FC2ブログ

結果が出る仕事の『仕組み化』

結果が出る仕事の『仕組み化』
著者 庄司啓太郎

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
働き方改革、これは今日本政府が国を挙げて取り組んでいることなのです。
それは1億総活躍社会の実現に向けた日本政府の政策の1つとなっております。
つまり死ぬまで働きましょうと言う受け取り方もできますし、働ける環境作りましょうと言う受け取り方もできます。
どう受け止めるかどうかはその人次第なのです。
ポジティブに受け止める人もいればネガティブに受け止める人もいます。
そしてこの働き方改革により働きやすさと、生産性の向上が求められています。
世の中が良くなるために、日本国が良くなるために変えなければいけないこともあるし変えてはいけないこともあるでしょう。
そこで注目される事は、「業務」の実態を正確に開くできていますか?
業務」のあるべき姿を具体的に描けていますか?
業務」を確実に遂行するための仕組みはできていますか?
これを再度チェックすることが大切なことだと思います。
自動化、機械化の流れは止められません。これからもっと自動化していきますし、機械化してことが想定されます。
そして効率よく仕事をするために大切な事は仕組み化を作ることです。
仕組み化さえ作ってしまえば、その仕組みによって仕事をこなしていくだけなのです。
しかし機械だけでは信用できないところもあります。
完全自動化ではなく半自動化をどれだけ作っていけるかが大切なことです。
どのような業務が本当に適しているのかの見極めが大切です。
重要なのはつながりとオフラインとなります。この見極めをどのようにしていくのか、そしてコストとセキュリティーの観点からの落としどころを見極める必要があるのです。
お金さえかければどのようなセキュリティーでもかけれますが、そこに意味があるのかどうかの確認が必要なのです。
だからこそ具体的な事例を挙げて、事例の共有化を図り、汎用的な法則を見つけて、汎用化を図り、会社としての標準を見つけて標準化を作らなければなりません。
個人任せではなく会社としてルールを作り、そのルールに則った仕事をいかにさせていくのか、これが効率よく仕事をこなしていくコツなのかもしれません。
しかしそれでは社員は育たないのかもしれません。
利益を優先するのか、社員を優先するのか、会社としての企業としての優先順位が問われます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

働き方改革に欠かせない「仕事の仕組み化」
現場で実践、生産性向上の切り札登場!


業務を三つのタイプに分類すると、チームの生産性はもっとアップする――。業務は、高度な経験や知識が必要なA:感覚型、一定のパターンから選択するB:選択型、誰がやっても同じ結果が求められるC:単純型の三つに分類できます。そして実は多くの企業では、その業務の約8割がBとCに分類されるのです。

このB:選択型とC:単純型を徹底的に「見える化」「標準化」「マニュアル化」「ツール化」、つまり「仕組み化」することで、業務の自動化、半自動化が可能になり、ビジネスパーソンは付加価値を生み出すA:感覚型の業務により多くの時間を割けるようになるのです。

この仕組み化は、昨今注目されているソフトウエアロボットによるホワイトカラーの業務の自動化手法である「RPA(Robotic Process Automation)」を導入する際の前提作業にもなります。生産性向上が求められる現場において、「仕組み化」はITを活用するための必須手法でもあるのです。

本書は、これまで業務改善コンサルタントの秘中の秘であった現場でできる「仕組み化」の実践的ノウハウを余すことなく開示します。働き方改革を掛け声だけで終わらせず、生産性向上という果実を引き出したい――。そんな思いを持って改革・改善に取り組む現場の中間管理職、そして仕事を効率化したい、付加価値の高い仕事をしたい全てのビジネスパーソン必携の1冊です。

結果が出る 仕事の「仕組み化」




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本