FC2ブログ

アディオスジャパン 著者 真山仁

アディオスジャパン
著者 真山仁


新たな知識を求めてこのと出逢う。
物騒な題名である、アディオスとは、しかし真山先生ならではの激励だと思いこもう。
そこには、母国日本を思いやる気持ち、祖国日本を思いやる気持ちがみととれる。
愛すべきジャパン、だからこそ復活してほしい。
だからこそ日本を外からの視点で見つめてみる必要があるのである。
中から見るのと、外から見るのでは大違いである。
どのような国に見られるかは、その立場になってみないとわからない。
日本が好きだからこそ、日本の新しい、考え方を学ぶ必要があるのである。
昔は港が世界の人と文化つないでいた。
これからは空港が世界をつないでくる。
だからこそ空港をどのように活用するのかが大切である。
誰のための、何のための東京オリンピックなのかを考えなければならない。
シャンパンとはシャンパーニュ地方で作られたお酒である。
ワインはぶどう作りが全てを決めるとも言われている。
だからこそワインの製法も、それぞれの生産者によって異なるし作り方も変わってくるのである。
なぜならそこには、こだわりが存在するのである。
そのこだわりこそが人々を熱狂させるのである。
現在のビジネス、あなたのやっているビジネスにはそのこだわりはあるのでしょうか?
そのこだわりが、市場を大きくしていく。
大切な事は日本がこれから先も成長していくのかどうかである。
地熱は日本を救えるのかを説いている。
原子力発電から、これから先は地熱発電に変わっていくと想定される。
ここにお金を、どれだけのマネーを投資するのかが大切である。
成長してほしい分野にお金を投資することにより、私たちはさらなる発展を目指すのである。
日本が好きだからこそ、日本を厳しい目で見ることができる。
日本が好きだからこそ、日本について真剣に考えるのである。
それもこれも全て日本が好きと言う言葉に集約されるものである。
これからあなたの関わるビジネスが、どれだけ日本国を成長させていくのでしょうか?
どれだけ新なる文明を生み出してくれるのでしょうか?
発展した世の中を見てみたいと思いますし、発展した世の中を感じたいとも考えます。
だからこそ、どこに投資をするのかを学ばなければならないですし、知識をつけなければいけません。
そのために本を読むことが大切と言うことです。
本を読むことによりまた1つ、成長することができるでしょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


著者自ら震災被災地や沖縄、阪神工業地帯など国内外を歩き、独自の視点で日本の危機的状況の原因を探る。我々が生き残る術を提起する意欲作。

シリーズ累計250万部突破!!『ハゲタカ』の著者、初の社会派エッセイ

Episode1 変凹君ニッポン漫遊記
Episode2 ミャンマーは民主主義の学校か
Episode3 先進国への狼煙TOKYO1964
Episode4 ビバ! 富士山
Episode5 ワインは語る
Episode6 さらば築地のはずが
Episode7 地熱は日本を救えるか
Episode8 銀座でお金の重みを考える
Episode9 IRは日本復活の成長産業となるのか
Episode10 問われる震災復興
Episode11 韓国は近くて遠いのか
Episode12 沖縄は可哀そうな場所なのか
Episode13 ニッポンの"国技"野球の底力
Episode14 トランプ大統領は、民主主義の申し子なのか
Episode15 ものづくり大国はいずこに──阪神工業地帯盛衰
Episode16 大政奉還150年──その深謀遠慮と誤算
Episode17 言葉とは裏腹の平成時代
Episode18 名門・東芝は何を失ったのか

アディオス! ジャパン 日本はなぜ凋落したのか

新品価格
¥1,728から
(2018/10/28 05:48時点)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

