FC2ブログ

TEN 著者 楡周平

TEN
著者 楡周平


新たな知識を求めてこの本と出逢う
人にはいろいろな人生がある。
誰にも送れない人生があり誰もが送ってる人生がある。
この意味が分かる人は少ないのではないでしょうか?
その意味を求めて人は本を手に取り本を読みます。
読書をすることにより新しい人生いろいろな人生を経験することができるのです。
だからこそ読書することが大切なことなのです。
まさにこの本は「成り上がり」を教えてくれる本である。
学歴のない主人公が、大企業の中でどれだけの活躍をして、どれだけの知恵に上り詰めるのかを教えてくれる。
この本を読んで戦後だからできたと言う考え方を持つかもしれない。
しかし戦後でなくても今の時代でも考え方としては同じである。
そしてサラリーマンというのはいかに保守的な生き物かを教えてくれる。
そしてさらには考えさせてくれる本である。
常に勝負をして前に進むことが大切である。
リスクをいかに減らして勝負するか、これが経営者の手腕かもしれない。
リスクなくして成功なし、この言葉は生涯なくなる事は無いであろう。
常に前向きに考えなければならない。
常に前を向いて進まなければならない。
ビジネスがビジネスであるためには、前に進むしかないのである。
それをこの本は物語として教えてくれる。
私はビジネスマンにお勧めの本だと考える。
こんなに成り上がりがはっきりとした世界は無いのではないでしょうか?
そして戦後の日本がどれだけ働いて、どれだけ活躍してどれだけ復興してきたのかがわかる。
その物語、その歴史がこれからの日本を支えていくのかどうかわからない。
しかしビジネスマンである限り、日本人である限り前に進まなければならない。
新しい時代、新しい社会、新しい世の中を夢見て前に進まなければならない。
後ろ向きの人間も世の中には存在する。
そーゆー人間は置いておくべきである。
関わらないべきである。
前を向いて歩くからこそ、新しい未来、明るい未来が見えるのではないか?
中卒、高卒、大卒、学歴は関係ない。
大切な事は結果を残すことである。
結果を残すことができないビジネスマンに価値は無い。
だからこそ結果を残すことを優先して考えなければならない。
そこにあなたの新しい人生が存在するのだから。
私たちは常に前に進んでいく。
私たちはリスクを背負うって進んでいく。
だからこそ成功手にするのである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


ビジネス小説の旗手、楡周平の勝負作!!

戦後の動乱期、横浜のドヤ街で当たり屋稼業をして暮らす「テン」こと小柴俊太は、幼馴染と偶然再会した縁で、料亭の下足番として雇われる。ある日、幼馴染の上司でもあるムーンヒルホテルの次期社長・月岡に見出され、彼の運転手を務めることになる。やがて月岡の会社に就職した俊太は、学歴はないものの独創的なアイデアと度胸で次々と実績をあげ、異例の出世をしていく。ところが、ある事件が発覚し、会社は上場廃止の危機に陥る。一連の騒動の背後には、思いもよらぬ人物の裏切りがあった・・・・・・。

本作品は、「男の嫉妬」と「黒い野望」テーマにしたサラリーマン奮闘小説。学歴もカネも失うものは何もない青年が、ホテル業界を舞台に、高度経済成長期のニッポンを駆け抜ける、汗と涙と歯ぎしりの一代記で、現代(昭和)版「太閤記」ともいえる楡氏の勝負作です。主人公が何のために、誰のために働くのか、仕事のやりがいとは何かを自らに問うシーンは、組織で働く者の共感を得られると思います。

TEN

新品価格
¥1,998から
(2019/3/11 21:51時点)






にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



バルス 著者 楡周平

バルス
著者 楡周平


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
経済小説、数少ない小説です。
これは今のネットでのビジネスにおいて警告をしている小説なのかもしれません。
そして派遣社員に対しての待遇改善をうたってる小説とも言えるでしょう。
正社員と派遣社員の格差社会、そして現在の経済に対する不満がこの物語には隠されています。
これは宅配による業務を麻痺させると言う物語になります。
最近はものを購入するにも店にいかず、ネットで購入するのです。
ですからパソコンからクリック1つでものが届きます。
しかし宅配業務を麻痺させれば商品が届きません。
つまりパソコンから購入したとしてもものが届かないと言うことです。
そうなれば人は店に行くしかありません。
購入してもものが届かないからです。
現代の世の中に不満を持っている人間が宅配業務を麻痺させると言う物語になります。
しかし実際にこのようなことが起こったらどうなるでしょうか?
日本経済がめちゃくちゃになること間違いありません。
そうなると日本経済の動脈は止まってしまいます。
だから緊急警告になってしまうのです。
それでついた名前がバルス。
この物語を読むことによって現代の社会を学ぶことができます。
この物語を読むことによって現在の日本経済の状況が知ることができます。
とても現実的な話でありますし、物語を読むことによって経済の勉強ができる事はとても良いことではないでしょうか?
それを考えるとこの小説はとても良い小説となります。
物語を読むことによって経済を学ぶことができるそんな経済小説です。
数少ないビジネス小説、このような本が話題になり日本人が学べればとても良いことだと私は思います。
しかしこの本のようにテロを真似してはいけません。
ぜひぜひ、現代の世の中のビジネスと言うものを学んでほしいと思います。
日本経済が今上向きなのか下向きなのかはわかりません。
しかし東京オリンピックまでは上向きが続くと思われますが、東京オリンピック後にどうなるかが疑問に思われます。
下り坂の状況の散っていくのか、上り坂のまま続いていくのか誰にも未来はわからないのです。
しかし東京中心に街の開発続いています。
リニアモーターカーの建設も決まっております。
新しい日本、住みやすい日本、便利な日本を夢見て日本経済はこれからも発展していくのでいかに貢献していくのかを考えて生きていかなければなりません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

世界最大ネット通販会社《スロット》は、極限に達した物流システムに支えられていた。生命線の宅配便トラックがテロの標的になった時、日本中が機能不全に陥る。格差社会への不満を抱えた「バルス」と名乗る人物による犯行声明がマスコミに届き、次の犯行予告が伝えられた。宅配会社は荷物の受け付けを中止すると、それに伴いネット通販会社の出荷も停止、あらゆる産業で事業が滞りはじめた。バルスは予想外の要求を突きつける!

バルス

新品価格
¥1,782から
(2018/6/23 12:41時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



和僑 著者 楡周平

和僑
著者 楡周平


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
プラチナタウンで街の活性化、そして次の一手は?
現代社会に問題提起するような物語かもしれませんと、思いこの本を読むことにしました。
そもそも和僑とは、海外進出した起業家や企業の駐在員など世界各地に居住して活動する日本人の呼称。
経済小説と言うのは、ときには予言となるようなこともあるようです。
ただ単に思いついた空想ですが、それが現実になることが起こり得ることもあるそうです。
それは作者が一生懸命取材した結果そのような事態が想定されると思い、描いたのでしょう。
もしくはその小説の物語を見て、誰かが実行したのかもしれません。
どちらにしろ、経済小説と言うのはある意味大きな影響力がある物語であるといえます。
近い未来日本は間違いなく高齢化社会になっています、いやむしろなりすぎています。
そこでプラチナタウンと言うものが経済的に役立つのは間違いないでしょう。
ただそこに未来があるのかと言われたら、決して明るい未来は見えません。
でも私は思います。
安心して過ごせる老後と言うのに憧れる人たちがたくさんいると思います。
私もその1人です。老後を楽しみたいと思っていますし、安心して老後の生活を送りたいと思います。
怖いのはただ1つ、餓死をすることです。
そして孤独死です。
自分自身何のために生きてきたのか、自分自身何をするために生きてきたのかを想い返すでしょう。
そこに私が生きてきた意味があるのかどうか判りません。
ただ私たちは幸せになるために生きてきてると思っております。
だからこそ私たちは一生懸命生きなければなりません。
そこには辛いこともあります。そこには明るいこともあります。
そこには楽しいこともあります。
だからこそ人は一生懸命生きるのです。
そして生きているのです。
新なる時代へ冷凍食品がこれから流行ると言う物語です。
日本の冷凍食品のレベルの高さは群を抜いております。
間違いなく世界に誇れると私も思います。
だからこそそこにお金を突っ込み投資をしてさらなる進化を求めれば日本は新なる産業を生み出すかもしれません。
私たち日本人に降りかかる明るい未来、輝かしい未来そのために私たち人間は、今何をすべきことでしょうか?
子供たちのために、日本国の未来のために、今すべきことをしましょう。
そして一人一人幸せになりましょう。
他人と比べては幸せになることができません。比べるのは自分自身です。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

宮城県緑原町に老人定住型施設「プラチナタウン」が開設され四年。町は活気を取り戻し居住者は増えた。だが、町長の山崎は不安を覚えていた。いずれ高齢者人口も減り、町は廃れてしまう―。山崎は、役場の工藤とともに緑原の食材を海外に広め、農畜産業の活性化を図ろうとする。だが、日本の味を浸透させる案が浮かばず…。新たな視点で日本の未来を考える注目作!

和僑 (祥伝社文庫)

新品価格
¥745から
(2017/9/14 23:40時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本