FC2ブログ

これからのマンションに必要な50の条件 著者 安井秀夫 熊澤茂樹

これからのマンションに必要な50の条件
著者 安井秀夫 熊澤茂樹

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
不動産投資をするにあたり、人口が減ってきて不動産価格が下がるのではないかと言う不安があります。
しかし衣食住と言う形で人間にとっては住むところは欠かせないものとなります。
だからこそどんなに人が減ったとしても、不動産と言うものはなくなりません。
しかしニーズが減ることは間違いありません。
ニーズが減ると言う事は価格が下がると言うことになります。
さらには新築マンションアパートはどんどん立っております。
街を歩いていれば、至るところで新たな建設が行われています。
いつかどこかでニーズとのギャップが生まれると思われます。
しかしそうした中でも不動産投資を行っていきたいと言う考え方は変わらないでしょう。
そこで注目されるのが地域となります。
やはり人口流入がある地域は、不動産価格が下がらないと思われます。
東京、大阪、名古屋、福岡といった都市部では今もなお人口流入がされている地域となります。
そういった地域でいかに不動産投資を行い自分自身の納得した人生を送ることができるかどうかがポイントとなるのではないでしょうか。
マンションもどのようなマンションが必要かを考えなければなりません。
使用するコンクリートの基準がしっかりできている、使用されているコンクリートの水セメント比が60%以下である、管理をチェックする体制がある、コンクリート強度を守る気温湿度対策があるなど必要なことがあります。
さらには建物も配管が縦管メインに考えられている、給水管がしっかり固定されているなど、現場管理が元請け会社の社員である、工事中の現場を見せることができるなど。
建物自体にもいろいろなこだわりを見せなければなりません。
そのようにして他との差別化を作り出し、いつまでもニーズがあるマンション経営をしなければ、これからの時代やっていくのも難しいと言うことです。
実際に建設される方々はそういった発想を持たなければならないですし、逆に購入するだけの方々からすればそういった目線でマンションの建物を見てから購入するかどうかを決めなければなりません。
ただ部屋だけを見て購入するのではなく、その建屋の建設状況を見ながら、自分なりのこだわりを持ってチェックポイントを持って判断しなければなりません。
時代は変わろうとしています。
その時代の流れに乗って自分なりの考え方を持って投資をしなければこれからの時代は難しいと言うことです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

供給過多により空室リスク・管理不全を回避せよ!
マンションの資産価値を高め、数十年先も安定収入を生み出すために
知っておくべき50の条件

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、都心部を中心にマンションの建設ラッシュが続く日本。
しかし、一方で人口減少による空き家問題が深刻化しており、空室の増加によるマンションの管理不全が懸念されています。
管理不全に陥ったマンションは居住環境の低下や治安の悪化などを引き起こし、賃料や土地価格の下落につながります。
そうしたリスクを回避するためには、居住者の快適性はもちろん、
維持管理のしやすさや周辺住民への配慮を備えたマンションであることが欠かせません。
10年後、20年後も資産価値を維持し、快適な住まいを提供するために必要な条件とは?
構造・内装・外観・公共性など、ポイントごとに詳しく解説します。

これからのマンションに必要な 50の条件

新品価格
¥1,512から
(2018/3/17 10:50時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本