FC2ブログ

伊藤元重が警告する日本の未来 著者 伊藤元重

伊藤元重が警告する日本の未来
著者 伊藤元重


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
これから日本、世界が向かう先に欠かせないのは、AIと、IOTである。
これから先、世界は、日本は、経済は変わっていくと思われる。
そして変わらなければならない。
自動車の自動運転がどんどん発展していき、技術の進歩は止まらない。
しかしそれは歓迎すべきことである。
現在世界経済が停滞してるのは技術の進歩が停滞してるからである。
全く進歩してないわけではない。
進歩がマイナーチェンジになっているのである。
しかしそれは仕方ないものである。
毎年毎年画期的な進歩すると言う発想が間違いである。
だからこそどこに投資をして、どこに発展をしておいしいのかを、購入する側、消費する側の私たちが考えなければならない。
人口が減少していき経済の発展が心配される中、技術の発展こそが経済の成長へつながると思われる。
これからどんどん勝者と敗者が入れ替わってくるであろう。
リアルの店舗が見直されて、ネットの世界でのビジネスが広がっていく。
すまほ人口が減少していき経済の発展が心配される中、技術の発展こそが経済の成長へつながると思われる。
これからどんどん勝者と敗者が入れ替わってくるであろう。
リアルの店舗が見直されて、ネットの世界でのビジネスが広がっていく。
スマホ1つで産地直売ができるようになっていくと、これからの商売の仕方はどんどん変わっていく。
ー1つで産地直売ができるようになっていくと、これからの商売の仕方はどんどん変わっていく。
こんな世の中だからこそ、一人一人が勝ち上がるのではなく日本と言う国として、日本と言うチームとして勝ち残らなければならない。
大企業が大企業として生き残ることができるのであろうか?
ベンチャー企業に潰されてくる大企業や大銀行が出てくるのではないか?
そうすることにより新しい経済、新しい社会が出来上がっていくと思われる。
例えばアマゾン等がお金の融資などをし始めると言うことである。
そうすれば銀行の存在価値がなくなってくる。
よって価値観がチェンジすることが想定されるのである。
そういう時代にわれわれはどういう投資と言う消費をしなければならないのかを考えなければならない。
時代の発展に貢献できるような、投資と言う消費をすることができれば、我々日本人にも明るい未来が訪れるのではないかと思う。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

ビジネスの現場を実際に観察する「ウォーキング・エコノミスト」であり、
わかりやすい解説で知られる伊藤元重教授が、
世界と日本で起こっているさまざまな変化の本質を読み解きます。
グローバル経済ではAI、IoTが生み出す勝者と敗者、世界に広まる保護主義、日米FTAの行方、
日本においては働き方改革、生産性をどう引き上げるか、穏やかなインフレによる財政再建の可能性など、
押さえておきたいポイントがぎっしり盛り込まれています。

伊藤元重が警告する日本の未来

新品価格
¥1,620から
(2017/10/21 08:48時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本