FC2ブログ

独身こそ自宅マンションを買いなさい 著者 沖有人

独身こそ自宅マンションを買いなさい
著者 沖有人


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
著者は言われる、『人生は選択である。今の自分にどのような選択肢があるのかを知ることが、その人の将来に大きく関わってくる。』
まさにその通りである。
色々な選択肢があり、どのような選択をするのが人生は変わる。
自宅購入により、資産形成出来る。
これはスタイルアクト株式会社代表取締役である沖さんが書かれた本である。
1988年、慶応技術大学経済学部卒業後、コンサルティング外車、不動産マーケティング会社を得て今に至る。
要は賃貸で家賃を払い続けるのは資産形成にならず無駄であると言うことを言われている。
それは考え方次第であるが確かに言われている通り無駄と言われれば無駄である。
ただこの本の面白いところは、ただ単に家を購入すると言うわけではなく資産価値のある場所で、資産価値のある立地で家を購入すると言うことである。
これから先、未婚や、離婚、死別を加えると、定年時に2人に1人が独身となる可能性が高い。
「夫婦2人に子供2人」よりも「1人世帯」が相撲の標準となり基準となってくる可能性が高い。
まともな賃貸に住めるのは、定年後も十分な所得がある人だけである。
所得がない人はまともな賃貸に住むことすらできなくなる。
そのような経済格差が生じる可能性を考えておかなければならない。
マイホームは、結婚、出産後と言う考え方はもう既に古い。
独身の時代からマイホームを考えなければならない。
ただし立地の良いところである。
独身世帯の比率が増えれば増えるほど、都心1LDKは価値が上がってくるのである。
すべての不動産は、最終的に売られて監禁されるものだと考えなければならない。
自宅投資は賃貸不動産投資よりも金利、税制面で圧倒的有利である。
メガバンクがワンルーム投資に融資しないのは、儲からないからである。
賃貸と違い、住宅ローンは払った分だけ自分の資産が増えていくのである。
そのことを踏まえて不動産投資を考えなければならない。
賃貸と分譲論争では人生100年時代の到来により分譲に軍配が上がると想定される。
資本主義社会では資産家になる開ければ、永遠に勝ち組になれない厳しい時代である。
あらゆる融資の中でも住宅ローンは最も金利が低い融資であることを知らなければならない。
東京都区内のマンションは黒田日銀総裁の下では値下がりしにくいと想定している。
持ち家の市場価格がローンの残債額を余ったものが純資産となることを考えなければならない。
持ち家は住宅ローンを組めば生命保険代わりになることを知っておくべきである。
他人が住む賃貸住宅に必要以上のお金をかける不動産オーナーはいない。
鉄筋コンクリート造の法定耐用年数47年超えても資産価値が残っている。
独身でも離婚しても自宅はあなたを裏切る事は無い。
独身者が家を買う場合は郊外で買うメリットは無い。
持ち家を手に入れると人生の質を高め障害のコストも高めていくのである。
就職後3ヶ月で家を買うのは道理にかなって行動である。
現金を持つ親世代から積極的に贈与してもらい自らの資産を築く。
歴史的な低金利家では多く長く借りることが資産形成のカギとなる。
マンション購入でキャリアの意識を高め年収を上げる必要がある。
資産性の高い物件を歌うためにも自分の年収を上げる意識を持つのである。
男女平等、晩婚化でマンションを買う独身者は今後も増える。
一戸建てから駅近マンションへ先に動いた方がメリットが大きい。
世帯人数2人を切った今、マンションはファミリーだけのものでは無い。
独身の強みは子供も配偶者もいないので即断即決できる。
手の届く範囲の低価格物件に手を出してしまうことが非常に危険であるから気をつけよう。
住宅ローンを組んでまで買うには売れる貸せる住める物件がしってたり的条件である。
立地は住所、駅近、災害リスク、を重視しなければならない。
面積は最低30平米以上である。
築年数は中古時に買いてが長期ローンを組める12年以内を意識するのが得策である。
マンションのブランドは価値がある。
妥協するなら面積、属性、築年の順番にすべきである。
私賛成を考えて自宅を購入し、ライフステージに応じて角変えていくのが賢い資産形成である。
幸せを手に入れるのは自分次第である。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

「2人に1人がおひとりさま」の人生100年時代
マンション購入は早いほど得をする。

自ら実践し、含み益1億円以上を得た著者が教える
数万人が純資産1兆円を増やしたメソッドを公開!