オペレーションZ 著者 真山仁

オペレーションZ
著者 真山仁

新たな知識を求めてこのと出逢う。
アルゼンチンという国家のデフォルトから始まる物語、そして真山先生、つまり日国のデフォルトと言う話につながっていきそうな物語の始まりである。
確かに今は日本国債の利回りが低い、という事はつまり日本国債が高いと言うことである。
しかし1000兆円を超える現在の借金当に日本国債は大丈夫であろうか?
物語と、現実が混同しているしまいます、まさにカオスの状態です。
そんな状況に陥ってくれるのがこの本の良いところでは無いでしょうか?
そして真山先生は、実にうまく描かれるため物語と現実の区別がつかなくなってくるのです。
それぐらい楽しい作品となっております。
こればかりは読んでみないとわかりません。
だからこそ本を購入して読むべきだと私は考えます。
そしてこの本は非常に恐ろしいことが書かれています。
社会保障費のカットや、消費税増税である。
そのようなことが日本で起きたら非常に怖いことだと思わせてくれます。
さらにはアルゼンチンの出来事や、ギリシャの出来事なども書かれておりリアリティーが非常に高い作品となっております。
この本を読んでいると、遠い日の、いや近い子の日本の未来の姿かもしれません。
そんな考え方をさせられる一冊でありそんな考え方をさせられる物語となっております。
これから日本で考えさせられることがたくさんある。
消費税増税は避けては通れない道かもしれない。
しかし現実的に、消費税増税することより経済活動のブレーキになること間違いないと思われる。
そのブレーキを受け止めることができるのかブレーキを踏まないようにコントロールできるのか安倍政権のハンドリングに注目が集まる。
デフォルトすれば、石油やガスの燃料が入ってこない。
燃料が入って来なければ生産がストップする。
そのようなことが起きてしまったら、日本はたちまち経済破綻する。
そのくらい燃料と言うものは大切なものである。
燃料を、購入出来る信用、信頼と言うものは非常に大切だとわかる。
私たちはそれを受け止めることができますと断言したいものである。
物語の中でも語られているように日本に残るのは貧困層だけで富裕層は海外逃亡する。
どちらの階級層になるかどうかはあなた次第である。
ただし、母国日本は発展したい、発展してほしいと心から願う。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

破滅を回避する道はただ一つ、日本の国家予算を半減せよ! 明日にも起こりうる危機、国家破綻。日本国債が市場で吸収されなくなった時、ヘッジファンドが国債を売り浴びせた時、それは現実となる。総理の密命を帯びたチームOZは、歳出半減という不可能で不可欠なミッションに挑む。官僚の抵抗、世論の反発、メディアの攻撃、 内部告発――。未曾有の超大型エンターテインメント。

オペレーションZ

新品価格
¥1,944から
(2018/10/20 22:13時点)



シンドローム 下 著者 真山仁

シンドローム 下
著者 真山仁

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
電力は効果、ならば国ごと買い叩くハゲタカが新たに活躍する物語の下巻である。
これは原発事故での物語ハゲタカ目線から小説にした話である。
東北大震災は衝撃の自然災害であった。
津波だけでも厳しい自然災害だがそこに加え原発と言う大問題が加わってしまった。
電力会社の命がけの対応を読み取ることができるし、電力会社の経営陣の無能な采配を読み取ることができる。
そんな会社にメスを入れようとハゲタカが買収すると言う物語であるが、今の日本ではこういった考え方は拒絶されるであろう。
このような考え方で日本の社会から拒絶された人と言えば村上氏を思い出される。
新しいものを作ろうとする人間を邪魔する人間は必ず存在する。
しかしそこを振り切ってでも新しいものに挑戦しなければ、日本の社会に、日本の未来に明るい兆しが見えないであろう。
そのやり方がどうなのかである。
そしてこのシンドロームはハゲタカにより買い叩くと言うやり方である。
それが間違ってると私は思わない。
企業と言うのはあくまでも経営陣の意向でするものであり、経営陣を買い叩かあげれば企業を変えることができない。
だからこそM&Aや買収という動きがこれから活発していても受け入れるべきだと私は考える。
それは新しい社会への第一歩だから。
古い社会を壊して新しい社会を作る、そのことによりより住みやすい世の中、より住みやすい社会になっていくと信じている。
人間は常に進歩しなければならない。
人間は常に新しいものを求めていかなければならない。
伝統を壊す事が正しいわけではない。
残すべき伝統と、壊すべき伝統を見極めることが非常に大切であり、非常に難しいことであると考える。
そこで私たち人間が何ができるのか、何を考えなければならないのかを再度追求しなければならない。
鷲尾氏は面白いほど新しい血を入れようとしている。
面白いほどに嫌われることを避けないし、面白いほどに常に向上心を持っている。
これだけ強いメンタリティーを持ってる人が今の社会にどれだけいることでしょうか
そこに必要なのは信念であると私は思います。
常に信念を持って、常に信念に立ち向かいビジネスをすることになり強いメンタリティーを持ってやっていけるのかもしれません。
そこに幸せがあると信じているからこそ、強さである。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

官邸は迷走し、首都電が責任回避に奔走するばかり。原発メルトダウンの危機は確実に進行する。表向き救世主として振る舞う鷲津は、けっして本当の狙いを明かさない。原発事故の危機のカウントダウンと、ハゲタカ鷲津の巨大買収劇が、同時並行で進む、リアル金融サスペンス。驚愕と感動の結末へ向かう!

