FC2ブログ

大暴落 ガラ

大暴落 ガラ

著者 幸田真音

読書2


与党・明正党の総裁選で惜敗しながら、野党議員の投票により日本初の女性総理大臣となった三崎皓子。党の重鎮議員の反対で組閣もままならない。そんななか、危機管理官より、「秩父に大雨が降っており、このままでは荒川が決壊、都心が水に沈む可能性がある」との情報が入る。さらに追い打ちをかけるように、台風八号と九号が発生。皓子は日本では例がない「緊急事態宣言」を提案するが、経済の停滞を理由に閣内で反対の声が上がり――。

あかね銀行のディーリングルームではその頃、「なんだこれは! 」絶叫が響いていた。一瞬でドル円相場が20円も飛び、159円をつけたのだ。「ガラだ! 大暴落だ! 」――。

東京都心を直撃する大規模な自然災害、ゼロ金利政策を続ける日銀への信用不安。いつ現実のものとなってもおかしくない二つの危機に襲われた日本を、皓子はどのように救うのか?

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

世の中不思議なもんです。

本屋でふっと見に止まったのがこの本、更には自然災害及び円の大暴落ガラと言う言葉が入ってきた。

誰が書いたのだろうと、確認、そしたら経済小説で有名な幸田真音氏。

興味あるし、読んで見たいとの事で読書する事に。

ある日、三崎皓子が内閣総理大臣になる。

初の女性内閣総理大臣

その初の内閣総理大臣に1つの課題がふってくる。

自然災害の恐れが・・・。

しかも、関東の荒川である。

この自然災害を下に、日本国の壊滅始まるのである。

自然災害で東京が壊滅、そして円が売られて国債が暴落とする、このような状況である。

経済的面から見ても、社会的面から見ても実際に起こってもおかしくない事柄だけに興味を惹かれる。

このような状況を、内閣総理大臣である三崎皓子が解決していくと言う話である。

そこには当然のように裏取引があり、内閣総理大臣としてのリーダーシップもあり、そして日本国で臨む希望もある。

国債が落ち着けば日本国は、復興へ走り出すと言う物語である。

この物語を通して、日本国の借金がいかに危ういかを学ぶことができるのかもしれない。

ただ問題は、学んだとしても何ができるかではないでしょうか?と私は思います。

借金を膨らませているのは政治家です。

私たち日本国民ではありません。

では日本国民だから何もすることができないかといえばそうでは無いのかもしれません。

唯一できるのは、借金を増やさない政治家を選ぶと言う事かもしれません。

しかし今は借金を増やすと言うよりは、経済規模を大きくするために金融緩和をしてると言う側面もあります。

何が正しいのかは私にはわかりませんが、日本国がより豊かになり、より笑顔の溢れる社会になってほしいと心から願うばかりです。

正しいか、正しくないかは歴史が証明してくれます。

逆に言えばできじゃないと証明することができないのです。

それであれば私たちはお互いを助け合い、お互いを尊敬する関係を保ち、笑顔のあふれる社会を作り、笑顔をが多い時間をより多く作って人生を過ごしていくことが大切ではないのかと私は思います。

金儲けするために投資をするのではなく、本当に地球にとって、日本にとって必要な企業に投資をする、そのことにより地球にとって、日本にとってより良い環境が作れれば、これほど幸せなことはない、改めて投資をすると言うことを見つめ直す時が来ているのかもしれません。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

人工知能 著者 幸田真音

人工知能
著者 幸田真音


新たな知識を求めてこの本と出逢う
幸田真音先生と言えば経済小説。
さて、今回はどんな物語を届けてくれるのだろうか?
自動運転の自動車からスタート。
テーマはAI?
まさにこれからの未来へ向かった物語かも、と期待させてくれる。
これから、どうするべきなのか、またまたどうなっていくのか未来はと考えさせられる。
1人の男の物語が始まる。
子供時代の生き方や、進学についての考え方や出来事がこの本には書かれている。
この本を読んで影響される子たちもいれば、影響されない子たちもいる。
結果がどうであれ本を読むことが大切である。
1人のサラリーマン人生がこの本には書かれている。
これは架空の世界の物語である。
しかし現実の世界、リアルの世界と大して変わりがない。
だからこそ説得力があり、のめり込める作品である。
この本を読んでる最中、交通事故が多発している。
ブレーキとアクセルを間違えて交通事故を起こした、こんな話がどれだけ聞いたら済むのであろうか?
どんなに訴えたとしてもなくなる事は無い。
だからこそ機械に頼るしかないのである。
そこで登場するのがAIシステムである。
間違いなくこの世の中でAIシステムが必要である。
幸田真音氏は経済活動の先を見据えた小説を描いている。
大暴落ガラを読書したが、これも読み応えのある物語である。
何を中心として物語を読むのか、何を中心として受け止めるのかは、その人次第である。
これから先経済は間違いなくAIシステムが必要となってくる。
だからこそそれを感じ取る力、そしてそこに投資をする力を身に付けなければならない。
1人のサラリーマンの人生にて、そのことを教えてくれている。
それを教えてくれていると言うふうに捉えるのか、はたまたただの物語として受け止めるのかは人それぞれである。
しかし人は向上心を持って生きていかなければ、向上する事は無い。
だからこそ私たちは前を向いて歩かなければならない。
前を向いて進まなければならない。
ポジティブに考え、積極的に動かなければならない。
それがあなた自身を成長させることにつながるし、社会の発展にもつながる。
そしてそこに新しい未来が見えてくるものである。
新しい未来が見えてくるからこそ新しい社会が出てくるのである。
楽しい人生、望む人生何を求めて生きていくのかはあなた次第。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


これが、AI社会が直面する最悪のシナリオなのか――
人気経済小説家が描く、衝撃のサスペンス!

中学生の頃から悪さばかりしてきた、新谷凱。いつも行き当たりばったりの人生を送ってきた彼が、唯一興味を持てたもの――それは「人工知能」の世界だった。携帯電話会社でのアルバイトや電気機器メーカーでの企画開発などを経て、AIに携わる仕事に就いた凱。その企業で彼は、ある事件の捜査に協力することになる。その事件とは、自動運転技術が搭載された試験中の車が、人を轢いたというものだった……。

人工知能

新品価格
¥1,944から
(2019/5/26 23:53時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本