FC2ブログ

羊と鋼の森 著者 宮下奈都

羊と鋼の森
著者 宮下奈都


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
話題作となったこの本、私たちは興味を持ってこの本を手に取りました。
羊と鋼の森いまいちよくわからない題名です。
しかしこの本を読み進めていく上で謎が解けていきます。
ああ、なるほどこういうことだったのかと言うことが実感できるのです。
これはピアノに関して物語であります。
そして調律士と言う職業を持って、主人公の成長を描いている物語です。
人は成長していくことに共感を生みます。
なぜなら人間は成長していく生き物だからです。
成長なくして、発展はありません。
地球は、社会は、発展しなければなりません。
そこに私たち人類の幸せがあるからです。
大きくまとめればこういう話になっていきます。
しかしこれは1個人の1人の人間の成長を描いております。
よって心に受け止めやすい物語ではないでしょうか。
私はピアノに関わったことないのでいまいちピアノの世界がどうなるかわかりませんが、ピアノに関わったことがある方々からすれば、非常に興味深い話が出てくるのではないでしょうか?
そして1つの物語と同じくして他の知識も得ることができることができるのではないでしょうか?
物語知識を得ることができるそれは小説にとって良い小説と言う証拠でもあります。
どのような形で知識を得て、どのような形で自分自身のためになるのかはその人次第になってきます。
ただ私たちは知識を得ることにより成長していくのです。
成長していくことによりより住みやすい社会、より生きやすい社会を作ってしまうのです。
そして私たちはまたあなたの幸せを追求していきます。
幸せを追求することにより文明が発展して、人類が進歩していくのかもしれません。
その上でも知識と言う事どのような形で知識を得て、どのような形で自分自身のためになるのかはその人次第になってきます。
ただ私たちは知識を得ることにより成長していくのです。
成長していくことによりより住みやすい社会、より生きやすい社会を作ってしまうのです。
そして私たちはまたあなたの幸せを追求していきます。
幸せを追求することにより文明が発展して、人類が進歩していくのかもしれません。
その上でも知識を得るという事は、人間が生きていく上でとても大切なことだと思います。
学ぶ気持ちがなければ成長はあり得ません。
世の中勝ち組が負け組しかありません。
どのような人間になるかはあなた次第です。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

史上初! 堂々の三冠受賞!
・2016年 本屋大賞
・2016年 キノベス! 第1位
・2015年 ブランチブックアワード大賞

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」

ピアノの調律に魅せられた一人の青年。
彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

羊と鋼の森

新品価格
¥1,620から
(2017/11/25 18:14時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本