FC2ブログ

脳が老いない世界一シンプルな方法 著者 久賀谷 亮

が老いない世界一シンプルな方法
著者 久賀谷 亮

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
内に溜まった老廃物を洗い流せば、頭が疲れづらくなると言われている。
歳をとると、集中力が切れやすくなるし、頭が疲れやすくなるし、記憶力が落ちてくる。
これはの老化を止められない、大人の成長しないと言う通説のもとに考えられてきた。
しかし近年その考え方が変わりつつある。
そのおかげでビジネスがより有効的に、より効率的な話になってくる。
そして時間を有効的に使えるようになってくると言うことである。
の老化を決める長寿遺伝子「テロメア」にある、「テロメラーゼ」という酵素がポイントに入るということです。
そしての若さを保つには瞑想することが良いと言うことです。
①基本姿勢をとること
(椅子に座り、背筋を軽く伸ばし、背もたれから離して座る、お腹はゆったり、では太ももの上、足は組まない、目は閉じる)
②体の感覚に意識を向ける
(接触の感覚、足の裏というか、お尻と椅子、手と太ももなど、体が地球に引っ張られる重力の感覚を感じる。)
③呼吸に注意を向ける
(呼吸に関わる感覚を意識する、鼻を通る空気、空気の出入りによる胸、お腹の上下、呼吸と呼吸の切れ目、それぞれの呼吸の深さ、吸う息と吐く息の温度の違いなど、深呼吸や呼吸コントロールは不要、鼻呼吸がオススメ、呼吸が向こうからやってくるのを待つ、呼吸に1、2、などとラベリングするのも効果的)
④雑念が浮かんだら
(雑念が浮かんだら事実に基づき、注意を呼吸に戻す、雑念は生じて当然なので自分を責めない)
ここでのポイントは、毎日10分程度、習慣として継続すること。
運動中にできること
① 2種類の運動を使い分ける
(最大心拍数60%程度の有酸素運動を40分位継続する、ウォーキングを40分程度×週3回がベストである、インターバルトレーニング、例えば3分間早めのスピードを走って3分間休む事を4セット行う)
②マインドフルインターバル
(ウォーキングの途中で速度を落とし、血液が手足の末端へ移動する感じや、呼吸が静まっていくときの変化にも注意する、自分を追い込むのではなく、自らをケアする、過去の自分のパフォーマンスと比較しない、その日の体調に合わせる、運動に伴う辛さを自分の外から眺めてみる)
③ムーブメント瞑想
(ラジオ体操、ヨガ、気候、太極拳などスローなエクササイズを取り入れる、エクササイズの目標があっても残りがあとどれくらいかなど先取りしない、歩行に伴う身体の感覚に注意を払う)
お風呂、シャワー、歯磨き、化粧、ヘアセット、着替え等の身づくろいの際に、体の動きに意識を向けるのも効果的である。
筋トレはあまり効果が見られない。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

オススメ
最高の休息法世界のエリートがやっている

★本書の主な内容

【図 解】まずはこれだけ! 脳が老いない3つのメソッド

[Lecture 1] なぜかずっと若い人、すぐに老ける人――「長寿遺伝子」と「老化」の科学
・老いは「伝染」する―細胞セネッセンスとヘイフリック限界
・なぜ同年代でも「老けた人」と「若い人」がいるのか?―テロメア ……など

[Lecture 2] 脳はこうして「劣化」していく――アミロイドβと脳の可塑性
・脳回路の不具合は「老廃物」が原因―アミロイドβとタウ
・「新しいことを学べない脳」は、どこにカスが溜まっている? ……など

[Lecture 3] 「認知」をめぐるエイジング・サイエンス――現代人が抱く「老化恐怖」の正体
・なぜ現代人ほど「老い」を嫌悪するのか―ジェロントフォビアの正体
・75%の人が「自分は意外と若い」と考えている―老いは認知が9割 ……など

[Lecture 4] 世界の「エイジング研究」最前線――運動・食事・睡眠・ストレス
・老化要因の7割以上は「コントロール可能」
・「週3回のウォーキング」で、テロメアの長さが2倍に! ……など

[Lecture 5] 脳の成長がとまらない世界一シンプルな方法――瞑想で「雑念回路」を鎮める
・脳は「疲れる」ようにできている―デフォルト・モード・ネットワーク
・3カ月の瞑想で「若返り酵素」の活性がアップ! ……など

[Lecture 6] 老化とは「脳の進化」である――老いのポジティブサイド
・記憶力の低下には「順序」がある―流動性記憶と結晶性記憶
・5人に1人がたどりつく境地―トルンスタムの「老年的超越」 ……など

[Lecture 7] 脳を「停滞」させない最高のメソッド群――7つのライフ・マインドフルネス
・人生に不可欠な「2つのH」を実現する―ライフ・マインドフルネス
・美容のためにできるパッション・ドリブン ……など

[Lecture 8] 「脳の老い」を乗り越える――怯える扁桃体とメメント・モリ
・死後の世界はただの「おとぎ話」か―ホーキング博士の言葉
・過去や未来に「圧迫」され続ける生き方をやめる ……など


