FC2ブログ

お金を引き寄せる世界一の投資家バフェットの成功習慣 感想  桑原晃弥

お金を引き寄せる世界一の投資家バフェットの成功習慣
著者 桑原晃弥

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
投資家と聞けばウォーレンパフェット氏の名前が浮かび上がる。
これだけ投資家として名前が売れている人は少ないと思う。だからこそウォーレンバフェット氏の考え方を知りたいと思ってウォーレンバフェット氏関連の本を読む人は多いのではないでしょうか?
始めるのが早いほどお金儲けは成功する、あたり前を徹底してやり続ける強さが必要である。
ウォーレンバフェット氏の考え方で行けば、一攫千金よりも少しずつお金持ちになることが大切である。長期的な視点をなくして真の成功はありません。
お金は使うものではなく、増やすものである。
投資とは消費を延期することであるという考え
ある。
お金を出して、後でもっと大きなお金になって戻ってくるわけですこれが初投資なのです。
お金は稼ぐよりも使う方が難しいものです。
社会と言う銀行に預金する感覚で使うのが大切かもしれません。
お金を無駄なく世界のために使う方法をウォーレンバフェット氏は考えています。
良き習慣こそがお金を引き寄せお金に愛される人を作るものです。
正しい思考と振る舞いを、早いうちに習慣化する必要があるのです。
自分で決めたルールが消して曲げないものです。
最高の財産は、あなた自身なのです。1日1時間、自分に投資することが1番大切です。
ウォーレンバフェット氏は言います、成長したければ尊敬できる人の下で働けと。
誰のBAD BOYになるかを見極める必要がありまし、生回は他人ではなく自分の中に求める必要があります。
独力で考えなければ真の成功はありません。 
ビジネスにおいて後追いから勝ち組は生まれるものではありません。
横並び意識から飛び抜けた成果は生まれないものです。
外のスコアカードよりも内なるスコアカードを信じる必要があります。
結婚相手を探すつもりで一緒に働く人を選び抜く必要があります。
無謀な決断には確信がかせません。
10年間株を持ち続ける気がないのなら株は買わないほうが良いでしょう。
優れた企業の株はまずまずの価格で買うことが大切です。
株価と企業価値の差が大きい銘柄はすぐに買うものです。
他人が貪欲な時は恐る恐る、周りが怖がっているときは貪欲に投資をすべきです。
投資の世界に見送りの三振はありません。
絶好球以外は黙って見送る必要があるのです。
噂を信じていたら1年で破産します。
成功したければ他人を頼ってはいけません。
分散投資の罠にはまるといけません。
山ほどの卵は管理できないものです。
その企業は30年後も成長しているか、永久に保有できる銘柄を探す必要があるのです。
株価ではなく企業の内在価値を見る必要があるのです。
分野からチャンスは生まれません、業界の後不況に踊らされてはいけません。
息をするように経費削減にあげる必要があります。
過去の業績が素晴らしくても、変化への対応を怠れば破綻が待っています。
昨日の蔵駅から利益は得られないものです。
見るべきは財務諸表ではなく、業績には現れない資産であります。
市場がおろそかに支配された時こそ、賢い投資家にとって大きなチャンスとなるものです。
株価を見て一喜一憂してはいけません、慌てて小さな利益をつかんでしまうからです。
損失を出した時は挽回しようとしたらどつぼにはまります。
失敗なくして成功の法則は生まれないものです、だから失敗を恐れてはいけません。
リスクは無知から生まれるものです、知識はリスクを小さくしてくれるものです。
自分の得意分野を熟知すれば失敗しないものです。
優れた機種もだめな上手になっては買ってません。
熱意こそ大切です。
1番を目指せ2番手に場所はありません。
経営者はウォール街の期待に応えてはいけません。
優れた経営者は集中に長ています。
どれだけ稼いだかを人生の尺度にしてはいけません。
使うお金は入るお金より少なくするのが大切です。
一攫千金を夢見てはいけません、長く地道な努力の先に成功があるものです。
お金は副産物に過ぎません、自分が好きなことをやるのが1番大切なことです。
幸運な1%の人間の義務を忘れてはいけません、社会に貢献しなければいけません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

世界で最も尊敬される投資家・ウォーレン・バフェット。
11歳で株式投資を始めて以来、なぜバフェットだけが勝ち続けられるのか。
その投資術やマネー哲学を支えているのは、賢人バフェットの習慣である。
お金の増やし方から、仕事術、偉大な企業やすぐれた経営者の見極め方まで、
41の行動原則から、バフェットの成功の秘密に迫る。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本