FC2ブログ

新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話著者 大川護郎

新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話
著者 大川護郎

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
この本を読んで1番学ぶ事は、とにかくまずは不動産投資をしてみることで、行動をしてみることで、行動しなければ始まらないということである。
大川氏は、家賃ゼロでも成り立つ会社経営を目指しています。
これはこれで1つの考えかたとしてあるのでしょう。
それに共感するかどうかは別の話です。
ワンルームを進めていないのは、ある程度の戸数を持つことによりリスクヘッジを考えているからです。
新築マンション古いマンションも、同じ部屋の広さであれば値段が安い方選びます。
しかし新築を選ぶ人も中には多いと思います。
どの考え方が正しい、当の考え方が間違っているのではなく、人それぞれ価値観が違うと言うことを学ばなければなりません。
そしてこの本で行けば、インカムゲインでの稼ぎを推奨されており、キャピタルゲインでは推奨されていません。
これも人の価値観によるものだと私は思います。
ただどのような考えを持って不動産投資をしているのか、これを学ぶことができます。
当然自分の考え方というのが自分でわかるものです、しかし他人の考え方というのはわからないものです、だからこそ読書をして人の考え方を学ばなければならないですし、良い言葉学ばなければなりません。
読誦することによって自分以外の考え方を経験することができます、これが財産となるのです。
リフォームも推奨されてません、とにかく安く貸す、安い賃貸で生活してもらう、これがこの本に書かれている考え方となります。
これは私は真似するかどうか別にして考え方の1つとしてありだと思います。
その先には、日本国民皆さんに生活を豊かにしてほしいと思いのが、あるのではないでしょうか?
私にはそのように感じることができました。
そしてビジネスである以上、得をするのか損をするのかも大切なことです。
ですから管理会社の監視が大切だと言うことを言われています。
なるほどその通りだと私も思います。
借金ができると言う事はそれだけ信用されていると言うことです。
借金の額がその人の価値があるかもしれません。
借金をどのようにして考えるのか、これはビジネスマンとしてとても大切なことだと思います。
借金は最初は不在かもしれません、しかし借金さえ返してしまえば資産となるのです。
どのように考えるかはその人次第なのです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

TV出演で話題騒然! 「ゼロ家賃」の衝撃!!
姫路の不動産王が
◎絶対にやってはいけないこと
◎知らないではすまされないこと
◎絶対にやらなくてはいけないこと
を伝授する!

16歳で新聞販売店に就職。
23歳のときにコツコツ貯めたお金で廃墟に近い1棟目を購入。
それから20余年、「明日の自分を変えるには、今日動くこと」
そして「物件は何があっても売らない」を信念に、
274棟4903世帯、年間家賃収入43億円のビッグオーナーに。
借入総額442億円!
「諦めなければ、必ず願いは叶う」投資法を公開する。
◎失敗する人がよくやってしまう投資例とは
◎投資家なら知らないではすまされない常識
◎成功するためには避けて通れない必須事項

(目次)
第1章 絶対にやってはいけないこと 〜失敗する人がよくやってしまう投資例〜
第2章 当然、知っているべきこと 〜投資家なら知らないではすまされない常識〜
第3章 見過ごすと危険なこと 〜本当にあった酷い話 10例〜
第4章 絶対になすべきこと 〜成功するためには避けて通れない必須事項〜
第5章 新聞少年が241棟4903世帯の大家になるまで 〜夢を実現させるために、やり抜いてきたこと〜

新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話

新品価格
¥1,620から
(2018/7/29 07:52時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村





続きを読む

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本