FC2ブログ

[足もみ]で心も体も超健康になる!の読書と足跡 田辺智美 読書感想

[足もみ]で心も体も超健康になる!

著者 田辺智美

読書2


足もみでスッキリ、心と身体の大掃除。
病気にならない、元気いっぱいの人生のために!

私が「足もみ」に出会ったのは、今から十数年前のこと。交通事故によって重度のむち打ち症になり、激しい頭痛やしびれ、肩コリ、倦けん怠たい感かんなどの様々な不調とつきあう日々が始まった時です。
初めて自分で足をもんだ瞬間に、もうすでに身体が回復して健康になれたような喜びと、この先ずっと「足もみ」が私の健康の味方になってくれると確信できた感動は、今も忘れません。私が2000年に「足そく健けん道どう」さと足ツボ療術院を開業するに至った「原点」ともいうべき感動です。
足もみにとりくんだ当初は自己流のつたないもみ方でしたが、それでも、むち打ち症や虚弱体質、副ふく鼻び 腔くう炎えんなどが次々と改善されていきました。しかも脚が細くなり、子供のころからのO脚も真っ直ぐになったのです。時期を同じくして、私の母が心筋梗塞で、手術が必要かもしれないと診断されました。母の足はとても冷たくてむくみ、爪は薄黒く、くるぶしが腫れ上がり、ふくらはぎには静脈と毛細血管がはっきりと見えていました。
母の足をもむと「痛い! 痛い! 」と叫んでいました。しかし、もみ終わると、いったのです。
「あぁー! 体中に血がまわっとる! 身体が軽い! 」
その日から毎日、母の足もみをするうちに、みるみる元気になっていきました。
そして2年後、カテーテル検査を受けると、「うーん……これはよくなっているね。すごいね! 」と医師をうならせるほど、細くなっていた血管が太くなり、グングン血が通うようになっていたのです。
「足もみ」は、副作用のない、健康を守る最高の薬!
健康がすべてではありません。しかし、健康でなければ思うように動けなくなります。人生90年でも100年でも、この身体で生きていくのです。
「毎日足をもむ」とは、そんな大事な身体を思いやり、「毎日、身体にいいことをする」ということです。
部屋の掃除、庭の掃除などは、してもしても埃ほこりや枯葉がたまるものです。だからといってしなければ、不衛生で病気になったり、荒れ果てたりします。
人間の身体も、同じように考えてみましょう。
生きる限り、身体は酷使されるし、ストレスだって毎日たまります。それを放置せずに、毎日身体に、感謝とご褒美を与える気持ちで、足をもむ習慣が大切なのです。
足もみを始めると、「あれっ、そういえばあのつらい症状が消えた! 」という、嬉しい変化が確実にたくさんでてきます。そしてまた、内側から、ムクムクとエネルギーが湧いてくるでしょう。
これまで、0歳から101歳まで、18000人以上の方の足を施術してきました。そして日々、何十年も続く慢性的な疾患が改善し、また同時に、老廃物が排泄されることにより、足が細く美しくなるのを見てきています。
・なかなか改善しない慢性的な症状がある人
・明らかに不調があるのに、病名がつかず不安を抱えている人
・病気になりたくない人
・もっと健康になりたい人
・足を美しく細くしたい人
こんな方は、本書の「気になるページ」から始めていただいてかまいません。
しっかりとりくみたい方は「基本のコース」から始めてみてください。
「お金」をかけず、「最短」で「簡単」に「健康とキレイ」が手に入るという二重の喜びをたくさんの人と分かちあいたいと願い、希望の光となるであろう、「足もみ」のノウハウを公開しようと決意しました。
皆さんの喜びの声をお聞かせいただける日を、心から楽しみにしています。

体を冷やさない事も大事である。

足は第2の心臓である。

息を吸って、腹を引っ込めて、三秒息をとめる。

腹を戻し、息を吐き出す。

健康にこだわり人生を謳歌する!!

健康を維持するためには足である。

足をいかにマッサージするか?

どのようにして維持してくのか?

足をもんで、凝りをなくす。

手で揉んでマッサージ!!

手は魔法である。

だから手術も手の文字が入る。

最近は足揉みマッサージの為の道具も販売されており、世間へ認知は高まっている。

足の健康への大切さが認識されてきたのであろう!!

マッサージも安価になり、だいぶ変わってきている。


「足もみ」で心も体も超健康になる! (王様文庫)

新品価格
¥669から
(2015/6/3 19:53時点)



わかりやすい図解版「足もみ」で心も体も超健康になる! [ 田辺智美 ]

価格:637円
(2015/6/3 19:55時点)
感想(1件)






忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本