FC2ブログ

劇場 著者 又吉直樹

劇場
著者 又吉直樹


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
いろいろな人生を知る事は、ビジネスにおいても不動産投資においても大切なことだと私は思います。
ビジネスは、結局は人と人とのやりとりです。
だからこそ、他人の気持ちを知る必要がありますし、他人の考え方を知る必要があります。
結局、そこにあるのは人と人のやり方、考え方だからです。
今回の又吉先生の物語は、いかにも又吉先生の物語らしい物語となっております。
演劇を題材とした、若い男と女の物語となります。
東京と言う大都会で、苦しみながら夢を追いかける男女の2人、そこには夢を追いかける物語と、男と女の恋愛物語、そして男の身勝手な考え方を知ることができます。
まるで大宰治先生のような色の物語ではないでしょうか?
男の心の弱さ、考え方の弱さ、小心者の心情をうまく描かれているのではないかと思います。
前回の、火花も同じように夢を追いかけて東京でがんばる若者の物語だった記憶があります。
今回も同じように東京でがんばる若者の夢、苦しみを追いかけているような気がします。
そこには共感があり、同感があると感じることができます。
人間、東京に憧れている以上1度は夢を追いかけたことがあるのではないでしょうか?
そして誰もがその夢に敗れて、現実的な社会、現実的な生活に妥協していくのではないでしょうか?
いかに夢を追いかけることができるのか、いかに夢を追いかけ続けることができるのか、そしてその夢をいかに支え続けることができるのだろうか?
そこに2人の将来はあるのであろうか、そこに2人の将来は描かれているのであろうか?
この葛藤は物語を読んでいるととても切なくなってきます。
しかしこの葛藤を知って同感できる人、共感できる人がこの世の中に増えていけば、他人を思いやる気持ちを持った人間が増えていくのではないでしょうか?
そういう目線でこの小説を読んでみたら、いろいろな方に読んで欲しい小説となるのではないかと私は思います。
今の世の中自分のことしか考えてない人が多いですし、自分さえよければいいという考え方が増えてきていますし、そしてそーゆー人が成功している現実もあるのです。
しかしそういうの世の中が是正されるのであれば、それは応援すべきではないでしょうか?
私たちは笑顔のある生活を求めています、私たちは関心のある生活を求めています、私たちは、私たちこの未来に…。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

芥川賞作家・山下澄人が、又吉直樹の新作『劇場』を読む

二年前の春、ぼくが書いた『コルバトントリ』という小説を飴屋法水さんが芝居にした。ある日の終演後、小柄な男の人が話しかけて来た。男の人は小声で「又吉です」といった。又吉直樹さんだった。もちろん何年も前からテレビでぼくは又吉さんを見ていた。それでも名乗られるまでその男の人が又吉さんだとぼくは気がつかなかった。又吉さんが『火花』を発表する少し前のことだった。

今年の春、二作目が発表された。タイトルは『劇場』。演劇の界隈が題材にされていた。見てもらった劇が書かれているわけじゃない。

人のすることのほとんどは説明なんかできない。しかし「こたえない」を世の中は許さないから、仕方なしに外に流通する「物語」を使って説明らしきことをしようとする。もちろんそれでは何も語れない。語れてないことが語りながらわかるから、わかってもらえない、誤解されている、という呪いの孤独へ首までつかる。

又吉さんは小説で、「理解されないかもしれない」という呪いのかかるその外へはみ出ようとする。そのうえで真正面からその「理解されない」を丁寧に語る。

はじまってすぐの、通りがかった画廊で主人公永田が沙希と出会う場面。たまたまそこにいただけの沙希を『この人なら、自分のことを理解してくれるのではないかと思った。』と永田はいきなり話しかける。話しかけた言葉だけ書き出す。

「靴、同じやな」

「えっ」

「靴、同じやな」

「違いますよ」

「同じやで」

そしてもう一度、今度はやさしく

「同じやで」

ここだけこう抜き出せば永田は気持ちの悪い男でしかない。事実永田は気持ちが悪い。又吉さんは「永田はなぜにこうも気持ちが悪いのか」は書かない。気持ちの悪い永田を気持ちの悪いままその状態の細部だけを書く。丁寧にそれを書く。この世での時間が長くなると、自意識でどうにもこうにも身動きが取れず気持ちの悪いものでしかなかった「かつて」をなかったことにしてたいがいはツッコミにまわる。世間の側につく。その方が通りがいい。又吉さんの小説で出てくる人は違う。ボケとしてそこにいる。理解されないであろう、気持ちの悪い、ボケのままでいる。