「なぜ、独身で買うべきなのか?」にお答えしよう。

Q 賃貸のほうがリスクは少ないのでは?
A 平均寿命80歳超時代の賃貸では長生き自体がリスクになる。

Q 独身のうちに家を買うと、結婚したとき無駄になるのでは?
A 自宅は自分を守る資産になり、人生の選択肢がむしろ増える。

Q 住宅ローンを組むと「社畜」にされるのでは?
A 売れない、貸せない物件を買うと既婚者でも「社畜」になる。

今すぐ始める「家活」で自分を守る資産をつくる

※家活【いえかつ】
独身者が、資産形成とQOL(人生の質)向上のために
すぐ売れる・すぐ貸せる・自分が住みたいマンションを
峻別し、購入すること。


独身こそ自宅マンションを買いなさい

新品価格
¥1,620から
(2018/10/7 07:41時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2020年以後も勝ち続ける マンション戦略バイブル 著者 沖有人

2020年以後も勝ち続ける
マンション戦略バイブル
著者 沖有人

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
これからは、買う側もする側も、今まで以上に物件を選別する目が必要になってくると著者が言われています。
不動産投資において、時代の流れが変わろうとしています。
東京五倫が控えており、日本では人口の減少がしている状況で、不動産需要が減ることは間違いないでしょう。
その中でどのようにして、不動産投資と向き合って、自分自身が送りたい人生を送るのかが大切となってくるでしょう。
この本は、自宅としてマンションを購入することをお勧めしている本です。
さらには10年スパンでマンションを買い換えることをお勧めしている本とも言えます。
10年後にマンションが売れるのかどうかも大切ですが、10年後にマンションを人に貸し出し、自分は新しい住宅に住む、そのための戦略をどうするのか、そのための資金調達をどうするのかを考えることを歌われております。
そしてマンション投資を含めて、不動産投資はどこで行うかが大切なこととなっています。
東京はこれから東京オリンピックが過ぎると厳しいと言う見立てがありますが、リニア新幹線の開通など町の再開発などイベントは色々とあるのです。
よって、不動産投資をするのであれば東京と言う認識はこれからも変わらないでしょう。
その戦略の中で、まず相撲の常識を変える5つのメガトレンドが書かれてあります。
つまり時代の変換、を感じなければならないと言う事です。
そしてその次には、人口減少時代の自宅の選び方が書かれています。
買うことも大切ですが、売ることを踏まえて自宅を選ばなければなりません。
その次には自宅投資としての不動産の買い方、売り方が書かれています。
売ることを想定して自宅を買わなければならないと言う時代に突入したと言うことです。
180度変わる資産性のある物件の選び方も書かれてあります。
その次には2020年以後も東京に投資する理由が書かれてあります。
やはり東京と言う土地に集まるのです。
それは人も投資も同じと言うことです。
その次は、相続対策としてのマンション活用法が書かれています。
最後に2020年位後も勝ち続ける資産組み換え戦略が書かれています。
おまけとして、首都圏1,080駅、駅別相場価格も書かれています。
この情報をどのように活用してどのように不動産投資を行うかは自分次第です。
ただ何もしなければ何も得ることができないと言う事実だけは間違いないでしょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

これが東京五輪後の未来年表だ!
日本最大の不動産ビッグデータに基づいた自宅マンション投資戦略の決定版

■湾岸の五輪選手宿舎マンションは割安で狙い目
■生産緑地2022年問題は地価にどう影響するか
■人気学区、新駅…割安マンションを瞬時に見抜く法

これからは買う側も売る側も、
今まで以上に物件を峻別する目が必要になる。

〈本書の内容〉
第1章 住まいの常識を変える5つのメガトレンド
第2章 人口減少時代の自宅の選び方
第3章 自宅投資としての不動産の買い方・売り方
第4章 180度変わる資産性のある物件の選び方
第5章 2020年以後も東京に投資する理由
第6章 相続対策としてのマンション活用法
第7章 2020年以後も勝ち続ける資産組み替え戦略
巻末付録 首都圏1080駅 駅別相場価格

2020年以後も勝ち続けるマンション戦略バイブル

新品価格
¥1,628から
(2018/4/29 21:36時点)




2020年以後も勝ち続けるマンション戦略バイブル [ 沖有人 ]

価格:1,944円
(2018/4/29 21:37時点)
感想(0件)






にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本