FC2ブログ

人を動かす 著者 D・カーネギー

人を動かす
著者 D・カーネギー


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
有名な名書と呼ばれる一冊です。
この本を読み最大限活用するための9つの項目をまずは目にして読むと、より効率よく読書をすることができるでしょう。
1)人を動かす能力を獲得したいと決心し、学び続けましょう。
2)次の章に進む前に、同じ章を2度読みましょう。
3)頻繁に立ち止まりましょう。
4)重要な箇所に線を引きましょう。
5)毎月、読み返しましょう。
6)あらゆる機会に実践しましょう。
7)ルールの習得を、ゲームにしましょう。
8)実践の成果を毎週、確認しましょう。
9)いつ、どのように実践したかを記録しましょう。
人は非難されても自分の非を認めない、まさにその通りなのです。
常に誰かのせいにしている。
自分を正当化するか、他に方法論はなかったと言い訳するかなのです。
原則1として、批判や非難で人は変わらないと言うことを知るべきなのです。
原則2、相手が欲しいものを与えることが大切なのです。
原則3、相手の視点で、相手の問題を解決することが大切なのです。
これが人間の取扱説明書となります。
人に好かれる6つの方法があります。
1)人に深い関心を持つことが大切なのです。
2)笑顔を見せて振る舞うことが大切なのです。
3)人間にとって、自分の名前が最も甘味かつ大切なことであることを、覚えておかなければなりません。
4)聞き上手になることが大切であり、相手には自分自身のことを話してもらうのが大切です。
5)相手の関心事について話すことが大切なことです。
6)常に相手に価値があると感じさせることを心から行うことが大切です。
相手を自分の考え方に同調させる12の方法。
1)議論で最善の結果を得たいなら、議論自体を避けることです。
2)相手の意見に敬意を示すことが大切であり、絶対に間違いを指摘しないことがポイントです。
3)自分の間違いは素早くきっぱりと認める必要があります。
4)有効的に始めることが大切です。
5)直ちにイエス、イエスと言わせることも大切です。
6)相手にたくさん話をさせることが大切です。
7)自分で考えた気にさせることがポイントです。
8)相手の視点から、誠実に物事を見ることが大切です。
9)相手の考えと欲求に共感することが大切です。
10)崇高な使命感に訴えることも大切です。
11)自分の考えを演出することも大切です。
12)挑戦させることが大切です。
このほかにもこの本には、自分にとって必要なことが書かれています。
それが人を動かすと言う本です。
ベストセラーであってさすがであると言う感想でしかありません。
どの言葉が胸に響くかはその人次第です。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

人を動かす 新装版

新品価格
¥1,620から
(2017/8/5 12:06時点)




あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して変わり得ない人間の本質を理解していたからに他ならない。著者の信ずるところによれば、経済的成功の15パーセントは専門的知識から生み出されるが、残りの85パーセントは「考えを表現する能力、リーダーシップをとる能力、そして人々の熱意を引き出す能力」によるものとなる。人と接する際の基本的な原則を基に、自分が重要視され、評価されていると相手に感じさせるようなスキルを教示する。また、操られていると相手に感じさせないようにしながらつき合う基本的な手法にも重点を置いている。カーネギーは、誰かに自分が望むことをさせるには、状況を一度自分以外の視点に立って観察し、「他人の中に強い欲望を喚起させる」ことで可能になると述べる。更に本書を通じて、相手に好かれる方法、自分の考え方に相手を引き込む方法、相手の感情を害することなく、あるいは恨みを買うことなくその人の考え方を変える方法を学ぶことができる。例えば、「他人にその考えが自分のものだと感じさせる」方法、そして「まず自分の失敗について語ってから他人を批判する」方法などである。また、歴史上の人物、産業界のリーダー、そして市井の人々の逸話を交えながら、著者の論点が分かりやすく解説されている。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本