FC2ブログ

三日間の幸福の読書と足跡 三秋縋 読書感想

三日間の幸福

著者 三秋縋

読書2


三秋縋が描くげんふうけい第二弾!

どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。空回りし続ける俺を醒めた目で見つめる、「監視員」のミヤギ。彼女の為に生きることこそが一番の幸せなのだと気付く頃には、俺の寿命は二か月を切っていた。ウェブで大人気のエピソードがついに文庫化。

貴方の寿命の値段は?

貴方にとって寿命とは?

値段とは?

価値とは?

人それぞれだが・・・寂しさは共通である。

最後にしたいことは?

いざという時はおもいだせないものである。

別れと出逢い。

破壊と創造。

人類・地球の定めである。

三日間だからこそわかる幸せもある!!

三日間だから感じることができる事もある!!

三日間だからこそである。

少ない時間で人間は何が大切なのか感じる事が出来、何が幸せなのか考える。

少ない時間だからこそ発揮する!!

それは真剣に考えるからではないか?

真剣に考えうるからこそ、たどり着く答えがある。

たどり着いた人間は幸せである!!

三日間の幸福 (メディアワークス文庫)

新品価格
¥616から
(2015/6/2 20:35時点)



三日間の幸福 [ 三秋縋 ]

価格:615円
(2015/6/2 20:37時点)
感想(2件)






忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本