良くないのです。

コーヒー

胃腸に負担

冷たいドリンク

胃腸に負担

朝にOKなドリンク

白湯

内臓の機能を高め血行を良くする

豆乳

脂肪燃焼、基礎代謝を高めてくれる

甘酒

飲む点滴

お酢

疲労回復、免疫力を高める

免疫力を高める睡眠の4つのコツ

深夜12時から3時間寝る

寝る前に一杯のの青汁

枕の高さを調整する

カーテンを青にする

自律神経のバランス回復には

いやいや食品を取ることである

それは、苦いものや辛いものである

体はイヤイヤ


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本