FC2ブログ

戦の国 著者 冲方丁

戦の国
著者 冲方丁

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
この小説は短この小説は短編集である。
そして戦国時代の物語がたくさん描かれている。
まず始まるのは、日本では有名な、そして知らないものが誰もいない織田信長である。
彼が生きていれば日本と言う国は変わっていたのかもしれないと言われるほどの人材である。
しかし残念ながら本能寺の変で人生終わってしまった。
しかし今でもこの織田信長のスプリッツアー受け継がれている。
それは日本人である。
今回の織田信長の物語には、桶狭間の戦いがメインとなっている。
相手は今川義元である。
この織田信長と言う男の人生を変えた。
この戦いこそが、日本の歴史を変えたと言っても過言では無いのかもしれない。
そこに興味を持つかどうかはあなた次第です。
その次の物語は上杉謙信の物語である。
上杉謙信と言えば北陸の雄である。
彼が天下をとっていればまた日本も変わったのかもしれない。
しかし彼には武田信玄と言う最大のライバルが身近にいた。
それが彼にとっての不運なのかもしれない。
そしてまた、注目されるべき人物である。
次は明智光秀である。
明智光秀と言えば、三日天下、本能寺の変である。
主君織田信長を被って、自信で天下を取ろうとした人物である。
彼のまた大変な人生を送っていたのかもしれない。
しかしそれをよしとする人もいれば悪いとする人もいる。
だからこそ好きな人もいれば嫌いな人もいる。
しかし仕方ないことである。
相手は何せ日本のカリスマ織田信長である。
それを考えると嫌われてもしかたない人物である。
せっかくの能力がもったいないと言う考え方はできるが、それがまた人生なのかもしれない。
そして運命なのかもしれない。
そして次は小早川秀秋である。
この人に注目が集まる事は珍しいことです。
あまり注目されない人物だからである。
しかしあまり注目されない人物だからこそキーポイントになるのかもしれない。
それを人生の教訓とするかどうかはあなた次第。
そしてあまり知られてない豊臣秀頼。
偉大なる父である豊臣秀吉が、あまりにも有名すぎて豊臣秀頼は目立たない存在である。
しかしこの物語を読んで徳川家康が1番気にしてた相手、それこそが豊臣秀頼である。
そして豊臣秀頼は世の中に出回ってない人物である。
それは誰かが消したのかもしれない。
真実を消すことによって、世の中を変えようとしたのかもしれない。
何が真実で、何が本当なのかを誰にもわからない。
ただいま自分が生きてる中で何を支えにして生きているのかが大切である。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

戦国――激動の55年を、織田信長、上杉謙信明智光秀、大谷吉継、小早川秀秋、豊臣秀頼ら六傑の視点から描く、かつてない連作歴史長編小説!
男達が戦う意味は何だったのか。あの日、あの刻、誰か一人の、一つの決断がなければ、戦国の世は変わっていたかもしれない。
冲方丁の新たなる代表作、ここに結実!

戦の国

新品価格
¥1,674から
(2018/2/11 22:12時点)


スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本