FC2ブログ

いちばんやさしい不動産の教本 著者 林秀行

いちばんやさしい不動産の教本
著者 林秀行

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
不動産投資家である私は、もう少し不動産投資かとしての知識を増やし、将来的には不動産1本で生きていけるようになりたいと思い勉強することにしています。
まずは不動産の基本を学ぶなければならない、というか学び直さなければならない、そしてやっぱり基本男からブレてはいけないと言うことでこの本と出会うことになりました。
そもそも不動産とは、「土地」と「建物」のことである。
不動産の情報を集中管理するのが「レインズ」というものである。
いかにこのレインズを活用しながら情報収集して、いかに自分にとって有利になるように話を進めれるかどうかが大切である。
ローンの組み方も違う、住宅ローンと投資をマンション論では金利も違うし考え方も違う。
いかにこれを理解してから、不動産投資を行うかが大切である。
保有する不動産に税金がかかることを知っておきましょう、「固定資産税」と「都市計画税」将来かかってきます。
ただ不動産を持ってればいいと言うわけではないと言うことです。
しかし不動産は持つことによって利益を出すことができます。
利益を出さない不動産も当然存在します。
ですから勉強することが大切なことかもしれません。
勉強することにも悟りの方法論があります、1つは効率的に勉強すること、もう一つは時間をたくさんかけることであります。
不動産には、インカムとキャピタルがあります。
どちらで稼ぐかはその投資家次第であります。
キャピタルで稼ぎながら、インカムで逆転するという考え方もありますが、将来年金が怪しい流キャピタルよりもインカムのほうに注目が詰まっているのは仕方がないのかもしれません。
そこで注目されているのが、2022年の住宅問題である。2022年の住宅問題とは、全国の都市部にある生産緑地がいちどに宅地として売り出され、地下の下落と緑地の消失をもたらす可能性がある問題である。
一斉にここで不動産投資が活発になると想定されます。活発になった瞬間不動産価格が暴落するのではないかと思われます。
この可能性が非常に高いと思います。
しかしそれは地方の問題では無いかと思われます。
都市部、東京に関しては緑地自体が少ないためこの問題はあまり関係ないのではないかと思われます。
ということわ同行の土地で投資をするかが大切になってくるのではないかと思っています。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

■この本はこんな人におすすめです
・不動産業界で働く前に予備知識がほしい
・取引だけでなく、幅広い知識を身につけたい
・宅建資格に興味がある
・マイホームの購入を考えている
・自分で登記手続きをしたい
・不動産投資に興味がある
・住宅ローンの仕組みを知りたい
・マンション管理の実務を知りたい
・不動産の税金について知りたい

■不動産に関する幅広い知識が1冊で身につく
知っていると役立つのに、なかなか身につける機会がない。
不動産は、そんな知識の1つではないでしょうか。
本書は、不動産の売買を中心にしながら、マンション管理や不動産投資、
業界がかかえる問題点も含めた幅広い知識が身につくように構成してあります。
そのため、売買や賃貸の仲介業はもちろん、金融機関や管理会社など、
不動産に関わるすべての人に役立つ内容となっています。

■マイホームの購入や不動産投資を考えている人にもおすすめ
住宅ローンの仕組みや資金計画の立て方、税金、投資のランニングコストなど、
不動産を購入したいと考えているにとって、お金の話ほど関心の高いものはないでしょう。
本書では、購入や保有、売却、投資といった局面ごとに必要となる
お金の話をわかりやすく説明しています。

■セミナーを受講しているような、わかりやすい解説
不動産コンサルティングマスターでありながら大手予備校や宅建登録実務講習など、
講師としても豊富な実績を持つ著者による「いちばんやさしい教本」です。
著者自身の経験に裏打ちされたノウハウと不動産実務に欠かせない基本知識を、
豊富な図解をまじえて丁寧に解説しています。

([無料特典]PDF版電子書籍付)いちばんやさしい不動産の教本 人気講師が教える土地建物の基本と取引のしくみ (いちばんやさしい教本)

新品価格
¥1,620から
(2018/1/17 00:19時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本