FC2ブログ

ソニーはなぜ不動産業を始めたのか? 著者 茂木俊輔

ソニーはなぜ不動産業を始めたのか?
著者 茂木俊輔


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
ソニーと言えば超一流の企業である。
最近そのソニー不動産業を始め、金融業界や保険などいろいろな業界に参入しています。
ソニーと言う会社が培ったノーハウ、企業風土をこの世に広めていくのかもしれない。
それがいいことなのかどうかは私もわからないが1つのやり方としては学ぶべきだと思います。
そしてそれが1番肝に思っているのが不動産業であり、特に中古物件である。
中古物件の透明性がなく日本では中古物件はいいものとして扱われていない。
日本と言う国は新築こそ良いものだと言う価値観で成り立っている国である。
ただ新築と言うのは購入した瞬間、そして住み始めた瞬間に価格が暴落するものである。
暴落といっても何割かであるが、それでも購入価格より売却価格が上回ることがほとんど稀である。
しかし世界で見てみればおかしな話である。
そこに疑問を持って一石閉じたのが、ソニーと言う大企業である。
駅の近くには、いろいろな不動産屋さんがあります。
大きい不動産屋さんもあれば小さな不動産屋さんもあります。
それはなぜか、儲かっているからでしょう。
実際に不動産業の停滞はあまり見ることがありません。
これから消費者はいろいろな不動産屋さんを見て選んでいくことになるでしょう。
その中で勝ち残っていく方法、勝ち残っていくやり方をしている不動産屋さんこそ価値のある不動産屋さんにかもしれません。
それが私たちにとって良いことなのでしょうか?
悪いことなのでしょうか?
それは未来にならなければわかりません。
やはり世の中には競争が生じます。その競争に勝ち残った企業こそが、価値のある企業となるでしょう。ソニーと言う看板を背負っている以上、ソニーは信頼を持っています。
だからこそ他のの企業と違い、スタートが早いのです。
そのソニー不動産がどのような台風を、風を巻き起こすのか、この不動産業界において楽しみであります。
私も1人のオーナーとして、不動産オーナーとして注目をしております。
世の中、笑顔が溢れる世の中になってほしいと思っていますし、衣食住に関しては人間は必要不可欠な業態になります。
だからこそこの不動産においてソニーの活躍を楽しみにしております。
しかし私はソニーから不動産を購入するかどうかはわかりません。
もっと不動産業界が活発になり、面白くなることを楽しみに待っております。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

実際に利用したお客様への調査で9割を超える人が
「満足」と答えたソニー不動産の秘密とは!


2014年12月に発刊した『ソニーはなぜ不動産業を始めたのか?』第1版では、
ソニー不動産がどのように立ち上げられたのか、そしてそのビジネスの新しさや
日本の不動産市場における意義は何なのか、をみてきた。

今回の増補改訂版ではそこに、ヤフーとの業務・資本提携のいきさつも加え、
それが可能にした「おうちダイレクト」という不動産売買プラットフォームの
構築・運営が、消費者にとってどのような意味を持つものなのか、掘り下げる。

≪目次≫
【01】事業が始まった瞬間
【02】なぜいま「不動産」なのか
【03】なにが「新しさ」なのか
【04】なぜ「人が集まる」のか
【05】なぜ「高く」売れるのか
【06】なぜ「事業」が動き出したのか
【07】開業3年の成長とヤフーとの提携
【08】「おうちダイレクト」の目指すもの
◎インタビュー
  ソニー不動産代表取締役社長
  西山和良 氏
    「感動価値」を提供することこそ事業の意味
◎インタビュー
  ソニー執行役EVP CSO 兼ソニーモバイルコミュニケーションズ代表取締役社長
  十時裕樹 氏
    ソニー不動産はソニーのDNAそのもの

ソニーはなぜ不動産業を始めたのか?[増補改訂版] 不動産流通革命に挑む改革者たち

新品価格
¥1,620から
(2017/12/3 23:21時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本