FC2ブログ

不動産投資の“すごい”真実 著者 杉本宏之

不動産投資の“すごい”真実
著者 杉本宏之



新たな知識を求めてこの本と出逢う。
シーラホールディングス取締役会長である、杉本氏。
この本はとにかくワンルーム、1kを進める不動産投資の本となります。
不動産投資もいろいろあります、新築不動産投資もあれば中古の不動産投資もあります、そしてワンルームもあれば、広い部屋もあります。
さらには一戸建て住宅の不動産投資もあります、さらには今流行のシェアハウスもあります。
その中で自分自身がどのような不動産投資をしたいのかを考えなければなりません。
この本を書かれた杉本氏は自身の過去の経験談により、東京都であり駅近であること、そして部屋が狭いこと、これが1番リスクの低い不動産投資だと歌われています。
この会社の前身はいちど倒産をしています。
だからこそ言える言葉、だからこそ説得力のある言葉があるのです。
そして不動産会社を経営しながら、不動産会社の本当の姿を語っています。
まだまだ世の中には、人を騙す不動産外車が存在します、人を騙さなくても自分たちの利益さえ優先する不動産会社が存在します。
こちらのシーラと言う会社は、とにかく自分が住みたいマンションづくりを念頭に置き販売をされています。
それにはエスグラントと言う全身の会社が倒産した経験が生きているのかもしれません。
倒産処理をしたときに売れなかったのは地方の不動産であり、東京の不動産に関しては、しかも駅から近い不動産に関しては、しかも狭い部屋の不動産に関しては、思った以上の価格の値段がついたとのことです。
これは経験しなければ分からないことですし、経験したことを本を読むこと、読書をすることで学べると言う事はとても素晴らしいことだと私は思います。
そして何よりも自分たち社員が住みたいと思うようなマンション作り、自分たちが満足するからこそお客様満足してもらえると言うような会社方針に関しては素晴らしい会社づくりだと私は感じます。
旬のイケイケなタイプの企業経営者かと思いましたが、意外に意外お客をファーストで考えてくれる経営者なのかもしれません。
これは携わらないとわからないですし、実際に私もこちらの会社の営業マンとお会いしたことがありますが悪い感じではありません。
ではよその会社の営業マンと比べて良いかと言われますと、そこは首をかしげていました。
だからといって悪いと言うわけではありません.しかしもっと良い営業マンが他の会社にいると言うことです。
そちらの会社も上場企業であり、名の売れた企業です。
誰とビジネスをするのか、どんな人がビジネスをしているのか、どんな人を信じてビジネスをするのか、改めて考えさせられる一冊であります。
読書をしよう!
そしていっぽ踏み出そう!
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

なぜ外資系金融マンの多くがワンルームマンション投資をしているのか?
ワンルームマンション投資はなぜ最強なのか?
99・5%という入居率を常に保っている秘密とは?

不動産投資のメリット・デメリットを隈なく網羅。
知らないと損する、投資の新常識が満載!

・年金だけで、あなたの老後は安心か?
・短期間の転売で儲けようとするのは間違っている
・地震のリスクをどう考えるか?
・不動産投資は銀行が資金を融資してくれる希有な投資商品
・ローン返済後のマンションに価値はあるのか?
・良質なマンションの価値は時間が経っても下がらない
・購入者が亡くなったら、ローンはどうなるのか?
・物件開発は東京都心の好立地にこだわる
ワンルームマンションは景気変動に強い
・入居率の維持はメンテナンスが命
ワンルームマンション投資には、こんな魅力がある
・不動産投資で失敗する例の共通点
・〈失敗例その1〉空室になって家賃収入が計画通りに入ってこない
・〈失敗例その2〉数年前に購入した新築マンションを売却すると損が出る
・〈失敗例その3〉管理が杜撰すぎた
・サブリースをすすめる業者にはご用心
・一棟アパートやシェアハウス投資はリスクが高い
・「成功の秘訣」はパートナー選びにある
・高い稼働率を維持できている理由
・不動産業者の財務諸表をチェックする
・ワンルームローンのデフォルト率は極めて低い
・400万円以上節税できた外資系サラリーマンの実例
・いい物件には限りがある
・目の肥えた成功者達がこぞって投資しているワケ

不動産投資の"すごい"真実

新品価格
¥1,200から
(2018/8/4 07:17時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本