FC2ブログ

一流マネジャーの仕事の哲学 著者 西岡郁夫

一流マネジャーの仕事の哲学
著者 西岡郁夫

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
まずは、人を動かす力が問われるのではないでしょうか?
人を動かすというのは、難しものです。
ひとは、そんなに偉くないからです。
ヒトという生き物なのです。
よって、相手を変えることは出来ません。
変えるのは自分なのです。
自分はいくらでも変えれます。
変わろうと思うだけなのです。
人とコンタクト取るときは、1.5秒の間を取る必要があります。
1.5秒の間を取ることで、人は落ち着きを得ることが出来るのです。
だから、間を取る事は大切な事なのです。
誰のためではなく、自分の為に間を取る事を心がけましょう。
アイコンタクトは自分から積極的に図りましょう。
アイコンタクトで始まり、アイコンタクトで終わる。
これが大切な事なのです。
『出る杭は打たれる』と、言いますが出過ぎた杭は打つことに抵抗が生じます。
よって、出るのではなく出過ぎる事が必要なのです。
雄弁は金、沈黙はクズ。
口下手でも構いません、語る事が大切なのです。
リーダーに必要な事は、コミットメントする事。
コミットメントとは、決意表明です。
決意を持って、仕事をする勇気がありますか?
部下の期待と夢を背負ってる自覚がありますか?
そこまで考える人は少ないと思います。
だからこそ、そんな上司は価値があるのです。
そんな上司になりませんか?
有言実行のビジネスマン、確かにかっこいいですね。
しかし、大切なのは、有言不実行なのです。
言うだけで、何もしない事が大切ではないのです。
自分では出来ないが、会社の力を借りれば、また、会社として取り組めばヤレるという事が大切なのです。
そんな風に助言してくれる事が大切なのです。
部下に教えてもらう事は大切な事です。
有能なビジネスマンほど、クレームつけるときはにこやかとつけるのです。
部下を育てる立場になっているでしょう。
その時に必要な事は、GOOD&MOREです。
BAD&MOREで追い込んでいませんか?
大切な事は、長所を伸ばす事です。
イノベーションが足りない、日本にはと言われます。
何か新しい事業をする事は大変です。
突然アイデアが生まれる訳ではありません。
何かから進化したものなのです。
ライト兄弟も、突発的にアイデアが生まれた訳ではありません。
グライダーをしていて、不時着しないようにしたらどうするべきか、ひねりにひねった結果です。
そのひねったアイデアもたいへん、素晴らしい事ですが。
誰しも幸せになる権利はあります。
幸せに向かい、お互い頑張る事が大切でしょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

カリスマ経営者や経営学者が絶賛!

・「経営と教育の両方で深い経験をもつ著者ならではの、余人をもって代え難いセンスが凝縮されている」
一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授 楠木建氏

・「これは、あの『出過ぎた杭』になるための西岡塾そのものなのだ。」
教育改革実践家、奈良市立一条高等学校校長 藤原和博氏

・「日常の延長線上に飛躍はありません。一皮剥ける濃厚な一冊です。」
インテグラル代表取締役パートナー、スカイマーク代表取締役会長 佐山展生氏

アンディ・グローブに日本市場の開拓を託された著者ならではの「一流マネジャーの働き方」をアドバイス

仕事で「突き抜ける結果」を出すには、自分やチームはどう変わればいいのか?

アンディ・グローブ(インテル元CEO)に乞われ、インテルジャパンを率いた西岡郁夫氏は、
圧倒的な情熱で日本のパソコン市場を切り拓き、7年半で売上を4倍に成長させました。

現在運営しているビジネス塾「西岡塾」で、一流の経営者や経営学者とともに練り上げた、
部下を持つすべてのミドルマネジャーの悩みを解決する「53の具体策」を提案します!

53の具体例の一部

【基礎力】口角を上げ、アイコンタクトを取って前のめりに聴く
【説得力】一言で簡潔に言えるクセをつけ、眼力
【部下の育成】クレームを付ける時こそ、ニッコリとほほ笑む
【企画力】常識を否定することから始める
【プレゼン】冒頭に「Bang!」を入れて心をつかむ
【会議力】議事録は上司が書く
【見極める力】社会に正解はない。「納得解」を見つける
【胆力】窮地に陥った時こそ、上司は冷静に、冷静に
【自分ブランディング】社内価値に甘んじず、自分の強みと弱みを知る
【苦境に負けない】自らを客観的に観察する自分を持つ
【自己変革】「マイ・ベストジョブ」を意識して働く



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本