脳が老いない世界一シンプルな方法

新品価格
¥1,728から
(2018/10/14 11:34時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最高の休息法世界のエリートがやっている

最高の休息
世界のエリートがやっている

著者  久賀谷亮

「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
脳は何もしないでも勝手に疲れていくものです。
何も考えずにぼーっとすれば、脳は休まるんじゃないのと思う人がたくさんいるでしょう。
しかし残念ながらどれだけ無駄な時間を過ごしても、それだけであなたの頭は休まる事はありません。
むしろどんどんエネルギーを消耗し続ける可能性すらあるのです。
ではでは世界のエリートはどうやってノー休ませているのでしょうか?
それはマインドフルネスと言うやり方で休ませているのです。
リラックスするだけでは脳の休息にはなりません。
マインドフルネス呼吸法、基本姿勢をとります、体の感覚に意識を向けます、呼吸に注意を向けます、雑念が浮かんだら自分を責めることなく落ち着きましょう。
1日5分でも10分でもいいので毎日続けることが大切です。
同じ時間同じ場所でやることが脳には良いのです。
他には、歩行瞑想をして、立った姿勢でムーブメント瞑想して、座った姿勢でムーブメント瞑想をします。
玄関を出たところからスタート、駅の改札を出たら開始、ムーブメント瞑想やるタイミングをあらかじめ決めると習慣付けやすいものです。
いろいろな方法論がありますが、自分に合ったやり方を見つけましょう。
その上で毎日することとして、外に出て日光浴びることが大切でありますし、森林や海などの自然に触れることも大切です、温かいお風呂にも入りましょう、ストレッチやヨガなどの緩やかな運動することも大切ですし、デジタルデバイス、特にSNSには触れないようにしましょう、これが大切なことです。
1日目体を休息させる、レイジー・デー、2日目は行ったことのない近場を訪れることをおすすめします、3日目は人とのつながりを確認することをお勧めします、4日目は欲求を解放するワイルドデーを作ることをおすすめします、5日目は次の休息をより良くするために、意識しましょう。
最先端の脳科学で心をメンテナンスすることが大切な時代になってきました。
これからは脳を作る時代が到来すると言われています。
その1つがマインドフルネスなのです。
今はマインドフルネスがアメリカで一大ブームを引き起こしています。
人間が疲れるのは体ではありません、脳が疲れているのです。
自分自身で脳をいたわり、休息をとりましょう。
何もしない練習をすることが大切なことです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

★シリーズ26万部突破! いちばん売れてるマインドフルネス本に「CDブック」が登場!!
★テレビ番組「世界一受けたい授業」(2016.10.22) 出演で話題沸騰 !!
★聞くだけで「脳の疲れ」が消えていく……スポーツ界・芸能界でも実践者続々!!

【10分聞いて頭スッキリ!! 医師監修の「特別音源CD」付き】
睡眠・美容・子育て・勉強・ダイエット・運動・老い…
1日10分聞いて効果を実感する、最強の科学的メソッド!

◎疲れが溜まっていたのは「脳」だった!
「とくに何もしてないのに、なんだかいつも疲れている……」
「休日にたっぷり眠っても、月曜日の朝には頭が重たい……」
「以前よりも集中力が続かず、すぐに気が散ってしまう……」

そんな人は「身体」が疲れているわけではありません。
「脳」に疲れが溜まっているのです。

いま、世界最先端の脳科学によって
「脳の疲れの解消法」が解明されつつあります。
お金もかかりませんし、特別な道具も不要です。
必要なのは、「疲れを溜め込んだその頭」と「たった10分の時間」だけ。

◎脳科学の最前線・米国で18年診療してきた日本人医師が明かす!
「頭がスッキリしました! 」
この方法を実践した人は、口を揃えてこう言います。

また、この科学的メソッドの効果は、その場だけのものではありません。
これを継続すれば、あなたの脳が“疲れづらい脳"に生まれ変わるからです。
そのほか、集中力、感情調整力、メタ認知力、免疫機能のアップなど
じつにさまざまな効果が世界トップレベルの論文で報告されています。

◎聞くだけで「脳の疲れ」がスッキリ!
本書は、「脳疲労の解消法」をコンパクトにまとめ、
医師監修の実践用音源を付属した「CDブック」です(全59分)。
7トラックに分かれているので、1週間単位での継続にも最適です。

[CDの収録内容]
・Track 01 とにかく脳が疲れているとき――マインドフルネス呼吸法(10:47)
・Track 02 気づくと考えごとをしているとき――ムーブメント瞑想(8:47)
・Track 03 ストレスで体調がすぐれないとき――ブリージングスペース(7:23)
・Track 04 思考のループから脱したいとき――モンキーマインド解消法(6:59)
・Track 05 怒りや衝動に流されそうなとき――RAIN(3:58)
・Track 06 身体に違和感・痛みがあるとき――ボディスキャン(12:49)
・Track 07 他人へのマイナス感情があるとき――メッタ(8:20)
※購入者特典!! スマホ・PC・タブレットでも使える音源ファイルがダウンロードできます

脳疲労が消える 最高の休息法[CDブック]――[脳科学×瞑想]聞くだけマインドフルネス入門

新品価格
¥1,620から
(2017/12/24 05:44時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本