シンドローム(下)

新品価格
¥1,998から
(2018/10/1 20:00時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





シンドローム 上 著者 真山仁

シンドローム

著者 真山仁

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
今度の標的は電力会社?
この物語は面白い。
ハゲタカは、何を狙い、日本を買い叩く?
まさにのめり込める一冊てある。
原発をなくしたいから、電力会社を買い叩く?
官僚にメスを入れたいから、電力会社を買い叩く?
どちらが目的でも電力会社にメスを入れたいという気持ちは同じである。
だからこそ、経営権を購入する。
実経済が学べる小説、それが真山仁氏の小説である。
だからこそ、真山仁先生の小説は面白い。
そこに絡んでくるのは、中国系ファンド。
リアル感あり。
実際日本の企業内部留保しすぎである。
その内部留保をいかに有効活用させるかが大切である。
果たして今回はどのような手段を通してハゲタカファンドは、活躍するのが楽しみである。
上巻に関しては、電力会社の原発の話がこと細かに書かれています。
実際に起こった出来事のように描かれているが、真実はいかに?
この物語を読んでいると3.11東北大震災を思い出してしまいます。
いや、忘れてはならない出来事かもしれません。
津波にも恐れず、安心して生活できる地域づくりはこれからの社会の課題となります。
その課題から逃げずに立ち向かうことが大切であり、社会の発展、文明の発展につながるのではないないでしょうか?
そこに価値があり、希望がある気がします。
そして、エネルギー関連会社に買収をかけるヘッジファンドの面白さがこの物語はあります。
誰しもが夢見ることではないでしょうか?
しかし現実的には難しい話であります。
一般市民としては、安定したエネルギー供給を願うばかりです。
ただそれでもエネルギー価格下落は嬉しいことです。
生活における固定費と言うのはやはり厳しいものです。
そこにメスが入り少しでも楽になると助かります。
その分趣味や娯楽にお金が回るのではないでしょうか?
浮いたお金が貯金にもあるようであれば、それはどうかと思いますが、浮いたお金が社会に還元していけばまた経済の発展につながるのではないかと思います。
小説と言う1つの物語を楽しむことにより、経済の勉強ができるこれがこの本の醍醐味であり良いところだと思います。
ぜひぜひ物語を楽しみながら、経済の勉強をしてみてはいかがでしょうかと思いたくなります。
そういう意味ではこの本はオススメの本となります。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

2009年、ハゲタカと呼ばれた世界的な企業買収者・鷲津政彦は、原子力発電所を建設する民営会社のを買収に失敗。財・政・官がもつれあう、権力構造の複雑怪奇さを思い知る。その2年後。リベンジを賭け、総本山「首都電力」に買収を仕掛けようとした矢先の2011年3月。東北を未曾有の地震、津波、最悪の原発事故が襲う。

シンドローム(上)

新品価格
¥1,998から
(2018/10/1 19:58時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



黙示

黙示

著者 真山仁

読書2

農薬散布中ラジコンヘリ小学生集団に墜落する事故が発生。重い中毒症状に苦しむ子どもたちを目の当たりにした世論は、農薬の是非のはざまで揺れることに。その間隙を縫い、農薬を必要としない遺伝子組み換え食品を推進するアメリカの巨大企業と、日本の食品の買い占めを目論む中国……。私たちは何を選び、何を捨てるのか。日本の食のあり方を厳しく問う本格メガ・エンタメ!

読書を通じてどんな事を学べれるか?

生きている動物の中で文字を読むことができるのは、いや文字を使うことのできる動物は人間だけである。

ターゲットは農薬である。

農薬が子供にかかってしまった意識が戻らない。

この農薬は本当に安全なのであろうか?

農薬とは本当に必要なのであろうか?

農薬を使わない農業は本当に可能であろうか?

立場によって見方が違う。

しかし未来ある子供達の為にはどちらがいいか…。

農薬は放射能より恐ろしいと、人々が思い始めていると世の中が不信感でいっぱいになってしまう。

最近は、遺伝子組み換えなど食の安全性が失われてきているため、良い食べ物はなにかと言う見極めが必要であるため、人間としての成長が大切である。

農薬をめぐる人間関係の争いが生じる。

農薬をまかなければ飢饉を招く?

これは本当であろうか、嘘であろうか?

農薬は善なのか悪なのか?

1番難しい状況に陥ってきた。

この小説は最終的に言いたいのは、農薬で作られた農産物が良いのか、遺伝子組み換えで作られた農産物が良いのかである。

遺伝子組み換えで作られた農産物を食べる日がもう直前まで迫っている。

私たち人間はそれを迎えることができるのであろうか?

