FC2ブログ

アメリカ西海岸で不動産投資7年で1億円! 著者 金井規雄

アメリカ西海岸で不動産投資7年で1億円!
著者 金井規雄

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
日本に比べてアメリカの方が不動産業界は活発になっていると言われています。
アメリカの主要都市の人気エリアでは、常にほぼ満室状態で、空きが出てもすぐに埋まる状況とのことです。
よって何が言いたいかと言われますと、空室リスクが少ないことを言われています。
さらには日本と比べて耐久年数が長いと言われています。
居住用不動産の耐久年数は100年から120年と言われています。
節税に適する木造建築物が多いアメリカ西海岸では、築年数が長く、60年から80年位の物件が多い状況です。
さらには不動産の価値が上昇していると言うことです。
メンテナンスさえきっちりしていれば、物価価値はどんどん上がっていくのです。
契約、所有権が明確になっているのがアメリカ不動産の特徴です。
節税効果が高いのもアメリカ不動産の特徴です。
22年以上の木造建築物であれば、4年間での加速度償却が認められていることで節税効果が挙げられるとして、日本の後納税者や富裕層にアメリカ不動産投資をする方が多くなっていると言うことです。
これがアメリカ不動産の魅力の1つとなっている。
不動産投資で成功するかどうかはエリアの選択も大切なファクトリーになっていると言うことでしょう。
人口が減少している状況において、不動産投資を行っても成功する確率は低くなってしまいます。
東京を中心とした首都圏や、大阪、名古屋、福岡などの主要都市だけは安定した需要が見込まれると想定されます。
しかしそれ以外に関しては可能性はかなり低くなっていると思われます。
ただし現在サラリーマンをしている方でも、自営業してる方でも、本業の1つだけではこれから先やっていけるとは限りません。
だからこそ副業に注目が集まっていると思われます。
そしてその副業として不動産投資がありますが、この不動産投資が勉強すればあなたの得となると思われます。
どのように不動産投資と向き合い、どのように不動産投資をするのか、リスクがなければ成功はないと言われます通り、リスクを避けることができません。
投資をしないと言う事はある意味これがリスクになるかもしれません。
どちらの道を選ぶのかはあなた次第だと思います。
日本人投資家としてこれからの時代に向かいあうしかありません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

★賃料80%以上アップ! 日本人投資家・企業10件の成功事例紹介
★人生100年時代の収入源に! !

アメリカ西海岸で不動産投資 7年で1億円!

新品価格
¥1,620から
(2018/3/8 21:59時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本