これでええんや、と読みながら思う。

「ええかどうかわからんけど」

と永田は笑いもせずにいう。

「こうしかできひん」

と残念そうに小声でいう。

評者:山下 澄人

(週刊文春 2017.06.08号掲載)

劇場

新品価格
¥1,404から
(2018/4/25 07:02時点)




劇場 [ 又吉 直樹 ]

価格:1,404円
(2018/4/25 07:02時点)
感想(14件)






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

火花 著者 又吉直樹

火花
著者 又吉直樹


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
大ブレイクした又吉先生の本。
正直読む気にはならなかったが、やはりいちど目に徹しとこうと思って読書することにしました。
物語の内容としては漫才師の物語である。
ブームで話題になった本かと思いきや、人生論が語ってあり言葉の言い回しといい、非常に面白い本でした。
お笑い芸人と言う夢に向かう20代の葛藤、そして成功と挫折を描いておりリアルを感じます。
20代の頃は青臭いかもしれませんが夢を追いかけます、しかしそれを実現する人たちは一握りの人間なのです。
どこで見切りをつけて次の道へ進むのか、それとも諦めずに夢を追いかけるのか、これをお笑い芸人と言う目線で描くと言う青春時代を思い出させる物語となっておりました。
お笑い芸人に興味がないため、本を読む気にはなりませんでしたが、読み始めたらお笑い芸人も違う目線で見ることができ、さらに人生論を感じることができるためお笑いに興味がない人たちも面白い本だと思います。
先輩のお笑い芸人におごってもらう生活、そしてその先輩のお笑い芸人は女性の紐であり、借金をしてでも後輩にご飯を食べ出せると言う、芸能界の特殊な生活を描いている。
決してその生活が良いことだと思わないが、それでも後輩のために何かを残してあげよう、後輩のために何かをしてあげようと言う考え方は今の世の中に足りないことであり素晴らしいことだと思います。
ただだからといって女性のヒモになることが決して良いことだとは思いません。やはりそこは自分自身で稼いで、後輩にご馳走することが大切なことだと思いますし、ありがたみを感じることでしょう。
でも考え方として正しい事は、常に面白いことを考えることであり、常に面白いように受け取るという心構えは大切なことだと思います。
最近は意見の対立及び好戦的な人たちが多いが、そこには心の余裕がなくどうしても自分を守るために他人を攻撃してしまいがちです。
そんな世の中で生きるために好戦的な攻撃と言うのは大切なことかもしれないが、心の余裕がある人たちが増えて、攻撃的な発想ではなく受け入れる発想が世の中に充満していけばもっと楽しい生活描けることでしょう。
そういう考え方をさせてもらうそういう考え方をさせてもらう物語であったのがこの火花と言う小説です。物語であったのがこの火花と言う小説です。
小説を読んでどう思うか、どのような考え方をするのか、どのような受け取り方をするのかを改めて考えさせることができればその小説はあなた自身のためになったと思います。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

売れない芸人の徳永は、熱海の花火大会で、先輩芸人である神谷と電撃的に出会い、「弟子にして下さい」と申し出た。神谷は天才肌でまた人間味が豊かな人物。「いいよ」という答えの条件は「俺の伝記を書く」こと。神谷も徳永に心を開き、2人は頻繁に会って、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとする。吉祥寺の街を歩きまわる2人はさまざまな人間と触れ合うのだったが、やがて2人の歩む道は異なっていく。徳永は少しずつ売れていき、神谷は少しずつ損なわれていくのだった。お笑いの世界の周辺で生きる女性たちや、芸人の世界の厳しさも描きながら、驚くべきストーリー展開を見せる。笑いとは何か、人間の本質とは何かを描ききり第153回芥川賞を受賞、2015年の話題をさらったあの「火花」が待望の文庫化! 受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を併録。2016年「朝の読書運動 高校生部門」1位。原作映画が2017年11月23日(木・祝)全国東宝系にて公開決定! 出演:菅田将暉・桐谷健太・木村文乃 監督:板尾創路

火花 (文春文庫)

新品価格
¥626から
(2017/10/21 22:50時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本