うらのある意味の深い小説である。










黙示 (新潮文庫)


新品価格
¥810から
(2015/11/29 17:54時点)












黙示 [ 真山仁 ]


価格:810円
(2015/11/29 17:55時点)
感想(1件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

グリード 下

グリード

著者 真山仁

読書2

ストラスバーグにアメリカン・ドリーム社買収の妨害工作を仕掛けられた鷲津政彦は、アメリカに宣戦布告する。AD社破綻のXデーに向けてウォール街が混乱する中、ワシントンDCもついに動き始めた。強欲の坩堝に身を置き、闘い続ける鷲津。その胸に秘められた衝撃の戦略とは。「ハゲタカ」シリーズ第四弾解説…佐藤優

強欲なアメリカを買い叩く。

ハゲタカがついに動く。

アメリカ果て無き強欲で成り立っている。

欲が欲を生み欲を追い求め、欲を追求する。

そのようなアメリカを日本のハゲタカは買い叩く。

アメリカと日本の駆け引きが面白く描かれている。

ハゲタカの役目とは何だ?

経済とは何だ?

ウォール街に新しい刺激が落とされる。

しかし隠された真実は別のところにあった。

その真実に向かってハゲタカは進んでいく。

大事な事は何か?

お金を稼ぐことなのだろうか?

貧しいことに幸せを感じる、コレを体験する人は幸せである。

それは体験することのできないことである。

なぜなら、人は欲によって生きていくものだからである。

強欲こそが人間の生きる術である。










ハゲタカ4 グリード(下) (講談社文庫)


新品価格
¥832から
(2015/11/15 19:03時点)












グリード(下) [ 真山仁 ]


価格:831円
(2015/11/15 19:04時点)
感想(4件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

グリード 上

グリード 上

著者 真山仁

読書2


リーマンショック直前、鷲津政彦はアメリカ経済を長年牽引した超巨大企業、アメリカン・ドリーム社の奪取を目論んでいた。その行く手に立ちはだかる敵は、圧倒的財力を持つ「市場の守り神」サミュエル・ストラスバーグ。食うか食われるか、日米の国境を越えた死闘が幕を開ける! 「ハゲタカ」シリーズ第四弾

なぜ買うか?

なぜ買収するか?

それは欲しいからであって欲しいから購入してる。

ただそれだけである。

強欲こそ生きがいであるアメリカは強欲がなければ生きていけない。

そして話はサブプライムローンに入っていく。

世界を揺るがしたリーマンショックが話の中心となってくるのか??

非常に楽しみなストーリーである。

日本も今はアベノミクスにより、かなりバブル化ている。

バブルと言うものは膨れるものであり、はじけるものである。

いつどこでバブルが弾ける日が非常に楽しみである、と言う人間はどこにいるだろうか?

日本のハゲタカの本領発揮は?

大胆不敵なハゲタカの行動に注目が集まる。

日本とアメリカの戦いである。

リーマンショックは事前に分かっていた。

そこでハゲタカがどう動くかが分かれ道である。

エジソンは言った。

1%のひらめきと99パーセントの努力である。

これは努力をしなきゃいけないということではない。

いくら努力しても1%のひらめきがなければ意味がないということである。

つまり大事なのひらめきである。

努力ではない。








ハゲタカ4 グリード(上) (講談社文庫)


新品価格
¥832から
(2015/11/12 13:35時点)












グリード(上) [ 真山仁 ]


価格:831円
(2015/11/12 13:36時点)
感想(5件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

コラプティオの読書と足跡 真山仁 読書感想

コラプティオ

著者 真山仁

読書2


震災後の日本に現れたカリスマ総理・宮藤隼人は、“禁断の原発政策”に日本復興を託すが、その矢先、一人の日本人がアフリカで殺される。事件の背景に広がる政権の闇を追いかける新聞記者と、宮藤を支える若き側近は、暗闘の末、最後に何を見るのか。謀略渦巻く政治の世界を白熱の筆致で描く真山文学の真骨頂!

そう思わせる一冊である。原発問題・政治家問題と、現代の政治家にも関連されるとおもわせる一冊になっている。

アフリカとは何か?

原発とは何か?

政治とは?

権力とは何か?

現在の政治家に問いてる一冊である。

誰が本当に日本国民も事を考えているのか?

今や問いかけているのではないか?

しかし、考えるのは自分である。

自分自身がどうありたいか?

そして、この国にどうあってほしいのか?

そして、どのような明るい未来を望んでいるのか?

まずは、確認する事である。

自分が何を望んでいるのか?

そしてどのような未来を望むのか?



コラプティオ (文春文庫)

新品価格
¥853から
(2015/6/6 09:24時点)




コラプティオ [ 真山仁 ]

価格:853円
(2015/6/6 09:25時点)
感想(1件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本