FC2ブログ

ブラックリーマンの新築RC一棟不動産投資法 著者 加藤貴行

ブラックリーマンの新築RC一棟不動産投資
著者 加藤貴行

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
終身雇用と年功序列の崩壊が進んできている。
日本のサラリーマンと言えば、終身雇用だったし、年功序列だった。
しかしそれが最近は崩壊してきている。
だからどうするべきなのか?
会社給料だけに頼らず自分自身でお金を稼ぐと言うことをしなければならないと言うことです。
これから先は他人に頼らずいかに自分で稼ぐことができるのかがポイントとなってくるでしょう。
兼業や副業は当たり前の時代になってきています。
むしろしなければならないのです。
であれば何をするかが大切なことです。
その1つが不動産投資です。
これからは労働者でもありながら、資本家でもあることが大切なポイントとなってきます。
サラリーマンにとって1番効果的な投資方法は何かと言えば、信用である。
サラリーマンは安定して給料もらえる。
だからこそ銀行からの信用も高い。
であれば予算の獲得はさほど難しくない。
むしろいかにそのお金をどのような使い方をするかが大切である。
一言ではお金の使い方である。
その中で不動産投資をするとしたら、キャピタルゲインなのかインカムゲインなのか、投資方法により考え方が変わってくるし、投資の仕方が変わってきます。
自分自身がキャピタルゲインを目指して投資をするのか、インカムゲインを目指して投資をするのか、方針を決めなければなりません。
方針を決めると言うことで単なる大家さんではなく、1つの経営者的な考え方を持たなければなりません。
方針を決めたら次は何処の土地に、どこの地域に投資をするかを決めなければなりません。
価格が下がらない土地を目指すのが1番良いでしょう。
インカムゲインをいただきながら、将来的にはキャピタルゲインを目指す、これからはそういった不動産投資のスタイルが出てくるのではないでしょうか?
何もしないことのリスクも考えなければなりません。
投資をしないことによってリスクを取らないと言う方法論、選択肢も1つの考え方です。
しかしリスクを取らないことによりリスクが生じていると言う自覚を持たなければなりません。
そのためには日本国がインフレになっているかデフレになっているかにおいて変わってくるかもしれません。
デフレであれば投資をせずにリスクを取らずに現金さえ持っとけば良いでしょう。
しかし反対にインフレになったときには現金では損をするのは自分自身となります。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

容紹介
GMから平社員に降格したサラリーマンが逆転発想でブラックカードホルダーに。
総資産4億円を築いた兼業サラリーマン著者が明かす不動産経営の秘訣とは?

ブラックリーマンの新築RC一棟不動産投資法

新品価格
¥1,296から
(2018/3/24 19:39時点)




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本