FC2ブログ

スタンフォードでいちばん人気の授業 著者 佐藤智恵

スタンフォードでいちばん人気の授業
著者 佐藤智恵

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
スタンフォード大学世界一の大学である。
世界最難関の学校教えるのは、思いやりと科学である。
まずはストーリーの力である。
物語は利益をもたらすものである。
ストーリーがもたらす3つの効用。
ストーリーは製品や自社のブランドを得るのに大きな威力を発揮する。
イノベーションの指針となる。
ストーリーは社員のやる気を刺激するのに最も効果的。
消費者は本当に欲しいものをわかっていない。
人間の欲求には大きく分けて5つある。
1 生理的欲求に
2 安全欲求
3 社会的欲求
4承認欲求
5 自己実現欲求
マーケティング3.0から4.0の時代のストーリー戦略。
スタンフォードも注目する日本の企業が存在します。
それはタニタです。
社員のアイディアを引き出すスターバックス注目されています。
皆さんはお掃除のおばちゃんじゃありません。
まとめてしまうと、ストーリーは3つの分野に効用があります。
1マーケティング
2イノベーション
3リーダーシップ
ストーリーの力の科学的根拠
1記憶に焼きつく
2データや数字よりも人を動かす
3人間の脳に訴えかける
売れる製品のポイント
1シンプル化
2脳に心地良い製品
人間の脳には限界がある
1マジカルナンバー−7 ± 2の法則
2人間は決断疲れを起こす
3人間の自己統制力には限界がある
イノベーションには3つのパタンがある。
1破壊的イノベーション
2持続的イノベーション
3効率化のためのイノベーション
人間には挑戦を阻害するバイアスがある
1現状維持バイアス
2損失回避バイアス
日本人へのアドバイス
1職場はサソリや毒グモがいるジャングルだと認識せよ
2競争から降りるな
3出る杭になれ
4周りの人からの評価に気を配れ
5出世した人の出世方法を研究せよ
仕事で失敗したときの三か条
1個人的な失敗と捉えない
2すぐに立ち上がる
3勝者のように振る舞う
社風を築いた会長が遵守する10箇条
1自らが高潔な人物になることから始める
2尊敬を得られることに投資する
3周りの人を啓発する
4達成したい目標を明確にする
5共通の夢を形成する
6全社員に情報を共有する
7建設的な意見の相違を尊重する
8謙虚に振る舞う
9win winとなる交渉をする
10信頼できる人を見極め、10箇条を注意深く実行する。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

世界トップエリートの行動を変える“究極の講義"とは――。
超人気教授12名へ徹底取材!
●一生使える“自分を変えるヒント"
●ビジネスに役立つ教養としての心理学、脳科学、経済学
●豊富な事例や実験結果でわかりやすく解説

◎エアビーアンドビーの急成長を促した「ストーリーズ」
◎ウーバーは何を破壊したか
◎トランプ大統領が象徴するリーダーシップ教育の終焉
◎全米を驚かせたジェットブルー航空の「神対応」
◎ホワイトハウス流・伝わる5つのフォーマット
◎日本人よ、競争から降りるな
◎ネットフリックスVS大手企業の戦いから学べること
◎マインドフルネスで自分を変える
◎脳科学にもとづく「人に伝える技術」とは
◎イノベーションを阻害する現状維持バイアス
〈目次〉
I 人間を探究する授業
序章 自分を変えるために人間を知る
第1章 ストーリーの力――物語は利益をもたらす
第2章 マーケティング――人間の脳には限界がある
第3章 イノベーション――挑戦を阻害するものは何か
第4章 社内政治の力学――出世競争と人間の本能
第5章 リーダーシップ――「いい話」は伝染する

II 人間力を鍛える授業
第6章 スタンフォード流会話術―― 一流は気くばりを忘れない
第7章 スタンフォード流交渉術――戦わない、妥協しない、損をしない
第8章 コミュニケーション――伝えるには「戦略」がいる
第9章 マインドフルネス――何歳になっても脳は鍛えられる

スタンフォードでいちばん人気の授業 (幻冬舎単行本)



スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本